輪廻転生という意味がわからなかったので、調べてみました。

    輪廻転生 意味

    転生とは、死後に別の存在として生まれ変わること。

    輪廻とは、人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること、また、そう考える思想のこと。

    ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想なのですが、この『輪廻』と『転生』は区別しておらず『輪廻転生』。つまり、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言うそうです。

    では、どうして何度も生まれ変わってくるのか?

    というところまで調べてみると、その根源には『魂の成長の為』というのがあるそうです。

    一度経験したことは、魂は覚えています。

    それは、いわゆる普段意識できないところで知っている『潜在意識』という考え方に通じるように思います。

    宗教哲学まで深めると意味を理解するのが難しくなりますが、なるほど、そういえば、初めて会ったのに、そういう気がしない。だとか、初めてチャレンジするのに、ものすごく興味が出たり、惹かれたりする上に、実際、試してみると、まるで経験者のようにすんなりできてしまう。というようなことが生きているとありますね。

    『生まれつきの才能』などと、さらっと話したりしますが、そこをもっと『前世』からの生まれ変わり、つまり、輪廻転生だという思考まで広げてみると、色々と納得のいくことがあるような気がします。

    では、『輪廻転生』を信じることによって起こる人生の変化をここで考えてみましょう。

     

    輪廻転生という意味がわからなかったので、調べてみました。

     



     

    何かを始めるのに、遅すぎる! ということがなくなる。


     

    輪廻転生の意味を知り、信じるようになれば、『何かを始めるのに、年齢は関係ない! 』というのがよりリアルに思えるようになります。

    例えば、英語を勉強したい。

    現世だけを考えると、『いまさらそんなの習ってどこで使うの? 覚えられるの? 使う時あるの? 』と思ってしまう年齢になっていたとしても『現世で英語を使う機会がなくても、今から準備をしておけば来世で英語がペラペラになって世界中を飛び回れるかもしれない』ということになりますし、

    例えば、ダンサーになりたい!

    などと昔夢みていたとして、今更100%無理でしょ!という年齢になったとしても現世で、今から修行を積んでおけば今現在”得意”になれなくても、来世では”得意”分野になるかもしれない。もっといえば来世では”プロ”になれる才能を持って生まれてくるかもしれない。などと夢が広がるのです。

    今の努力は、決して『死』を迎えることで『無』になってしまうのではなく、来世への下準備となる、という考え方は、仏教など難しいことがわから なくても少しロマンチックなような気がします。

    だから、やりたいことは年齢に関係なく、やりたいと思った時から始めればいいのです。

     

    別れが悲しくなくなる。


     

    本当に愛したあの人と、お別れが来たとしても、それは、前世に残したお互いの『問題』を解決する為の出逢いであったのです。

    もしまだ、2人の間に解決すべき『問題』もしくは、お互いが『成長する』ための課題が残っていたとすれば、現世の未来か、もしくは来世で必ず出逢うことが出来るのです。

    だから、悲しまなくても大丈夫です。

    そもそも、そんなに『愛する人』との出逢いは、生まれ変わる前から会っていたのかもしれません。

    同じ環境で、沢山の人に出逢っても、たった一人だけに心が惹かれる、そもそもそれも不思議なことです。

    輪廻転生は、問題を乗り越え、成長する為に繰り返し繰り返し生まれ変わるという意味ですから、やはり『縁を感じる』のは偶然ではなく、輪廻転生がかかわっている。そう考えるだけで、悲しい別れも受け止められるようになります。

     

    長い目でみて自分に返ってくると信じれるから、良い行いをしようと思える。


     

    例え、不運なことが続いたとしても、輪廻転生を信じていれば、今、向き合って精算しておけば、自分の未来(現世か来世かはわかりませんが)にはもう起こってこない、ということになります。加えて、もっと『人の為に、この世が良くなる為に、ハッピーが広がる為に』というようなイメージで生きていると結局、現世の未来、もしくは来世に自分にそういった環境がめぐってくるはずなのです。

    また、なんで私だけが不運!と思うようなことでも、自分の過去(現世か前世かはわかりませんが)に全部自分がまいた種だ、ということを信じてしまえば、そこから学びがないか、成長の糧とならないか、前向きに捉えて乗り越えることができそうです。

    そうしているうちに、長い目でみて自分に返ってくるのだから、日々良い行いをしようと思いながら生きていく事ができると思います。

     

    悪事をはたらき、逃げ切れることはないからやめる。


     

    輪廻転生の意味を知ると、悪事を働くと、将来、もしくは来世で自分に返って来る、という考え方になります。

    悪事を働いておきながら、たとえそれが罪に問われなくても、心の中が心底、穏やかな人はいないでしょう。

    輪廻転生を信じていると、この現世で何か悪事を働いて、それがばれずに逃げ切れた、と思っていても結局は、生まれ変わった時、その心の奥深くには、悪事を働いた時の罪の意識は残っており、逃れられない、ということです。

    ならば、悪事を犯さない。

    罪を犯してしまっても、この現世で改める、という気持ちになるのではないでしょうか。

    やはり、すべては自分が蒔いた種、ということになるのです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    輪廻転生の意味を知り、信じてみることで人生に良い変化が起きるかもしれません。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい