【夢占い】犬の夢の意味とは?診断11パターン

夢占い 犬

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、犬の夢が象徴するものとはなんでしょう?

犬は人間に忠実であり、従順で賢い動物です。

一方で、犬は狂犬病のような恐ろしい病気を運ぶこともあり、恐れられ、忌まれる存在になったりもします。

犬はその知性から「冥府の使い」と恐れられたり、よく訓練された軍用犬は人間の命令に従って冷徹に殺戮を繰り返すこともあります。

犬の夢占いでは、夢の中の犬がどのようにふるまい、どのように接してくるかで、解釈が大きく分かれてくるでしょう。

飼い犬の夢占いは日常生活の反映ですが、犬を飼っていない人や犬をとくに好きでない人の夢に登場する犬は、大きな意味を持ちます。

猫が概ね女性を象徴するのに対し、犬は男性を象徴し、美しい犬や人なつっこい犬は、恋愛運が上昇していることを示します。

犬に噛みつかれたり、襲われたりする夢は、男性を恐れている女性が見がちな夢でしょう。

恋愛のほかにも、異性を交えた人間関係の行方や上司や部下に恵まれるかどうか、人間関係での裏切りなど、夢占いで犬が暗示することは多岐にわたります。

では具体的に、犬の夢はあなたに何を伝えたがっているのでしょうか?

 

【夢占い】犬の夢の意味とは?診断11パターン

 



 

たくさんの犬の夢


たくさんの犬の夢占いは、あなたが女性である場合、今モテ期に入っていることを暗示しています。

たくさんの犬があなたにじゃれついて来たり、舐めてきたりした場合はとくに、男性に好意を持たれやすい時期であると言えるでしょう。

今まで出会いがなかった人はとくに、この夢を見たら積極的な行動がツキを呼びます。

合コンや、お見合い、紹介なども参加してみましょう。

今まで出会ったことのないタイプの男性に出会えるチャンスです。

ひとつ気を付けてほしいのは、モテることと、愛し合うことは似ていて非なるものである、ということです。

あまり派手な言動を繰り返すと思わぬ反発を買う恐れがありますので注意してください。

もしたくさんの犬に囲まれて、その犬たちが怖かったり、よい感じがしなかった場合は、異性問題のトラブルを暗示しています。

悪い噂を立てられたり、中傷されることも考えられますので、言動を抑えてください。

男性とのトラブルだけでなく、管理職である場合は部下が反抗的になったり、職場のチームワークを乱していることも考えられますので、日頃の言動を振り返ってみましょう。

何か注意すべき点を見つけたら、素直に言動を改めることで、トラブルを回避できます。

 

犬がなつく夢


犬がなつく夢占いは、主に、自分の親しい人、あるいは親しくなりたいと願っている人との仲が接近したり、相思相愛になったり、同僚や部下とチームワークがうまくいく暗示になります。

どちらかというとあなたのほうが強い立場になり、相手を動かすことができるという夢占いになります。

恋人がいる場合は、今あなたは「愛される立場」というものを満喫している時期かもしれません。

もし今、恋人が冷たかったり、チームワークが良くなかったりした場合、事態はすぐ好転しますので安心してください。

ただし、「立場が上になる」「立場が下になる」という事象は、時と条件によって簡単にひっくり返ります。

最終的に、「いかにその人やその物事を愛し、そこに愛情を注ぐことができたか」によって立場や人間関係は変わってきますので、自分の気持ちを正直に見つめ、欲張ることがないようにしましょう。

人は、自分がその対象に注いだ愛情分の報酬しか受け取れない仕組みになっています。

自分のほうが立場が上だからと言って我儘を通したり、欲張ったりすると手痛いしっぺ返しをくらいますので、好調な時こそ人に愛情を分け与えるつもりで生きていきましょう。

 

犬を撫でる夢


犬を撫でる夢占いは、あなたの今もっとも大事にしているものがあなたの愛情に応えてくれている暗示になります

大事にしているものが、恋人や友人関係出会った場合は、その関係が理想的なものになり、仕事や今打ち込んでいることであれば、成果を受け取ることができるでしょう。

どんなことでも、「大事にしていること」からは必ず見返りがあります。

注いだ愛情分だけは受け取ることができる仕組みになっているのです。

もし愛情を注いでも、受け取る者が少ないと思っていても、注いだ対象や物からは受け取ることが出来なくても、別のルートを通って必ず成果を受け取ることができますので、焦らず待っていてください。

犬を撫でてあげて犬が気持ちよさそうにしている場合はとくに、あなたが何かを受け取る準備ができたことを示していますので、静かに待っていて大丈夫です。

 

犬に噛まれる夢


犬に噛まれる夢占いは、今まで心を砕いてきた物事に、一見裏切られるような気がする出来事が起きる暗示です。

「飼い犬に手を噛まれる」という慣用句がありますが、とくに、その犬が自分と親しい(と思われる)場合は、裏切られた、というショックが強いかもしれません。

仕事で部下に裏をかかれたり、恋人に浮気されたり、受け入れがたいことが起きる可能性があります。

そこで、普通ならば、裏切られた原因を分析したり、今後の予防策を講じたりするでしょうが、人間にできることはそこまでで、裏切りやショックな出来事を完全に防ぐことは、人間には不可能です。

受け入れがたい真実かもしれませんが、地球上で起きる物事には、実は「原因」と特定できることはないのです。

裏切られた原因を追究したり、反省したりすることは、本当は無意味なのです。

ではなぜ、裏切りのようなひどい出来事が起きるのかというと、「その出来事は、あなたの潜在意識が長いこと抱えていた課題で、その課題をクリアにしたいがために、今あなたの目の前に現われている」ということです。

あなたにできるこことは、目の前に起きた現象を受け止め、消化し、感情を浄化させることであり、原因を追究することは時間ばかり食って全く的外れになりがちである、ということです。

極端な例ですが、事故に遭ったり、重い病にかかった人は、原因は特定できないのと同じで、何かに罰せられているわけでも、その人が悪いわけでもありません。

そういうめぐりあわせになることは非常に不幸なことですが、潜在意識が抱え続けたその負荷を、今解消する必要があるからこそ、その出来事が現われている、と考えましょう。

ショックなことが起きても、辛いことがあらわれても、それを精いっぱい受け止め、感謝し、浄化してあげることで、潜在意識の荷物をひとつひとつ軽くし、日々自由になっていくプロセスが、「人生を生きること」だと考えましょう。

ショックな出来事や辛い出来事はできれば避けて生きていきたいものですが、そうはいかないのが人生で、さまざまな感情を受け止め浄化しつづけていくことこそが大切だ、というふうに、気持ちを切り替えれば、もっと楽に生きられます。。

 

黒い犬の夢


黒い犬の夢占いは、あなたの健康が蝕まれる可能性があることを示してます。

体の不調を感じたりした場合は、すぐ病院に行ってメディカルチェックを受けましょう。

人間関係的にも、影が差し込む時期です。

とくに黒い犬が攻撃的だったり、感じが悪かったりした場合、病気やトラブルの影が長く尾を引くことがあるかもしれません。

ただし、それらは、あなたという器を選んでこの世に出現した「人類全体の潜在意識のお荷物」です。

あなたがそれを受け止めることで、影が光に変わり、人々が背負っていた重い荷物が少しずつ軽くなり、それ以上にあなた自身が健康を取り戻すこともあるでしょう。

病気になること、健康を取り戻すこと、そのときどきで感じる感情を受け止め、味わい、大事に消化することで、あなたの潜在意識は荷物を手放して生き生きとしてきます。

病気は必ずしも、忌まれるものばかりではありません。

それによって気づける大切なこともあるかもしれません。

人間関係のトラブルも、そこで起きた出来事を正面から受け止めた瞬間から、トラブルは解決の方向へ向きを変えていきますので、安心してください。

 

犬が死ぬ夢


犬が死ぬ夢占いは、あなたが誰かに依存していたり、誰かに迷惑をかけていることを自覚していて、自分が許せなくなっていることを暗示しています。

知らず知らずのうちに、自分を罰する気持ちになっている可能性が高いでしょう。

自分自身が存在していはいけないのではないか、とか、自分さえいなくなればすべてうまくいく、という自分を罰する気持ちは、本人を深く傷つけてしまいます。

自分を罰する気持ちが潜在意識に深く入り込んだ場合、その人や周囲にむごい傷跡を残してしまうのです。

犬が死ぬ夢は、そういう意味で、凶夢になります。

周囲の人が勝手にあなたを罰する権利はないのと同じく、あなた自身も自分を罰する権利も必要もありません。

すべての物事は、潜在意識の中の記憶が「めぐりあわせ」や「記憶の再現」として現実にランダムにあらわれてくるものであり、人間にできることは、それらを受け止めて浄化することだけです。

自分を罰したり、恥じたり、いなくなればいいと願う気持ちが湧いてきたら、そう感じる原因は何か、どうしてそう感じるのか、という原因探しをまずは一切やめましょう。

人間が自分で考える「自分を罰するための原因探し」は、百害あって一利無しです。

すべてのことは、たまたまそういう巡り合わせだったに過ぎません。

湧き上がる感情と戦うことをやめ、ただ感情を受け止めるだけで浄化のプロセスが始まります。

 

犬を助ける夢


犬を助ける夢は、あなた自身が誰かに助けられる暗示です。

人間関係で困っていたり、辛く苦しいことがあっても、めぐりあわせによって偶然に選ばれた誰かがあなたに助け舟を出してくれるでしょう。

あなたは気づいていないかもしれませんが、あなた自身も、過去、そこに存在し、日々沸き起こる感情を受け止めるだけで無数の誰かを助けているのです。

人から受けた親切は、素直にありがたく受け取りましょう。

ムリヤリ恩義に感じる必要はないし、その人本人に恩を返す必要もありません。

巡り合わせであなたが誰かを助けることになっても流れに逆らわず、心をこめて手を差し伸べるだけでいいのです。

 

犬の赤ちゃんの夢


犬の赤ちゃんの夢占いは、あなたの存在が誰かの生きがいになったり、負担になったり、よい意味でも悪い意味でも周囲を振り回している暗示になります。

犬の赤ちゃんがかわいらしかったり、良くミルクを飲んでいてほほえましい夢は、あなたがそこに居ることで誰かが自然に運気を上げ、よりよく生きていく力になっているという吉夢です。

一方で、瀕死の犬の赤ちゃんや、ぐったりしている赤ちゃんは、あなたが周囲のお荷物やになり負担を強いている暗示になります。

お荷物といっても、それはこの世の誰かが必ず請け負わなければならない役割のようなもので、お荷物の人がいるからこそ有能な人、役に立つ人が頑張れるという側面もあるので、必ずしも悲観する必要はありません。

今を精いっぱい生きていることは、極端な話、ニートでも大金持ちでも変わりありません。

人にはそれぞれ役割があり、その役割は自分で望んだものでない場合もあります。

人生は、その人の与えられた役割を精いっぱい生きること、と割り切って生活してください。

 

茶色い犬の夢


茶色い犬の夢占いは、暖かさ、感情の温もり、絆、といったものを示す吉夢です。

柴犬や秋田犬、ラブラドールレトリバーなど、人間と親しく、素直で愛情深い犬たちを連想させる「茶色」は、人間関係の好転やこれからの発展を示しています。

茶色は土の色であり、種が落ちて実を結ぶ色でもあります。

茶色い犬が可愛い夢はとくに、周囲に祝福された道を歩むことができる証しになります。思いやりを持って進みましょう。

 

白い犬の夢


白い犬の夢占いは、これから訪れる幸運を暗示しています。

「白」という自然色は、現実でも夢の中でも、光や純粋をあらわし、幸運の訪れを示す色でもあります。

人間の意図とは違う場所で起きる「白い動物」の夢は総じて吉夢で、とくに犬が白い場合は、周囲との人間関係や絆、今進めている計画などが順調にいく証しとなり、大いに飛躍できるチャンスでしょう。

白い犬が飛びついて来たりしたら、モテ期の到来です。幸運を掴んでください。

 

犬に追いかけられる夢


犬に追いかけられる夢占いは、追いかけられて不安な場合は、望まぬ異性、望まぬ人間関係、望まぬ状況に囲まれてしまう暗示になります。

とくに、犬に飛びつかれて身の危険を感じる場合は、異性関係のトラブルに見舞われる可能性を示しています。

身辺に十分に注意してください。

犬に追いかけられて不吉に感じる夢は、病気になったり、不安に思っていることが的中する暗示です。

望んでいなくても悪いことは起きています。

今、引き寄せの法則や精神論が巷に受け入れられていますが、不安に思おうが思うまいが、ポジティブシンキングをしようがしまいが、幸運は訪れ、不運は逃れることができません。

不安に思っても思わなくても、不安に思うようなことは起きるときは起きるし、起きないときは起きません。

幸運も同じで、ポジティブシンキングをしているから幸運が起きるという因果関係は全くないので、ポジティブシンキングができないことを不安に思うこともないのです。

犬に追いかけられるような凶夢を見て不安に思うのも当たり前のことですが、不安そのものが不運を招いているのではないので、安心してください。

何か悪いことが起きても、その時々の感情を素直に受け入れてあげれば、自然と物事は移り変わっていきます。

 

まとめ


犬の夢、いかがでしたでしょうか?

犬は人間の身近に居て、人間のことが大好きです。

一方で、人間に近すぎるあまり、人間の運命に同調してしまいます。

犬を恐ろしい武器として使うこともできるし、愛情の象徴として育てることも可能です。

ペットとして人間のもっとも近くにいる犬にとって、人間はどんな姿に見えているでしょう。

もし夢の中で犬が何か言葉をしゃべっていたのなら、その声に耳を傾けてください。

おそらく、人間がしゃべるよりもよりインパクトを持って、あなたの近い未来のことを教えてくれているはずです。

犬はペットとしてもっとも適した愛すべき動物ですが、恐ろしい存在でもあります。

日本では根絶されていますが、今世界ではまだ多くの人が「狂犬病」にかかって無くなっています。

狂犬病は一度発症すると致死率100%であり、発症から死亡まで1週間という恐ろしいスピードで進行します。

犬たちがその体に恐ろしい病原体を秘めているという事実そのものが、もしかすると人間のもつ闇を象徴しているのかもしれません。

2018年 あなたに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。

『アストロジータロット』では、あなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法をわかりやすく解説してくれます。しかも、今なら、全員無料鑑定してもらえます。

運命を知りたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい