お金を引き寄せるためにやってはいけない7つのこと

    お金 引き寄せ

    引き寄せの法則という、まさに神わざといえる法則があります。

    引き寄せたいものをイメージして手に入れる。

    想像するだけで、お金を引き寄せることができたらどんなにいいことか……誰しもがそう思うことでしょう。

    こうした今も、たくさんの人々が、お金を引き寄せる方法を試しています。

    しかし、試したはよいけれど、お金が手に入らない人が多いのは、いったい、なぜなのでしょう。お金を引き寄せるなんて、夢のまた夢の話なのでしょうか?

    そんなことはありません。

    実際、お金持ちといわれる人たちは、お金を引き寄せることができています。だからこそ、お金持ちなのです。

    じつは、お金を引き寄せるためにやってはいけないことがあります。

    お金持ちは、そのことを知っています。

    今回、あなたにお金を引き寄せるためにやってはいけないことを7つ、こっそりお教えします。

     

    お金を引き寄せるためにやってはいけない7つのこと

     



     

    お金のことを考えてネガティブな気分になる


    あなたは、お金のことをどのように思っていますか?

    お金を引き寄せたいといいながらも、お金は自分を困らせるもの、生活費をかせぐためだけの味気ないもの、お金は悪いものなどと思ってはいませんか?

    じつは、多くの人がお金についてなんらかの否定的な考えをもっています。

    引き寄せの法則では、ネガティブな感情に意識をむけると、ありとあらゆるネガティブな状況を引き寄せてしまい、お金を引き寄せることはおろか、幸運さえ逃がしてしまいます。

    お金の本当の姿は、あなたを幸せにしてくれる、ありがたいものです。

    日々、幸せなことや楽しいことに意識をむけるようにしていると、お金にたいしても、ポジティブな気持ちがもてるようになり、お金を引き寄せることができます。

     

    喜んでお金を使えない


    お金がでていくとき、あなたは幸せな気持ちになれますか?

    支払いや結婚式のご祝儀に、会社の飲み会……、お金を使うときに喜べないのは、不足の気持ちが心の中にあるせいです。

    不足な気持ちをもっていると、あなたの人生に、さらなる不足の状態を引き寄せ、いつもお金が足りない状態をつくってしまいます。

    本当のお金持ちの人は、人のために喜んでお金を使っています。

    お金だけでは、ただの紙。

    お金は、循環することではじめて価値をもつのです。

    愛をこめてでていくお金は、必ずあなたのもとに戻ってきます。

    ですから、お金がでていくときには『ありがとう、またきてね』と喜ばしい気持ちで送りだしてあげましょう。

    あなたが支払うお金は、いつもだれかのためになっています。

    そのことに気づいて、喜んでお金をつかえるようになると、お金を引き寄せることは、いともかんたんになります。

     

    財布の中がぐちゃぐちゃ


    あなたの財布の中は、今どんな状態ですか?

    すっきりキレイに整理されていますか?

    高価なブランド財布にもかかわらず、そのの中身は、お札の向きもバラバラで、いつのものかも分からないレシートや、使わないポイントカードでぐちゃぐちゃになってはいませんか?

    それでは、せっかく大金を手にしたくとも、お金がとどまることなくでていってしまいます。

    今すぐ、不要なものは捨ててください。

    財布は、お金のお家なのです。

    お金がいつも住んでいたいとおもえるように、財布の中はつねにキレイに整理しておきましょう。

    お金を引き寄せることができる人は、財布の中をキレイに整理する習慣をもっています。

     

    お金に感謝していない


    感謝は豊かさを、不満は貧しさを引き寄せます。

    お金に対して不満をいえば、それだけ貧しくなるのです。

    あなたが、なにかとお金が不足していると感じるなら、それは気づかないうちに、お金の不満をいっているからです。

    今よりもっと多くのお金を引き寄せたければ、お金の不満を口にするのはやめましょう。

    感謝は、あらゆる豊かさを引き寄せます。

    今あるだけのお金に感謝をすることができれば、今より多くのお金を引き寄せることができます。

    現状に感謝することができる人は、お金にも感謝をすることができます。

    お金があれば感謝ができるとお思いなら、それは大きな間違いです。

    現状に感謝ができなければ、さらなるお金を引き寄せることはむずかしいのです。

    いま感謝できることを、日々ノートに少しずつ書き足していきましょう。

    そうすれば、お金だけでなく、幸運も引き寄せることができます。

     

    心のどこかで大金を手に入れることができないと思っている


    あなたは、大金を手にしているイメージがわきますか?

    たくさんのお金を引き寄せたいのに、大金を手にしているイメージがわかない人がほとんどです。

    引き寄せの法則では、リアルにイメージすることができないものは、引き寄せることができません。

    引き寄せに自信がない場合、小さなものから引き寄せる練習をすると良いです。

    たとえば、よく行くスーパーで『今日は○○を安く買えたらいいなぁ』とおもってスーパーにいくと、安売りしていたということはないでしょうか?

    これは、引き寄せの法則がはたらいている証拠です。

    小さなことでも引き寄せの練習をしていると、引き寄せができる自分に自信がつくため、どんどん大きなものを引き寄せられるようになり、将来的には、たくさんのお金を引き寄せることもできるようになります。

     

    お金をいくら引き寄せたいか具体的にいえない


    なんのために、どのくらいのお金がほしいのか、あなたは今すぐ、こたえられますか?

    お金を引き寄せたいとおもっていながらも、具体的なことを話せる人は少ないものです。

    引き寄せの法則は、願望がより明確であることが重要です。

    そのつど自分の願いを明確にすることで、さまざまなものやお金を引き寄せることができるのです。

    なんとなくこのくらいあれば、といったあいまいな願いでは、引き寄せの法則は働きにくくなってしまいます。

    人生においても、なにをどうしたいのか、具体的であることは幸せの近道です。

    願望を明確にさせるために、なんのためにどのくらいのお金を引き寄せたいのか、思いつきではなく真剣に一度じっくりと考えてみてください。

    前向きにお金と向き合うことで、引き寄せの力が作動します。

     

    部屋がきたない


    あなたの部屋はキレイですか? きたないですか?

    お金は、キラキラしたプラスのエネルギーをもっています。

    きたない部屋は、マイナスのエネルギーを発しているため、お金を引き寄せることはできません。

    お金持ちの家やトイレは、いつもキレイにそうじされています。

    それは、お金に余裕があるからキレイなのではなく、キレイにできるからお金が引き寄せられてくるのです。

    もし今、お部屋がきたないなら、掃除をして、プラスのエネルギー空間をつくりましょう。

    また、水とお金はどちらも循環するもので、じつは密接な関係があります。

    トイレなど水回りのそうじは欠かさずにして、キレイに保つことを心がけてください。

    そして、そうじをしている最中は、換気をしながらおこなうと、さらに良いです。

    部屋にたまったマイナスエネルギーを、外に出すことができるからです。

     

    まとめ


    いかがでしたか?

    お金を引き寄せるためにやってはいけない7つのことのうち、あなたはいくつしてしまっていたでしょうか?

    引き寄せの法則という、まさに神わざといえる法則には、じつはこのようなポイントがあったのです。

    このことを知らないばかりに、多くの人がやってはいけないことをしてしまっていたため、お金を引き寄せられない状態になってしまっていたのです。

    今回お教えしたことをひとつずつ改善していくことで、あなたもお金を引き寄せる人になっていきます。

    ぜひ、ためしてみてくださいね。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい