リフレクソロジストが伝授★足つぼマッサージの7つのコツ

    足つぼマッサージ

    足つぼマッサージを受けたことはありますか?

    『足は第二の心臓』

    足には、体の機能を調整するためのたくさんの『つぼ』があり、つぼは『経穴(けいけつ)』とも言われます。

    東洋医学では、人間の体には『気』がめぐっていて、病気になるとその気が滞り、皮膚上に反応が見られる(穴のように凹む)と考えられています。

    その皮膚上の特定のポイントが経穴、つまり、つぼです。

    ただ、なんとなく足裏を刺激しているだけではもったいない!

    今回は、足つぼマッサージのコツについてお伝えします。

     

    リフレクソロジストが伝授★足つぼマッサージの7つのコツ

     



     

    つぼは○○番地○号?


    足つぼマッサージの効果を高めるには、正確なつぼの位置をとられることが大切です。

    つぼの位置は、まず骨や関節、関節を曲げたときにできるシワなどを目安に、大まかに探ります。

    住所で例えるなら、○○町○丁目くらいまで。

    人ごとに多少、つぼの位置は異なりますから、さらにその周辺(○丁目)を触りながらピンポイントの位置(○番地○号)をみつけます。

    肩を指圧してもらうときに、『あ、そこそこ』と気持ち良い場所がありますよね。

    それと同じです。

    足つぼマッサージも、きちんとつぼを刺激すると、とても気持ちが良いです。

    でも、誰でも簡単に、つぼの位置って、わかるのでしょうか?

     

    見つけた! これがつぼ?


    体の不調は、皮膚上にあらわれます。

    ○丁目周辺を探っているときに、次のような部位を見つけたら、それがつぼです。

    • 『凹(へこ)み』
    • 『硬くなっている』
    • 『ブヨブヨと水がたまっているような感じがする』
    • 『皮膚温がまわりと違う』

     

    はじめはわかりにくいかもしれませんが、何度か触っているうちに、わかるようになってきます。

     

    棒で押すの? 手で押すの?


    中国式、台湾式といった足つぼマッサージ店では、棒などの道具を使うことが多いです。

    でも、もちろん手でやっても問題ないですよ。

    皮膚の凹みや硬さを感じるには、手でないと難しいので、ご自分で足つぼマッサージをするなら、

    『手でつぼを見つけたら、道具で押す』

    この順番がおすすめです。

    押す手も疲れないですしね。

    では、さっそく一緒に足つぼマッサージをやってみましょう。

    『覚えておきたいつぼ』を2つお伝えします。

     

    元気になるつぼ! 『湧泉(ゆうせん)』


    湧泉

    湧泉は、足指を曲げたときにできる、足裏のくぼみです。

    万能のつぼと呼ばれています。

    足の冷えやむくみ、だるさを感じるときなどに効果的です。

    体を温めて、内臓機能を高めますので、心身ともに元気になれますよ。

     

    眠れるつぼ! 『失眠(しつみん)』


    失眠

    失眠は、足裏の踵(かかと)の中央にあります。

    名前のとおり、睡眠を失っているとき、つまり、不眠のときにおすすめ。

    さらに、内分泌系を整えますので、美容や婦人科系のトラブルにも効果のある、女性にうれしいつぼです。

    • 『ストレスが多く、眠れない』
    • 『月経不順が続いている』

    そんなときに、少し強めに親指で押してみましょう。

     

    効果的な足つぼマッサージの方法


    足つぼマッサージは、お風呂上りの足が温かい状態でおこなった方が効果的です。

    お風呂上りが難しければ、洗面器で足浴をしたり、温かいタオルで足を温めてからおこないましょう。

    親指の腹を使って、軽めの刺激からスタートし、少しずつ強めていきます。

    押すだけでも良いですし、円を描くように刺激しても良いですので、気持ち良いと思うやり方で構いません。

    コリっと硬さを感じるなら、老廃物の塊ですので、ゆっくりと塊を溶かすように。

    慣れてきたら、押すときに息をゆっくり吐き、力を緩めるときに息を吸ってみて!

    呼吸を加えることで、つぼにより深く入ります。

    1つのつぼを行う時間は、5分程度を目安にしてみてください。

    足つぼマッサージが終わったら、老廃物が体外に出るように、コップ1杯の水分を摂りましょう。

    できれば、体が冷えないよう、白湯(さゆ)がおすすめです。

    いっきに飲むのではなく、コップ1杯を3~4回に分けて、体に浸透させるように飲みましょう。

     

    足つぼマッサージの注意


    足つぼマッサージをやってはいけない、やらない方が良いタイミングがあります。

    • 『風邪で熱があるとき』
    • 『食事後すぐ』
    • 『空腹のとき』

     

    いずれも、足つぼマッサージによって、体に負担がかかってしまうので避けましょう。

    他には、妊娠中や月経時、医師の治療を受けているときなど、ご自分で大丈夫かな? と不安に思ったら、中止した方が良いです。

    不安に思いながら足つぼマッサージをしても、体に良いことは一つもありません。

     

    まとめ


    いかがでしたでしょうか?

    今回は、知っていると便利なつぼを2つだけお伝えしましたが、足裏には他にもたくさんのつぼがあります。

    足つぼマッサージは、ポイントとなるつぼを押すだけなので、テレビを見ながらでもできるのが嬉しいですね。

    足つぼマッサージは、丁寧に足裏に触れることで、ご自分の健康状態を知る良い機会にもなります。

    ぜひ、ご自分の健康と美容にお役立てください。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい