小顔矯正を自分でやって効果を出す5つの方法

    小顔矯正 効果

    年齢を重ねるごとに、写真に映る自分の顔に、『わっ!・・・』とびっくりして、引いてしまうことが増える、と多くの女性は言います。

    目じりのしわ、二重あご、ほうれい線

    なんとなく全体的にたるみが気になり、顔も大きくなったように感じる、など。

    でもこれは、『年齢』のせいだけではありません。

    日常のストレスにより、頭蓋骨の周りの筋肉が固くなり、頭蓋骨を圧迫、つまり脳を圧迫し、血流が悪くなっていることが原因の場合があるのです。

    頭部の筋肉は、顔の筋肉とつながっていますから、頭周りの血流が悪くなれば、当然顔にも栄養が運ばれなくなるのです。

    そうすれば、肌の細胞の再生も上手くいきません。

    年齢のせいにすることなく、日常のストレスを受けた身体をケアすることで、いつまでも若々しい小顔でいれる方法があります。

    ここでは、小顔矯正を自分でやって効果を出す5つの方法をお伝えします。

     

    小顔矯正を自分でやって効果を出す5つの方法

     



     

    頭部のマッサージをする


     

    小顔になりたければ、まず、頭部のマッサージが必要です。

    頭蓋骨は28個の骨がパズルのように組み合わさっており、そのつなぎ目を縫合(ほうごう)と言いますが、この縫合は、呼吸と共に少し動いています。

    頭蓋骨周りの筋肉が硬くなり、この縫合の動きが制限されると、身体に様々な不調を及ぼします。

    日常のストレスを受けて、実は、頭部の筋肉はとても硬くなりがちです。

    頭部の筋肉が硬くなると、頭部の筋肉と繋がっている顔の筋肉も硬くなり、上手く老廃物を流すことが出来ません。

    そうするとどうなるでしょうか?

    老廃物がいつまでも顔に滞っている為、顔がくすんだり、むくんだりしていくのです。

    むくみを放っておくと、どんどん垂れ下がっていく事が想像できると思います。

    なので、実は小顔矯正をするには、頭をしっかりと緩めて、血流を良くし、縫合の動きがスムーズに出来る状態にしておく必要があります。

    指の腹を使い、両手の5本指すべてを頭に置き、ゆっくりぐるぐるまわすように頭部をマッサージしていきましょう。

    少し慣れてきたら、「痛気持ちいい」と感じる程度に強くしてみるといいでしょう。

     

    首を温める


     

    頭部をしっかりマッサージをしたら、次は、ストレスの影響を受けやすい首を温めます。

    タオルを濡らして、レンジで温めましょう。やけどをしない位にタオルが温まったら、首にあててタオルが冷めるまで待ちます。

    ストレスというのは、何も精神的なストレスだけを言うのではありません。

    気温の変化、気圧の変化、環境の変化、なども人間の身体には「ストレス」でありますが、自律神経が上手くその変化に対応してくれています。

    その自律神経も、首を通っており、色んな変化にともないストレスに対応している(よく働いている)為、たいがいの人は首が硬くなってしまっているのです。

    頭部の筋肉が硬いことも身体に良くありませんが、首が硬いこともまた、身体に悪影響を及ぼし、「小顔」とは、かけ離れてしまいます。

    また、せっかく顔のマッサージをしても、首で血流が滞れば、結局のところ顔はむくんで、小顔どころか大きくなってしまうのです。

    面倒くさがらずしっかりと首を温めましょう。

     

    乳液やマッサージクリームを使い、顔をマッサージする


     

    頭部のマッサージをし、首を温めて血流を良くしたら、いよいよ、顔のマッサージです。

    顔に乳液またはマッサージクリームを塗り、両手の親指以外の4本の指の腹を、眉毛の少し上の位置に置きます。

    そのまま、指をひたいの髪の生え際まですべらせていきましょう。

    おでこのしわを伸ばすように、上に引き上げていくイメージです。

    今度は、人差し指の腹で、下まぶたを目頭から目尻まで、外側に向けてすべらせます。

    本当に優しく、触れているか触れていないか、という程度でかまいません。

    次に、人差し指・中指・薬指を小鼻の横に置き(薬指が小鼻横についている)ほほ骨に沿って最後はこめかみまですべらせ、目を少し吊り目にするようなイメージで引き上げていきます。

    同じく、口角からこめかみまで、顎先からこめかみまで、というように、全体を引き上げるように流してマッサージしていきます。

    これを数回繰り返しましょう。

     

    表情筋の筋トレをする


     

    マッサージをして、表情筋が柔らかくなってきたら、今度は筋トレをします。

    目を大きく見開いて、口も最大限に開いて、あ・い・う・え・お!と口を動かします。

    いー!と大きく動かせば、首の前側まで引っ張られるのを感じれるくらい、大きく、です。

    これもスムーズに口が動いていると感じれるまで繰り返しましょう。

     

    舌をまわす


     

    口を閉じて、舌をはぐきに沿わせながら、右回り、左回り、と回していきます。

    片方30回を目指しましょう。

    ほうれい線が薄くなり、二重あごも改善される、とても効果が期待できる運動です。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    日常のほんの少しの心がけで、小顔矯正を自分ですることが出来るのです。

    しかも、身体のメカニズムがわかって、この順番通りにすれば、しっかりと効果が期待できる上に、自律神経まで整い、根本的に健康的になっていきます。

    高額な費用をかけることなく、自分で小顔矯正を毎日の習慣にし、いつまでも若く、いつまでも笑顔がステキな写真が残っていくといいですね。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい