自信家で欲張り!? 七赤金星の性格の特徴と恋愛傾向6つ

七赤金星 性格

七赤金星の人は、華やかさと社交性で勝負する人たちです。

生まれながらにして、容姿に恵まれ、財力に恵まれ、周囲の注目を集める性質があります。

性格的にも、自分が魅力的であることを知っていて、王様のようにふるまい、またそれがとても似合ってしまいます。

基本的に『わたしに手に入れられないものは何もない』と思っていて、自信家で欲張りで、欲しいと思えば何が何でも手に入れようとする情熱家です。恋愛でもその傾向があらわれます。

言い方を変えると、ある意味、「あどけない性格」と言えるかもしれません。

本当にすべてを手に入れてしまっても、また未知のものを追い求め続け、それがまた七赤金星の人を魅力的に見せています。

[更新]2021年の七赤金星の運勢のリンクを追加しました。2021/4/6

 

自信家で欲張り!? 七赤金星の性格の特徴と恋愛傾向6つ

 



 


七赤水星の人は、九星中、『皇帝・女帝』という言葉が最も似合う人々です。

いつも人に取り囲まれていて、いろんな人からプレゼントをもらったり、告白されたり、チヤホヤされています。

本人は普通にしているつもりでも、いつのまにか周囲に、かしずかせる雰囲気をまとっているため、自然に人が集まってきます。

時に、人の反感を呼んだり、同性から妬まれたりしますが、それは七赤金星の人の落ち度ではなく、持って生まれた魅力によるものです。

 

欲しいものは手に入れる


七赤金星の人は、性格的に『足るを知る』ということが理解しにくいかも知れません。

これを手に入れたら今度はあれを手に入れよう、と次々に新たな目標を定めて自分の人生を彩ろうとします。

実際、七赤金星の人の周りには、『戦利品』がちりばめられ、それらがますます『王様オーラ』を放ち、周囲を華やかに見せます。

エリートとの結婚、出産、持ち家、財産、才能・・・

普通の人がそれらのうち、ただの一つでも手にしたら満足を覚えるような素晴らしいものでも、七赤金星の人にとっては、まだまだ足りない、と思うでしょう。

そして実際、欲しいものを手に入れてしまうのですから、生まれついての強運を持っていると言えます。

 

ハンター


七赤金星の人が最も輝く瞬間は、獲物を定めて、それを得ようとしている瞬間です。

そんなとき、瞳がまばゆいほどに輝き、勘が最大限に研ぎ澄まされ、魔力のようなものまで感じるほどの集中力を発揮します。

手に入れる一瞬のために、弓を引き絞るような緊迫したその瞬間の魅力が、周囲の人をとりこにしてしまいます。

七赤金星の人は「獲物を手に入れるその瞬間のために生きている」と言っても過言ではありません。

 

手に入れるまでがすべて


もともとがハンター気質の七赤金星の人は、あらゆる意味でチャレンジャーです。

普通の人ならまず最初からあきらめてしまうような高い目標や、競争率の高い貴重なものを、慎重に射程距離に近づき、あとは大胆かつ繊細に、矢を放つ一瞬のために全神経を研ぎ澄まして挑みます。

そして、アッと驚くものを射とめて周囲を驚かすでしょう。

ただ、それを手に入れるまでは全力を挙げても、その後は興味を失って、また別のものを得ようとすることもしばしば。

手に入れてからのメンテナンスは苦手です。

恋愛関係でもその傾向があり、人は『浮気症』と言うかもしれませんが、七赤金星の人にとっては浮気ではなく、一瞬一瞬を燃え上がらせながら生きているだけです。

 

障害があればあるほど


恋愛関係において、正直すぎるほど正直で、周囲の思惑を飛び越えて一直線に進む七赤金星の人は、ときに、『略奪愛』のような道徳的でない恋愛にのめり込むことがあります。

相手にパートナーがいたり、成就が難しい恋であればあるほど、理性が効きにくくなります。

ときに、突っ走ってしまい、結果、周囲を振り回してしまいます。

障害があればあるほど燃え上がる性質を持ち合わせているため、困ったことになることもしばしばです。

そして、望むものを手に入れた後は、今までの情熱が嘘のように淡泊になるので、よけいにトラブルをまき散らすことになります。

 

奪ったものは奪われる


目標に向けてまっしぐらに進む七赤金星の人は、時に他の人に所属しているものをも自分のものにしてしまう貪欲さがあります。

一度走り出したらブレーキが効きにくい性格、と言っても良いかもしれません。

ただ、自分がその責任を全身で受け止める覚悟は持つべきです。

『奪ったものはいつか人に奪われる』ことを心に刻んでおき、それでも欲しいものを手に入れるのであれば、それも神様の思し召しである、と考えてみるのも一つの方法です。

 

まとめ


美しくて魅力的で、華やかで社交的な七赤金星。

接する人を魅了し、光をまき散らすように生きていくのが、七赤金星の人の宿命です。

その生まれつき恵まれた分だけ、七赤金星の人はまた別の宿命を背負っています。

それは、『困難にあるときこそ燃える』、『もっともっと欲しくなる』という、欠乏感に付きまとわれることです。

人を魅了する魔力と同時に、欠乏感という厄介なものを背負って生きていくのは、ある面から見るととても幸福で、ある面から見るとなかなかシビアな人生になります。

さらに別の見方をすると、ドラマチックで魅惑的で、ちょうど『風と共に去りぬ』のスカーレットのような、映画になりそうな人生になります。

生き方そのものが絵になるという面で、七赤金星の人は、九星中、最も注目を浴びやすいのです。

その華やかさ、魅力を、映画のワンシーンのように重ねながら生きていけるのは、七赤金星の人だけにできることです。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合い中の人も
本当の運命の人を知りたいですよね?

アナタの選んだタロットと生年月日から
あなたの運命の人をズバリ診断する
『オーシャン・タロット診断』
が大好評!
もしかしたら別れた彼や、
今お付き合い中の彼かも?
いつ、どこで運命の人と会えるか
期間限定で≪無料診断中≫
です。

あなたの本当の運命の人は誰なのか?

知りたい方は是非やってみて下さい。




わせて読みたい

コメントをお書き下さい

  1. マドリガル さんのコメント

    69才女性です。
    楽しく読みました。最近ひとつの恋を終わらせたばかりです。
    美しい夢でした。

  2. 翔春 さんのコメント

    私は七赤金星です。すべてコメント通りの人生です。困難な道が好きで、チャレンジばかりを繰り返し、成功しています。華やか、女王といわれますし、いつも人目をひきます。
    強運で、思ったことは完遂するので、恐ろしくなりますよ、若い時はスカーレットオハラと言われてました、今は、社会への貢献と福祉、恵まれない人への援助を心がけています。強運者は謙虚にならなくてはいけませんからね。

  3. ずんこ さんのコメント

    私も七赤金星です
    こどものころは
    決して裕福ではなく
    早くに出来ちゃった結婚し
    結婚相手には恵まれず
    苦労ばかりでした

    ときには
    生まれ持って金持ちとか
    うらやましくもおもいました

    ダンナとはうまくいかず
    というより
    子ども5人のシングルマザーになり
    苦労もありましたが
    養育費いただかず
    数年は苦労しましたが

    営業の仕事にも恵まれて
    会社の上司からかわいがられ

    根拠もないのに
    持ち家ほしいと
    口癖のように言っていたら

    知り合いから
    建築屋紹介され

    シングルマザー5人の子持ちで
    離婚して6年で注文住宅購入
    いまは新車のグレードは引い外車に乗っています

    こどものころ
    電気水道とまるし
    カビの生えた服は
    着せられたけど

    なんとなく
    運がいい気や
    大人になるにつれて
    まわりの人間関係に恵まれてることは
    感じてました

    お金に関してもかなり
    貧乏経験しながらも
    いざってときには
    入ってくるのも
    感じてます

    ときに
    ネガティヴになると
    ほんと別人のようです

    運がいいからとはいえ
    それに甘んじず
    這いつくばってこそ
    運が味方すると考えています

    中途半端にモテて
    恋愛しちゃうと
    自己コントロールができなくなるので

    それがこまっています