風邪をひいたら食べ物にこだわろう。8つの優良食材

風邪をひいたら

冬は、インフルエンザやノロウイルスの流行り出す季節です。急に寒くなったり、空気も乾燥していて、もうすでに風邪をひいたという人もいることでしょう。

風邪をひいたらどうしていますか?

薬も大切ですが、医食同源という言葉もあります。食べ物の栄養素も侮れないものです。

風邪をひいた時に効果のある優良な食材がたくさんあります。ここでは、風邪をひいたらこだわりたい食べ物について、その優れた効果をご紹介します。

 

風邪をひいたら食べ物にこだわろう。8つの優良食材

 



 

蜂蜜レモン


 

喉からくる風邪が、今流行っています。今年の風邪は、案外、長引くようです。

喉が痛い時には、初期症状なら、喉に良いとされるビタミンC類を含む、蜂蜜、かんきつ類が喉を潤してくれます。

お湯に蜂蜜を溶かして、レモンを絞って、ホッとレモンで飲むのはいかがですか?

 

しょうが紅茶


 

風邪を引くと体内の新陳代謝が鈍ります。

しょうがの成分のジンゲロンやジンゲロールは、新陳代謝を活発にして、ホルモンや自律神経などの神経系統を正常にする働きがあると言われています。

しょうがの成分で代謝を上げて、体を温めると、そこから、紅茶の殺菌作用が期待できます。さらに、紅茶に含まれるカフェインは、気管支を拡張させる作用もあるので、痰を出しやすくなります。また、しょうが紅茶に、お砂糖の代わりに蜂蜜を入れると、さらに効果が増すでしょう。

紅茶を入れて、しょうがを擦りおろします。しぼり汁だけを入れても良し、しょうがの擦りおろしをそのまま入れても良し。喉が痛い時により効果があるでしょう。発汗作用もありますしね。

 

刺身、生卵


 

風邪を引いていると、胃腸の調子も悪くなります。

実は、たんぱく質は、熱すると、消化が悪くなります。生のお刺身や生卵の方が消化は良いので、風邪の時には栄養を摂りやすいのです。

 

卵酒


 

卵白の中には、リゾチームという酵素が含まれています。この酵素には、細菌の細胞壁を分解し撃退する効果があると言われます。

 

材料 日本酒200CC
鶏卵 1個
砂糖 大さじ2.5(蜂蜜でも良い)
しょうがのしぼり汁  適量

 

日本酒を徳利に入れて熱湯で加熱をします。電子レンジで加熱をしても良いでしょう。その間に鶏卵をときほぐしておきます。

砂糖は、好みによって、しょうがのしぼり汁をいれて混ぜ合わせます。その後、酒と卵液を混ぜます。

この時に、熱い酒に卵液をいれると鶏卵のたんぱく質が固まってしまい、口当たりが悪くなるばかりでなく、肝心なリゾチームも破壊されてしまうので、それを防ぐためには、卵液に少しずつ酒を加えるということがポイントです。

鶏卵は、全卵ではなく、卵黄だけを用いる作り方もありますが、有効なリゾチームが、含まれていないので、効果のほどは、全卵の方が良いでしょう。

民間療法として伝わる、卵酒には、飲めばすぐ治る薬のような効果はありません。

それでも、風邪の引き始めに飲むと、症状を緩和して回復力を促進することができます。卵酒の効果は、鼻水や痰などで細菌を外に排出するので、鼻詰まりがなくなり、呼吸が楽になります。

卵酒のベースになっている日本酒ですが、主な成分には糖分,アミノ酸,アルコールが含まれているので、栄養補給と血液の循環を良くする効果もあります。

沸騰させると、アルコールは飛ぶので、子供でも大丈夫ですが、心配な方は、寝る前に飲んでくださいね。

 

ニンニク


 

ニンニクの臭いの元アリシンは、抗菌作用が強くて、風邪や扁桃炎や気管支炎の原因になる菌にも抗菌力を発揮します。

痰のキレを良くして、呼吸を楽にしてくれる成分もあります。

ビタミンB12なども豊富に含むので、疲労の回復や滋養強壮作用によって体力がつくので回復を早めてくれます。

 

大根


 

風邪を引くと胃腸の働きも弱まりますね。

大根には、ジアスターゼという消化を促す成分があり、消化を助ける効果があります。

痰を切る効果もあると言われています。柔らかく煮込んだおうどんに、大根おろしを入れて食べても体が温まりますよ。

 

ニラ


 

ニラには、臭いの成分のアリルという成分があります。

殺菌作用もあり、他にもビタミンA、B、C、カリウム、鉄を含んでいて、ベータカロテンも含みます。血行を促進して、栄養があります。

卵雑炊にニラを入れて、食べると風邪の時でも食べやすいでしょう。

 

フルーツ


 

風邪を引いた時に食欲が無い人は、好きな果物を食べることもおススメです。

果物は、水分も多くて、ビタミンCも豊富で、カロリーもあるので、風邪の回復には良いでしょう。

痰も、水分が不足すると切れにくくなります。

特に、熱っぽい時には、冷たく冷やした果物は食べやすいでしょう。

それでも食べにくいという時には、果汁100パーセントのジュースもおススメです。水分補給にもなります。

リンゴはそのまま食べると、便秘の予防にもなり、すりおろせば、下痢の予防になると言われます。ビタミンCも含まれていますので、風邪には良いでしょう。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

どうしても早く治したいという人は、薬と共に、試してみてください。

気の緩みからか、油断した時に、案外、風邪を引きやすい物です。一人暮らしだと、買い物に行くのも面倒ということもあるでしょう。風邪を引いていても、何も食べないと治りも悪いです。普段から、ジュースや何かすぐに食べれる物を置いておくのも良いですね。食べれる物を食べるということも大切です。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい