自分を変えたいなら、コレをしろ! 誰でもできる3つの意識改革術

自分を変えた意識改革

未来は今の延長ですか? 繰り返しの日々に絶望していますか? あなたは今、叫んでいますか?

『こんなのはもうウンザリだ。自分を変えたい!世界を変えたい!! 』

厳しいようですが、その声を聞けるのは、『あなたしか』いません。自分を変えたいと願うのであれば、それを叶えられるのは世界で唯一あなただけです。

自分を変えたい。そんなあなたに、今回はあなたが行う3つ意識改革をご提案します。

 

自分を変えたいなら、コレをしろ! 誰でもできる3つの意識改革術

 



 

人間の習性を知る


 

まずは小さなことから始めましょう。自分を変えたいのであれば、この基本に忠実でなければいけません。

そんな悠長な事を言っている場合ではないですか? もっと劇的な変化が欲しいですか?

では、小さいことからはじめなければいけない理由をお話しましょう。

自分を変えたいのであれば、まずは我々の事を知らなくてはいけません。ここで言う我々とは生物としての人間の事です。

繰り返しの行動には、できるだけエネルギーを使わないようにする。これが、生物としての人間の持つ習性です。

自分を変えるということは、今の安定した環境を変化させるということです。環境の変化に生物としての人間は敏感に反応します。

今まで眠らせていた神経を総動員し、周囲に危険がないか、この環境の中で生き抜いていくにはどうすればよいかを模索し始めます。神経の覚醒は、新しいこと始めた興奮へと私達を導き、学習能力を飛躍的に引き上げます。

しかし、この状態は非常にエネルギーを使います。そして使われるエネルギーは変化の量が大きいほどより多くなるのです。

生物としての人間はこの状態から早く脱したいと考えます。いざという時の為にエネルギーを蓄えようとする大切な本能なのですが、その方法には往々にして現状維持が選択されます。

結果、自分を変えたいと願う私達の足を引っ張ることになります。環境の変化に適応しようとする神経の負荷。そして、できるだけエネルギーを使わないようにするために安定した環境に戻ろうとする本能としての反発。

自分を変えるということは、この重荷を背負いながら歩くことです。邪魔なだけに感じる人間の習性ですが、その本文には自分を変える為に必要なヒントが隠されています。

省エネ思考の本文は『生命活動を続けること』にあります。これは、自分を変えることにも繋がります。自分を変えることは、何かを1度やれば終わるわけではありません。

変え始めて、変え続けることが重要なのです。自分を変えたいのであれば、1回のエネルギー消費を最小限として継続を目指す。これが1つ目の意識改革です。
 

言い訳をやめる


 

生物としての人間の習性に省エネ思考があることをお話しました。そのため、環境の変化に対して現状維持を選択しようとすることをお話しました。

では、どうやって現状維持をするのでしょうか。そのアプローチの1つが『不安』です。

自分を変えようとした時、変わる方法がわかった時、私達は不安を覚えます。その方法を試すことで見つけた可能性が失われるかもしれない。現状はもっと悪くなるかもしれない。

『だから、変えない方がいいよ』

生物としての人間は、そう耳元で囁くのです。そして、ご丁寧にも記憶の中から過去の事例をいくつも上げてくれます。

それを見せつけられた私達は、いつも同じことを口にしてしまいます。『できるかもしれない。でも、今はその時ではない。』言い訳というやつです。

しかし、自分を変えたいと願うのであればその言葉をぐっと飲み込まなくてはいけません。なぜならば、不安が見せてくれたものは、たかが過去のことでしかないのです。

未来がある為には過去が必要でしょうか? 未来という結果を手に入れる為には、過去という原因が必要でしょうか?

違和感を覚えませんか? 自分を変えたいと、今の自分が思い描く未来の自分は、すでに過去の自分によって決まっている。そんな馬鹿げたことがあっていいはずがありません。

過去とはここまで自分が歩いてきた足跡でしか無く、未来はこれから歩いて行こうとする荒野の事です。自分の歩く先に自分の足跡があるはずもありません。

言い訳を口にしているうちは、可能性の中に生きることができます。それは夢です。甘く、優しく、温かい夢です。

しかし、それは現状維持の為に生物としての人間がしかけた罠だと言うことを私達は忘れてはいけません。自分を変えたいのであれば、まずは言い訳をやめること。これが2つ目の意識改革です。
 

行動を変える


 

意識改革とは思考を改革することである。答えはNOです。

意識改革とは行動を変えることです。自分を変えたいと考えた時に思い浮かべる理想像。

ここで問題になるのが、その理想と現実の距離です。この距離をきちんと測れていますか? 

自分を変えたいと願うのであれば、現在地をまずは知らなくてはいけません。そして、現在地を知るためには、行動を起こし、自分の考えを現実に反映しなければいけません。

そして、思い知らなければいけません。理想までの距離が思ったよりも遠いのだと。

そうしてようやく我々は現在地を知り、スタートラインを引くことができるのです。自分を変えたいと願った私達は、理想の自分になろうと空想しているのではありません。理想の自分になったという夢を見ているのです。変わった後の自分は夢の中にいます。

しかし、変えていこうとする自分は現実の中を生きています。夢と現実を繋げる唯一の方法が行動することなのです。

自分を変えたいという願いは、おそらく格好いいものではありません。不安にかられながらも、震える足を踏みしめ、一歩ずつ足を前に出す。

現実の我々にできることは、それくらいのことでしょう。大変そうですか? でも、大丈夫です。

生物としての人間の習性は、省エネ思考でした。小さな変化が続くという環境に慣れれば、その中でできるだけエネルギーを使わない方法を見つけてくれます。

自分の中にある人間の習性を知ること。彼らの優しい言い訳にNOと言い、一歩ずつ足を進めること。小さなことから始め、それを続けること。

あなたの願いが本気だとわかれば、自分の中にいる生物としての人間は、あなたの味方になってくれます。『そんなに力を入れなくても、こうすればもっと楽に進めるよ? 』

彼の力が加われば、重かった荷物は軽くなり、あなたの足取りは軽くなっていくでしょう。思考だけでは現実は変らない。行動だけが現実を変える。これが3つ目の意識改革です。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい