あなただけではありません。目を酷使する全ての働き人へ。目の疲れを取る方法

目の疲れを取る方法

長時間のパソコンや読書などで目を酷使する場面が多く、目の疲労感を感じている方は多いことでしょう。

目の疲労が講じれば、吐き気や頭痛、肩こりなどの症状につながったり、目の奥の痛みを伴う眼精疲労や視力低下にも発展します。

カメラでいえばレンズの働きをする水晶体は薄っぺらい状態となっていますが、近くの対象物に焦点を合わせて見るときには水晶体の周りの筋肉である毛様体筋が収縮し水晶体が膨らんだ形になります。

この収縮が続いた状態で血流が悪くなるのが目の疲れです。

また、じっと見続けることはまばたきの回数が減るので目の潤いも無くなるドライアイにもなる危険もあります。

毛様体筋をマッサージやエクササイズで緩めたり、長期に渡る栄養の摂取方法のご紹介などすぐできる目の疲れを取る方法を解説します。



あなただけではありません。目を酷使する全ての働き人へ。目の疲れを取る方法

 

1時間につき10分は目を休ませる


連続して目を酷使すれば、疲れ目からドライアイ、症状が進めば眼精疲労にもなってしまいます。

目も脳も体と同じで、適度な休息を取らなければいけません。焦点を合わせる毛様体という部分が疲れたり固まってしまいますので、目の疲れに繋がり視力低下の要因にもなるのです。

時間の目安としては1時間に一回で10分程度が適切です。

以下に述べる方法でも色々ありますが、仕事中で席を立てない、準備ができない方は、目を閉じて眼球の裏の神経を意識して緩めるというイメージをしてください。目を閉じて緩めていくだけの簡単な目の疲れを取る方法となります。

寝ていると間違えられないために、同時に首や肩を動かしたり伸びをして力を抜いたり入れたりを繰り返し血液循環をよくすることをおすすめします。

処方された目薬を点眼する


目が疲れると、乾いてくるドライアイも多く見られたり、とにかく緊張をほぐしてあげなければいけません。

薬局にはたくさんの目薬、TVのCMでも多くて何を選んでいいのかわかりませんね。市販の薬には副作用もあるため、一番良いのは眼科に行き、処方してもらうことです。

市販の目薬には防腐剤、刺激物、そして、第3類医薬品と書かれた無薬には血管収縮剤が入っており、あまりおすすめできません。充血の効果があるのは、血管収縮剤が効いているだけで根本的な改善とは言えないのです。

眼科で処方された視神経や目周辺の疲労の回復効果のある目薬を点眼することが目の疲れを取る方法の早道です。

眼のエクササイズ


テキサス大学サウスウェスタン医療センターのエドワードメンデルソン博士は、コンピュータの画面を見て多くの時間を過ごす人には、目の疲れや乾燥のほか首や関節の痛みなどの症状が起こりやすいという理由から、20-20-20-20というエクササイズを推奨しています。

20秒間20フィート(約6メートル)離れてみて、20回連続で瞬きを20分毎に繰り返すことで瞳が潤い、目の疲れを取る方法として紹介しており、始める前に点眼すればより効果的だと言っています。

目のマッサージでリフレッシュ


目の疲れを取る方法に、蒸しタオル(電子レンジで1分ほどぬれたタオルを温めます)をあてると目に潤いが戻り効果的なものもあります。目のマッサージをするにあたっては、目に異物が入らないように気を付け、手をきれいにしてから行います。

目頭から鼻の付け根を人差し指か中指の腹で優しく押します。つぎに目の周りの顔の骨のくぼみに沿ってそっと指の腹で眼球を押して上げます。最後にまぶたの中心の瞳のあたりをそっとゆっくり押し目の周りの顔の尾根のフチも押してあげましょう。

マッサージは、少し心地よい痛みと気持ち良い力加減がポイントです。

耳は耳たぶの下あたりに目のツボがあるので指で挟んであげます。耳のフチを下から上に向けて2~3回軽くつまんだり耳を折り曲げたりひっぱったりしましょう。次に、両手をげんこつにして指の第二関節をおでこにおしあて上下します。

痛みや刺激、凝っている部分にも個人差があるので、色々試して自分の心地よいところを覚えてするとよいでしょう。

疲れた目を癒す画像を使う


パソコンを離れられず、移動もできない場合には、モニターの画像を見る目の疲れを取る方法もあります。実際に遠くの緑や景色を見られればいいのですが、パソコンのモニターに癒される風景をみるのもひとつの方法です。

実際に効果がある画像はステレオグラムや立体画像といわれる絵や写真を見ることです。これは、2枚の画像を一枚の立体写真として組んでおり、目の焦点を前後にずらして合わせ見るうちに3Dの浮き上がってみえてくるのです。

視力の改善効果もありますが、なにより目の疲れを取る方法には最適です。

サプリメントを活用する


サプリメントでの栄養補給は目の疲れを取る方法としては、即効ではありませんが長期的に効いてくるものです。

ルテインは、水晶体や網膜の酸化に対して効果的、アントシアニンは、ポリフェノールの一種の色素成分で 目の疲れの抑制効果があります。ビタミンEは、疲れ目やドライアイの防止にビタミンB群は、目の疲れを回復する働きがあります。

これらを食品で摂取するのは難しく、大量の食品を必要とすることもあります。複数のサプリメントを組み合わせることでの相互作用もあります。

食べ物から目に良い栄養を摂る


偏った栄養やダイエットなどのビタミン不足から目が疲れるケースもあります。

食事で目の疲れを取る方法とするのは、サプリメント同様に時間がかかりますが、食事を考え心がけるだけで長期的に効果を望め疲れにくく、疲労回復も早くなると考えられます。

栄養素の中で特に重要なのは、ビタミンB群で、B1を含む食品はれんこん、豚肉、うなぎ、大豆、B2はレバー、納豆、卵、海苔B6は牛乳、鮭、鯖です。タウリンは、イカやタコ、アントシアニンは、ブルーベリーや紫芋に含まれます。

これらを意識しておき、何を食べるかを迷う場面では目に良い食品を選んでいきましょう。

目の疲れを取る方法は様々ですが、単なる疲れが眼精疲労や視力低下の要因にもなりますので、たかが疲れで回復するだろうとメンテナンスを怠ってはいけません。

普段は栄養が偏らないように食生活を気にしながら、摂れない栄養素はサプリメントも使いエクササイズやマッサージで労わり、肩こりにまで影響が出るようでしたら、医師の診察を受けることも必要です。

毎日の自分の目は、もとより心と体をいたわることが、元気に末長くいられる基本です。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい