ツインソウルが結婚していたら、どうしますか?

    結婚

    ツインソウルとは、前世で元々一つの魂だった存在が二つに分かれたという存在。

    この世で、そんな魂の片割れに出会うことができたらどんなに素晴らしいことでしょう。

    あなたにも、そんな相手がいるのかも知れませんね?

    ですが、いざツインソウルに出会っても、その相手が結婚していたら…その時あなたはどうしますか?

    実際に、ツインソウルと出会えたけれど、相手が既婚者だったということで、社会的なモラルと自分の気持ちとの間で悩んでいる人がいると聞きます。

    そこでここでは、ツインソウルが結婚していた場合に、一体どのような選択をするのが良いのかということを考えてみたいと思います。

     

    ツインソウルが結婚していたら、どうしますか?

     



     

    相手の幸せを願うなら…


    いくら自分と相手がツインソウルの関係にあるといっても、三次元の世界であるこの世では「他の人と結婚している」というのが現実です。

    そもそも、ツインソウルの相手と必ずしも結婚できないという事実が、なぜ起こってしまうのでしょうか?

    それは、この三次元の世界に生きる私たちには、肉体があるからです。

    特に女性の場合、結婚するにも「適齢期」というものが存在します。

    この適齢期というものは、女性の出産・育児のために良いとされる年齢です。

    女性は、本能的に自分の子どもを欲しがるものなので、適齢期に焦ってしまい、結婚してしまったという人もいるようです。

    ですが、そうはいっても、今は他の人と結婚しているのです。

    相手の幸せを願うなら、ツインソウルとしての縁を来世に期待して、今はそのまま相手の幸せを見守るという選択をすべきなのかも知れませんね。

     

    理性をもって対応することの意味


    このように、ツインソウルだからといって、自分と結婚させるために無理やり今の相手と別れさせるというのは、正しいこととは言えないのです。

    ですが、ツインソウルとは元々一つの魂だったのですから、魂どうしが惹かれあい、お互いを求めてしまうことも起こりうるかも知れません。

    その時に、あなたが相手に今の幸せを守るように願うのであれば、そこで必要になるのが「理性」です。

    ツインソウルの相手やそのパートナーに対して、理性をもった対応をすることが求められるのです

    これは、ただ我慢すれば良いというものではありません。

    理性とは、人としてこの世に生まれた私たちにだけ与えられた感情です。

    自分の魂を磨くつもりで、また周囲との調和を意識しつつ対応することが、ここでいう「理性をもった対応」だと言えるのではないでしょうか?

     

    どんなことをしてでも一緒になる?


    ここで、先程から出てくる「魂を磨く」ということは、どのようなことなのかを考えてみます。

    魂を磨くということは、自分の心の中から発せられる声に耳を傾けることです。

    それは、自分の魂の声…そう、自分の本音に耳を傾けるということなのです。

    この世の中で、今、心から本音で生きていると言える人は、果たしてどのくらいいるでしょうか?

    自分の見栄やプライドなど、カッコ悪いところを周囲の人に気付かれないようにするために、本音を隠している人は多いものです。

    ですが、それでは魂は磨かれていきません。

    あなたの魂が磨かれないということは、ツインソウルである相手の魂にも悪い影響を与える可能性があります。

    もし、あなたの本音が「どんなことをしてでもツインソウルの相手と結ばれたい! 」というものだとしたら…

    時間がかかっても、そのために努力するという選択をしてみても良いのではないでしょうか?

    ですが、この選択をした時には、ツインソウルの相手が今築いている家庭を壊してしまう可能性があります。

    そのことを肝に銘じて、覚悟を決めて決断しましょう。

     

    ツインソウルとツインフレームの関係


    ここまでお伝えしてきたように、既に結婚しているツインソウルとの関係には並々ならぬ試練や努力が必要となります。

    結婚しているということは、相手には既にこの世で一緒に過ごすと、自らが決めたパートナーがいるからです。

    では、そのパートナーとは魂レベルで見るとどのような存在なのでしょうか?

    ツインソウルとは、前世で一つの魂だった存在のことですが、とても近しい魂だった存在として、ソウルメイトやツインフレームという存在があります。

    今、結婚している相手が、ツインソウルではなくても、もしかしたらソウルメイトやツインフレームである可能性もあるのです。

    どんな理由にせよ、あなたのツインソウルが結婚すると決めた相手です。

    魂レベルで見ても、近い存在である可能性は十分考えられます。

    ここで注目したいのが「ツインフレーム」という存在です。

    ツインフレームは、魂の枠のような存在で、一つの魂を支え助ける役割をもった存在だと言われています

    もし、あなたのツインソウルの結婚相手がこのツインフレームであった場合、もしかするとあなたとの関係に理解を示してくれることもあるのです。

    ですから、あなたがどうしてもツインソウルの相手と結ばれたいと思ったら、まずそのパートナーと向き合ってみると良いでしょう。

     

    その人は本当にツインソウル?


    ツインソウルに出会うには、魂レベルで学び成長していることが条件だと言われています。

    ですから、この学びが終わる前に、他の異性と結婚してしまうケースも多々あります。

    逆に言えば、魂の学びが終わっていないと、ツインソウルには出会わないはずなのです。

    そこで考えなくてはならないのが、あなたがツインソウルだと思っているその人が、本当に「ツインソウルなのか? 」ということです。

    もしかしたら、ツインソウルだと思い込んでいるだけの相手ではありませんか?

    相手がツインソウルかどうかを確認するには、いくつかの確認方法があります。

    「手の形が似ている」といった見た目からできる方法や、魂レベルで「共鳴している」というような確認方法もあります。

    あなたが求めているその人が、本当にツインソウルなのかどうか、きちんと確認してみましょう。

     

    ツインソウルの試練


    ツインソウルと魂レベルで結ばれることを求める時、そこには必ず試練があります

    ツインソウルの相手が結婚している…それこそがまさに試練だと言えるのかもしれません。

    この試練は、魂が学び成長するために用意されている試練だと思ってください。

    ツインソウルとこの世で再会したら、必ず一緒に生きていけるとは限らないのです。

    ツインソウルとして与えられた使命を果たすために、離れて生きることが必要であれば、そのような試練が訪れます。

    また反対に、何をしてでも一緒に生きていく必要があるのであれば、たとえ相手が結婚していても、一緒にいられるようにするために試練があるのです。

    事がどのように動いても、それはツインソウルとしての試練なんだと受け入れる気持ちを忘れずに持っていてくださいね。

     

    本音で生きていく!


    ツインソウルの相手が結婚している時、あなたが選べる選択肢というのは限られたものです。

    どんなことをしても一緒に生きていくのか、それともこの世で結ばれることを諦めてしまうのか…

    いずれを選んでも、絶対に忘れてはならない選択肢があります。

    それが「本音で生きていく」という選択なのです。

    どんな選択をしたとしても、あなたが心から望んで決めた本音の選択であれば、魂が喜び成長します。

    そうやって魂が成長していくことで、ますますツインソウルとの結びつきが強くなっていくのです。

    ですから、どんな時でも本音で生きていくということを忘れずにいましょう。

     

    まとめ


    ツインソウルと出会ったからには、一緒に生きていきたいと思うのは当然の感情です。

    ですが、相手が結婚していたら、そう簡単に一緒に生きていくという選択はできません。

    そんな時にこそ、ぜひこちらを参考にしてみてください。

    あなたの魂も、ツインソウルの魂も、磨かれて成長していく選択をしてくださることを願っています。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい