ホットストーンの効果と使い方を解説!自宅でもできるホットストーンセラピーとは?

    hot-stone

    寒い季節になると体調が崩れやすい・・・

    夏でも冷房に当たると、すぐに冷えるので、ブランケットが手放せなない・・・

    そんな人におすすめなのが、「ホットストーンセラピー」です。

    ホットストーンセラピーという名前は聞いたことがあるけれど、実際にはどんなものか知らない人が多くいらっしゃいます。

    ホットストーンセラピーは、マッサージサロンだけでおこなうものと言うイメージがとても強いのですが、実は、自宅でもケアに使えます。

    ホットストーンは、体質改善をもとめる人におすすめ!!

    もし、あなたが体調が悪くなりやすい体質であったり、冷えを気にしているのであれば、ホットストーンをぜひ活用してみてください。

    今すぐ活用できる、素晴らしいホットストーンの使い方についてお伝えします。

     

    ホットストーンの効果と使い方を解説!自宅でもできるホットストーンセラピーとは?

     



    実際、ホットストーンセラピーとはどんなものなのでしょうか?

    ホットストーンセラピーについてみていきましょう。

     

    ホットストーンセラピーとは?


    hot-stone2

    ホットストーンセラピーとは、温めた石で体をマッサージするものです。

    ただ、石を体にのせるだけ・・・

    そう思っている人も多いのですが、石を体にのせるだけでなく、適温に温めた石で体をマッサージすることで、石の温かさが体にじんわり伝わるのを目的としているセラピー方法です。

    まるで、低温の岩盤浴をしながら、マッサージを受けている、そんな感じがぴったりのイメージです。

    この方法は、古くから使われていました。

    例えば、

    • 日本では、修行中の僧が空腹をやわらげるために、温めた石を懐に入れていた
    • ネイティブアメリカンが太陽で温めた石をお腹にあてて、生理痛を和らげていた

    などの言い伝えがあります。

    このように古くから温めた石のパワーを利用してきたのです。

    現在あるホットストーンセラピーは、ハワイやヨーロッパのスパなどで利用が開始され、日本に入ってきたのは、約20前と歴史は浅いものになります。

    歴史が浅いものなのに、名前を知っている人が多いのは、このホットストーンセラピーの効果が素晴らしいことをあらわしています。

    手のひらくらいの石なのに、体がそんなに温まるの?

    と思ってしまうかもしれませんが、実は、使用する石にも秘密があるのです。

    そして、多くの人が疑問に思っている、

    石でマッサージするから、痛いはず

    という考えは間違いです。

    ホットストーンでのマッサージは、まるで優しい手のひらで包み込まれてマッサージされているような錯覚さえ覚えるほど、柔らかく心地よいものです。

    もちろん、マッサージのあとに、冷えている部分に置いて、ゆっくりじんわり石の温かさを体に伝えることもします。

    よく見かける、ホットストーンをのせている写真は、ちょうど体を温めているシーンです。

     

    ホットストーンセラピーのパワー


    hot-stone3

    ホットセラピーには、どんなパワーが秘められているのでしょうか?

    その気になる、ホットセラピーについて詳しくみていきましょう。

     

    ホットストーンセラピーのボディへのアプローチ


    ホットストーンセラピーのボディへのアプローチには、次のようなものがあります。

    • 温かい石により、体を芯から温める
    • 血行促進を促す
    • 新陳代謝の改善を期待できる
    • 免疫力の強化を助ける
    • 肌の角質へアプローチ
    • 肌が滑らさを促す
    • むくみの改善に役立つ
    • 肌の血色を促す
    • 美肌に導く
    • 首や肩こりの慢性的な疲れをやわらげる
    • 冷えによる腰部の不快感を緩和する
    • 目の疲労回復を促す
    • 自律神経の働きを助ける
    • 胃腸の状態を整える

     

    ホットストーンセラピーの心へのアプローチ


    ホットストーンセラピーは、ボディだけでなく、心へもアプローチしてくれます。

    たとえば、

    • イライラを和らげる
    • ストレスを緩和する
    • 気持ちを切り替えリフレッシュする
    • 不安感を緩和する
    • 焦燥感を緩和する
    • 悲しみを和らげる
    • 疲れた心をリラックスさせる

     

    などです。

    たかが石で温めるだけで?

    と思うかもしれませんが、ホットストーンの浄化能力はすごいものがあります。

    体や心が疲れている人に使った後のホットストーンは、ベタベタになります。

    まるで、石が悪いものを吸ったように。

    体や心にこびりついていた悪いものを石が吸いとってくれるのです。

    ホットストーンセラピーをしているセラピストの体も、セラピーが終わるとともにスッキリ爽やかになります。

     

    ホットストーンセラピーのスピリチュアルパワー


    ホットストーンセラピーには、パワーストーンと同じようなスピリチュアルなパワーもあります。

    たとえば、

    • 邪気の浄化
    • 綺麗なオーラをつくる
    • 邪気に強い体をつくる
    • 邪気に強い心をつくる
    • やる気などのパワーを与える
    • 気の流れを良くする
    • 大地のパワーを身につける

     

    などです。

    ホットストーンには、太陽や自然のエネルギーがたっぷり注入されています。

    そのエネルギーがあなた自身にスピリチュアルなパワーをもたらしてくれるのです。

     

    ホットストーンの選び方


    hot-stone4

    きっと、あなたもホットストーンセラピーのパワーを実際に感じてみたいと思ったはずです。

    では、実際に使う石はどんなものを使えばよいのでしょう?

    ホットストーンセラピーは、使用する石の種類がとても重要です。

    ホットストーンを購入するときのポイントを知っておきましょう。

     

    ホットストーンセラピーに適した石


    ホットストーンセラピーに適した石は「玄武岩」です。

    アリゾナ産、又はハワイ産のものが大地のパワーを十分吸収しているためおすすめです。

    玄武岩は、火山のマグマが固まってできた岩石で、「火成岩」とも呼びます。

    玄武岩は、マグマから生まれているため、熱を長く保持する力に長けています。

    温めてもすぐに冷えてしまう石では、ホットストーンセラピーは成立しません。

    玄武岩を使うからこそ、先にお伝えしたパワーが得られるのです。

    ホットストーンセラピー用に石を購入する場合は、ホットストーン専門店で、必ずアリゾナ産、又はハワイ産の玄武岩を選びましょう。

     

    玄武岩を選ぶときのポイント


    また、店舗で購入する場合にも、ネットで注文する場合にも、下記のことをポイントとしてチェックしましょう。

    • 石に油が付着しているものは購入しない(洗浄にとても時間がかかります。)
    • 石にデコボコがないものを選ぶ(肌を傷つける可能性があります。)
    • 石の表面が研磨されていてすべすべしているもの選ぶ
    • 石の組織密度の高い物を選ぶ(密度が低いとすぐに冷めてしまいます。)
    • 自分の手の大きさに合った石を選ぶ
    • 全身のホットストーンセラピーをおこなう場合は、30個前後が適切
    • 全身のホットストーンセラピーをおこなう場合は、大きな石6個、中くらいの石8個、小さい石6個、足の指の間用8個、先が少し長くなっているポインター2個を基準に選ぶ
    • 自分でおこなうホットストーンセラピー用は、上半身と下半身に使うものは別の石を購入する

     

    などがポイントです。

    実際に手にとって、ちょうどよい重さや大きさのものを選ぶのがベストですが、近くに販売店がない場合は、問い合わせに応じてくれるネットショップを選びましょう。

    人それぞれ、手の大きさや重さに対しての感覚が違うので、自分が使いやすいと感じ、さらに持つとホッとするものを選ぶことをおすすめします。

     

    ホットストーンセラピーの方法


    hot-stone5

    ホットストーンセラピーは、サロンでおこなう方法自宅で自分のケアに使う方法とあります。

    どちらにも共通しているのが、ホットストーンの扱い方です。

    ホットストーンを使う前に正しい石の扱い方を覚えておきましょう。

     

    ホットストーンに大地のパワーを注入


    hot-stone6

    ホットストーンが手元に届いたら、まずは、木などの自然のものでできたカゴに入れて、外に出しておきます。

    晴れの日も、風の強い日も、雨の日も、雪の日も、基本的には外に出しておきます。

    外に出しておくことで、石に自然のパワーが注入されると考えられているからです。

    ただ、さすがに台風などの日は、中に入れた方がよいですが、異常気象でない限り、外で常に大地のパワーを得られる状況にしてあげましょう。

    最初に使う前は、3日間程、外に出してから使うのがおすすめです。

     

    ホットストーン使用前の洗浄と温め方


    ホットストーンについてしまったほこりなどを、軽く洗い流す程度に流水で洗浄します。

    水が冷たいときには、ぬるま湯でもOKです。

    洗い流した後は、石についた水をふき取る必要はありません。

    50度~80度くらいのお湯を用意して、お湯の中にホットストーンを入れて温めましょう。

    2~3分で温まりますので、温まったら、火傷をしないようにおたまなどを利用して、お湯から石を取り出します。

    取り出した石の水気を軽くタオルでふき取り、しばらく、常温で冷まします。

    手に持てる程度の温かさになったら使用可能です。

    石がなかなか冷めない場合は、水に10~20秒入れて冷ます方法もあります。

    同じ体の部分をおこなう場合は、同じ石をお湯に入れて、繰り返し使います。

     

    ホットストーンセラピーサロンでの方法


    hot-stone7

    直接、体に石を当ててマッサージする方法と、服の上からおこなう方法があります。

    肌の状態の観察と、ホットストーンセラピーの効果をアップするためには、体に直接、石を当ててマッサージする方法が適しています。

    直接、体に石を当ててマッサージする時には、石の滑りをよくするため、あらかじめ肌にオイルを塗布します。

    その後、石にオイルを塗り、体の上に石を置いたらすべらせるようにマッサージをしていきます。

    サロンによって、マッサージの方法は異なりますが、体のパーツは、

    背中~腕 → 脚の裏側 → 脚の表側 → 両腕 → お腹 → デコルテ → フェイス

     

    の順におこなうのが基本的な方法です。

    それぞれのパーツのホットストーンマッサージをおこなった後に、ひと肌の温かさにした石を、背中、腰、両手、両足の裏、足の指の間、お腹など冷えている場所や、ほぐれにくい場所にのせます。

    石をのせて置いておく場合は、直接体の上に置くこともあれば、肌の弱いクライアントの場合であれば、タオルをはさんで石をのせる場合もあります。

     

    ホットストーンセラピー自分ケアの方法


    hot-stone8

    自分ケアでおこなう場合も、まずは、ホットストーンセラピーをおこなう部分にオイルを塗布します。

    石にもオイルを塗り、クルクルと円をえがきながら、足先から脚の付け根へ、手先から腕の付け根というように、体の末端から心臓に向かってかるくマッサージをします。

    お腹をおこなう場合は、横になり、お腹の上にオイルを塗り、時計回りになるようにお腹の上をマッサージします。

    フェイスをおこなう場合は、同じくオイルを顔全体に塗布し、石にもオイルを塗り、心地よいと思う程度の圧で、顎からおでこに向かってクルクルと円をえがきながらマッサージします。

    目の周りは、目頭から目じりの方向にクルクルとマッサージをします。

    リンパの流れを促したい場合は、

    耳の後ろ → 首 → 鎖骨

     

    とクルクルしながらマッサージしましょう。

    クルクル円を描きながらマッサージをすると、全体をくまなくマッサージできます。

    さらに、圧をかけすぎずに、肌への負担をかけることなく行え、血行も促進も期待できます。

    フェイスの最後には、ひと肌に温めた石を目の上にのせて優しく温めてください。

    目元がスッキリするだけでなく、疲労回復、ストレス解消にも役立ちます。

    体の上にのせて温めるときには、火傷をしないように注意しましょう。

     

    ホットストーンセラピーもっと簡単!自分ケアの方法


    疲れているときは、自分でマッサージするのはちょっと無理、なんて思いますよね?

    そんな時にも、おすすめ方法があります。

    お風呂に入る時に、石を湯船に入れるだけです。

    これだけでもホットストーンセラピーになります。

    自然のパワーを得た石のパワーが、湯船全体に広がって、あなたの疲れた心と体を癒してくれます。

    もし、マッサージも一緒にしたいと思う時は、石にボディソープをつけて体を洗いましょう。

    もちろん、洗顔の時に使うのも良い方法です。

    この時に忘れてはいけないのが、必ず温めてから使うことです。

    人それぞれ温度への体感が違います。

    肌に当てて心地よいと思える温度で使用しましょう。

    湯船につかりながら石で体をさするだけでも、ホットストーンセラピーのパワーを感じられますよ。

    ただ、体の上にのせる時と同様で、火傷をしないような温度でおこなうことが大切です。

     

    ホットストーンの洗い方


    hot-stone9

    ホットストーンで使用した石は、使った後に毎回洗って浄化をします。

    1. 石に植物由来の食器用洗剤をつけて優しくなでるように洗います
    2. 流水でしっかりと洗剤を流します
    3. 水気を軽くふき取ったら、カゴに入れ外に置いて乾燥させます

     

    石が乾燥したあとは、そのまま外に出して自然のパワーを注入しましょう。

    月が綺麗な日には、月光浴させてあげると最適です。

    ホットストーンに使う玄武岩は、火山からできた自然のものです。

    ですから、使う洗剤は「植物由来の食器用洗剤」で洗うのが一番きれいになります。

    この時、スポンジなどは使用しないようにしましょう。

    理由は、スポンジで石を傷をつけてしまう可能性があるからです。

    洗ってみるととても良くわかるのですが、手で洗う方がスッキリ汚れも落ちます。

     

    まとめ


    hot-stone10

    ホットストーンの効果や使い方、自分でできるホットストーンケアをご紹介しましたが、いかがでしたか?

    意外と手軽に使えそう! と思っていただけたはずです。

    もちろん、全身のホットストーンセラピーを楽しみたい時は、サロンでゆったりくつろいで石の優しいパワーを感じていただくのがベストです。

    ですが、どうしても忙しくてサロンに行けない時もあるでしょう。

    そんな時は、マッサージのやり方はもちろん、石の使い方や洗い方もとっても簡単なので、ぜひセルフケアをしてみてください。

    きっとあなたの体と心にいっぱいの素敵なパワーをくれるはずです。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい