分け御霊(わけみたま) とは? ツインレイとの関係は?

分け御霊

分け御霊(わけみたま)という言葉、あなたはどこで目にしましたか?

一番多いのは、神社だと思います。

分け御霊は「分霊(ぶんれい)」とも言い、神様の魂をわけたもので、神社の御祭神を本社から他の神社に移す事を指す言葉。

同じ御祭神の神社が日本各地にあるのは、このためです。

ただ、スピリチュアルな世界では、ツインレイと関連付けて別の意味で使われていたりします。

この記事では、分け御霊とツインレイとの関係についてわかりやすく解説したいと思います。

この記事を読めば、分け御霊とはどういうものなのか、ツインレイとどう違うのかが明確にわかるはずです。

詳しく解説していきますね。

分け御霊(わけみたま)とは?

「分け御霊」「分霊」とも言われます。

神道用語では、分け御霊は神様の魂をわけたもので、神社の御祭神を本社から他社に移す事を指す言葉です。

しかし、もうひとつ、スピリチュアル的な別の意味も持っています。

分け御霊は神様の魂を分けたもの

神道用語では、分け御霊は神様の魂を分けたものです。

同じ神様を御祭神とする神社が全国各地に複数存在するのはこのためです。

この分け御霊によって、神さまの魂を分けています。

神様の魂は無限に分けることができます。

魂を分けたからといって神様の力が弱まることもなければ、力の強い神様だからたくさん分け御霊ができるというわけでもありません。

どんな神様であっても、無限に本家と同じ力を持った魂を分けることができます。

分け御霊はエネルギーを分けること

スピリチュアルの世界では、分け御霊は神様のエネルギーという意味があります。

分け御霊を分ける際に「分け御霊を与える」と表現するのはそのためです。

分け御霊をするのは神社などの土地や建物だけでありません。

人や動物にも分霊することができます。

分け御霊する対象が人であった場合、不思議なことが起きます。

スピリチュアル的な感覚では「覚醒」に近いものです。

分け御霊されると、宇宙と繋がることができると言われています。

分け御霊は天の神・地の神

人は必ず、天の神・地の神から分け御霊を頂いてこの世に降り立つと言われています。

生きとし生けるものすべて神様の子。

私もあなたも神様の子だという事です。 

分け御霊は、あなたの心にいます。

心に神様がいると聞いても、ピンとこない方。

人間には「感覚」というものがありますよね?

何かを決める時、頭の中で自分の知っている知識をもとに思考し決断されると思いますが、感覚も用いていると思います。

そう、「直感」です。

科学的な証明はできなくても、確かに存在しています。

この感覚を心の神様と捉えると非常に近いです。

感覚が曇ると、判断を間違えたり、良からぬ方向に進んでしまいます。

感覚は思考よりも早いスピードで情報をキャッチし、答えを出します。

第一印象で「なんとなく」感じたことは「やっぱり」となるものです。

感覚は「なんとなく」ですが、神様の存在は「なんとなく」ではありませんよ。

すべての人間の内側に神様は存在しています。

分け御霊は天照大神

分け御霊は、人間が生まれた時に必ず神様からいただく「かけら」です。

日本人なら、神様の始まりである「天照大御神」が親になります。

私たちの身体の中には、天照大御神が宿っているのです。

そのことを自覚して、あなたの中にある天照大御神を大切にしましょう。

それが、あなたの神様を祀ることに繋がります。

天照大御神は、あなたに役割と使命を気づかせてくれます。

ツインレイとは?

ツインレイとは、魂の伴侶。

もう一人のあなたです。

この広い世界にたった一人存在する究極の存在です。

今までに経験したことがないほど強い結びつきを感じる相手になります。

一つの魂が男性と女性に分裂した魂、それがツインレイです。

究極の愛を語り合う相手ですが、同じ次元にいるとは限りません。

ツインレイと出会うには、あなた自身が様々な試練を乗り越えて精神的に成熟することが条件になります。

出会うことが奇跡ともいわれるほどに、ツインレイとの出会いは希少です。

ツインレイには、親近感安心感を強く感じるとともに異常なほど強く惹かれ合います。

今までの恋愛では起こりえなかった、強い執着心嫉妬心を伴います。

自分ではどうにもコントロールできないほどに、どうしようもなく惹かれ合うのが特徴です。

ツインレイツインレイの特徴と確認方法とは?

分け御霊とツインレイは似ているが異なる

結論から言うと、分け御霊とツインレイは違うものです。

分け御霊とツインレイは、一つの魂を分け合った存在という点では同じです。

しかし、魂の対象が神様なのか人間なのかという点で異なります。

分け御霊は、神様の魂を分けたもの。

ツインレイは、一つの魂を分けた男女の人間です。

分け御霊にはエネルギーを分けるという意味合いもあり、これがスピリチュアルに詳しい人の中でツインレイと結びつき、同じものとして解釈されているようです。

感覚的な事を言語化するのは難しいのですが、

たとえば、神様にもらった愛と同じ人間からもらった愛、この2つを同じものと感じるでしょうか?

そうは感じないと思います。

感覚としてはこんな感じです。

ただ、世の中で起きていることすべてが宇宙に繋がっていると考えると、広い意味では分け御霊もツインレイも同じと言えるかもしれません。

分け御霊を受け取った時とツインレイに出会った時に起こることが似ている

分け御霊を受け取ると、以下のようなことが起こると言われています。

  • 不思議なことが次々に起こる。
  • 人生の転機を迎える。
  • 思考上では想像できなかったことが起こる。
  • いつも穏やかかと思いきやわくわくしているような説明のつかない気分になる。
  • 使命が何かわかる。

そして、ツインレイと出会うと以下のようなことが起こるといわれています。

  • シンクロニシティが起こる。
  • 人生の節目に出会うといわれている。
  • 今まで経験したことがない感情になる。
  • 安心感と嫉妬心・執着心とのバランスが入り混じる。
  • 使命を思い出す。

書き出すと非常に似ているのがわかります。

分け御霊とツインレイが同じ意味で使われるのは起こることが似ているから、という理由もありそうです。

まとめ

分け御霊は、神様の魂を分けたものであり、神様のエネルギーです。

同じ神様を御祭神とする神社が全国各地にあるのは、この分霊を行っているからです。

人は生まれる時、神様から分け御霊を頂いてこの世に降り立つと言われています。

目に見えないことではありますが、あなたの中に神様がいるのです。

その事を感じ、感謝しましょう。

そうすれば、あなたにもたくさんの幸福が訪れるはずです。

コメントを残す