出雲の勾玉で最高の幸せを!大人女子におすすめの勾玉の効果

出雲 勾玉

「どこかに良い人いないかなぁ。」というのが、口癖になっていませんか?

『類は友と呼ぶ』ということわざがあるように、あなたの望む素敵な人は、素敵な人に惹かれます。

「やっぱり、そうよね…」と嘆くのは、ちょっと待ってください。

ご縁結びで有名な出雲大社近くでは、出雲型勾玉が幸運をもたらすお守りとして、広く親しまれています。

出雲型勾玉をお守りとして持つことで、あなた本来のオーラが輝き、素敵な人とご縁が結ばれるということも、夢やおとぎ話ではありません。

日本で、古来からお守りとして使われてきた出雲型勾玉の効果から、最高の幸せをつかむ方法を見ていきましょう。

 

出雲の勾玉で最高の幸せを!大人女子におすすめの勾玉の効果

 



 

出雲型勾玉の効果


勾玉の一番の効果は、魔除け厄除けです。

古代、円形や球状の「たま」を、魂の象徴としていたことから、勾玉は、魂を落ち着かせて、神の助けを得られると考えられています。

出雲の古い記録には、勾玉は「太陽と月の重なり」を表していて、「強い力」と「恵み」が幸運を呼び込んでくれるという記載があるそうです。

つまり、勾玉には、魔除け、災難除けの効果だけでなく、幸運をもたらすお守りとしての効果もあります。

また、直接肌に触れるように身に着けると、最も効果を発揮すると言われています。

 

勾玉への願いのかけ方


勾玉に願いをかけるときは、願いを込めたい勾玉を握って、その願いを勾玉に話しかけるように伝えます。

そのときに、「幸せになれますように」など、お願いするのではなく、「幸せになりました。」というように、すでにその願いがかなったように、完了形で言い切ることが重要です。

また、「ありがとうございます。」と、感謝の気持ちを述べるのも、忘れないようにしてください。

 

出雲型勾玉の歴史


勾玉は、石、ガラス、金属などを「くの字型」に加工して作り、古墳時代の人々が生活した場所から発掘されています。

出雲では、花仙山で、勾玉の素材となる良質の瑪瑙(めのう)が採れ、瑪瑙細工の職人「玉造職人」によって、出雲型勾玉は作られていました。

また、勾玉は、八咫鏡(やたのかがみ)草薙の剣(くさなぎのつるぎ)と共に、三種の神器の一つで、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は、古代より出雲で作られ、朝廷に献上されていました。

そのため、「勾玉には、不思議な力が宿る」とされていて、首飾りや耳飾りと並び、古代日本の装身具の一つではありますが、飾り物というよりも、祭祀などに使われたので、神秘的な力を持つものとして知られていました。

そうしたことから、勾玉は、魔除けや神託を得るものとして使われてきたのです。

特に、瑪瑙は、『地に足の着いたビジョンを持ち主に与える』と言われていて、大地と関わりの深い石です。

自分の芯があやふやで、あいまいなところがあるという方におすすめです。

グラウンディングができて、しっかりと現実的に自分の未来が定まっていくでしょうが、威圧的なところはなく、自然な形で導いてくれるでしょう。

 

出雲型勾玉の形の由来


出雲型の勾玉は、ふっくらとした丸みを帯びた形が特徴的です。

勾玉の形は、母親のお腹の中にいる赤ちゃんとか、月の形とか、魂の形とか、その他にもいろんな説がありますが、詳しいことはわかっていません。

また、勾玉を2つ合わせると、「胎児」が「生命誕生」に、「月」が「太陽」に、「半身の魂」が「円(縁)」になり「和」を示すと言われています。ですので、2つ持つのもおすすめです。

ちなみに、出雲大社は「縁結びの神様」として、とても有名ですが、「ご縁」というのは「結婚」だけではありません。もっと広い意味で、人との「ご縁」、学校や会社との「ご縁」、共に活動する仲間との「ご縁」など、いろいろなご縁があります。

 

勾玉の選び方と扱い方


出雲型勾玉は、元々は瑪瑙だけでしたが、今では、いろんな種類のパワーストーンで作られています。

それもあって、どれを選んだらよいのか迷うかもしれませんが、大切なのは『直感』です。

パッと目に入って「これ、いいな。」と思うものや、手にした瞬間、安心感のような温かな感じがしたものなどは、あなたの波動と合っていて、とても相性が良いです。

逆に、少しでも違和感があるものは相性が良くないので、勾玉のもつパワーも半減してしまいます。

一説によると、勾玉には魂が宿っているとも言われます。

ですから、直感で選んだ勾玉は、便利な道具として扱うのではなく大切な友人のように接するようにしましょう。

また、勾玉は、直接肌と触れることで、最大の効果を発揮すると言われていますので、ストラップよりは、首飾りやブレスレッドなど、直接肌に触れるアクセサリーのほうがおすすめです。

 

勾玉の浄化方法


勾玉は、負のエネルギーを吸収してくれます。

だからこそ、大切に持っていると、悩みやストレスが和らぐ感じを実感できるでしょうが、勾玉に溜まった負のエネルギーは定期的に浄化し、パワーチャージしないと、効果が半減するどころか、無くなってしまいかねません。

そこで、定期的にパワーを充電するために、月に1回位程度は流水にさらしたり、午前中に20~30分間、日光浴させたり、セージの煙にくぐらせたりしましょう。

ただし、勾玉の材質によっては向いていない浄化方法もありますので、その時は月光浴をするなど、それぞれのパワーストーンに合わせて、浄化方法を選びましょう。

 

パワーストーンの種類


出雲型勾玉は、元々は瑪瑙(めのう)で作られていましたが、瑪瑙にも色の種類があり、意味が変わってきます。

  • 青瑪瑙(深い水の色):命の源の象徴
  • 赤瑪瑙(若者の顔の色):健康
  • 白瑪瑙(髪が白くなるまで):長寿

 

また、瑪瑙以外で勾玉に使われているパワーストーンの種類と意味についてもご紹介しておきます。

  • 水晶:清純無垢
  • アメジスト:無償の愛
  • ローズクォーツ:恋愛成就(恋のお守り)
  • タイガーアイ:金運、富を手に入れる
  • エメラルド:健康、調和
  • ロードクロサイト(インカローズ):生きる喜び

 

まとめ


いかがでしたか?

勾玉は、シュッと先がとがったような関東型が主流ですが、ふっくらとして、丸みの帯びたコロンとした形の出雲型勾玉は、親しみがもてる、優しい印象があります。

今では、様々な種類のパワーストーンで作られている勾玉ですが、古代から使われていた瑪瑙に願いを込めて、夢を現実にしていくサポートをしてもらうのも素敵ですね。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい