【1分】アダルトチルドレン タイプ診断チェックシート

アダルトチルドレン 特徴

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

  • いつも人間関係がうまくいかない
  • 何かに依存してしまう
  • 社会に馴染めない

この社会で生き辛さを感じている人は、もしかしたら「アダルトチルドレン」かもしれません。

いつも不安を感じ、人に心を開くことができず、ネガティブで被害妄想が激しいタイプの人は、そうなってしまった原因が幼少期にある可能性があります。

いわゆる毒親や問題のある家庭、つまり「機能不全家族の中で育てられた子ども」は、大人になっても闇を抱えているケースが多いです。

その中には、自分自身で気づいていない場合も多く、本人はとても苦しい思いをしています。

実は、自分の生き辛さの原因に気づくことで、心を軽くすることが可能です。

今回は、次のことを1分で診断できるチェックシートもご用意しました。

  • 自分はアダルトチルドレンなのか?
  • 自分が育ってきた環境は機能不全家族だったのか?

アダルトチルドレンの特徴や心理を理解し、あなたの苦しさが少しでも解放される手助けとなれば幸いです。

それでは、これまでのあなたの人生とこれからについて、整理していきましょう。

 

アダルトチルドレン(AC)とは

アダルトチルドレン(Adult Children)は、1980年代にアメリカで生まれた言葉で「AC」と略して記載することも多いです。

元々は、アルコール依存症の親に育てられた子ども(adult children of alcoholic)のことを指していました。

しかし最近では、アルコール依存症の親に限らず、機能不全家族の中で育てられ、大人になってからも何らかの傷を抱えている人(adult children of dysfunctional family)のことを「アダルトチルドレン」と呼んでいます。

アダルトチルドレンは、大人になっても自我状態が子どものままです。感情が不安定で、思考に偏りがあるため、自分で解決できない問題が多いとされています。

自分で認識しているかは別として、子どもの頃に体験したトラウマや傷ついた経験によって、彼らは感情のコントロールができなくなってしまっていることが多いようです。

無力な子どもは、本来であれば大人に守られるべき存在です。

しかし、そうされなかった子どもたちは、生きるために自分の感情を押し殺して、その過酷な環境に順応していきます。

その結果、自分を犠牲にしたり、あるいは、自分が生きている価値を見出せなくなってしまうのです。

とくに、反抗期の無かった子どもは気をつける必要があります。

子どもらしく親に甘えてわがままを言えなかった「よい子」は、たくさんのことを押し殺してきたはずです。

ところで、「機能不全家族」とは、どういう状態のことを言うのでしょうか?

あなたが育った環境は、はたして機能不全の家庭であったのか、その特徴をまとめましたので、チェックしてみましょう。

機能不全家族 診断チェックシート

機能不全家族とは、「親が精神的に弱い、虐待をしている、子どもに対して過保護である家族」を意味します。

具体的には、親がアルコール依存症、ドラッグ常習者、暴力を振るうなど、「毒親」の元で育てられた場合が挙げられます。

また、一口に虐待と言っても、身体的な暴力だけではありません。

虐待には、身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、経済的虐待、ネグレクトの5つが挙げられます。

さらに、子どもへの暴力だけでなく、たとえば父親が母親に暴力を振るうケースも虐待に当てはまります。

逆に、一見愛情深い家庭に見えても、親が過干渉だったり、ルールでがんじがらめにされていたりする場合も、機能不全家族に該当することがあります。

ただし、どこの家庭でも親子喧嘩や夫婦喧嘩はあり、それら全てが親のせいというわけではありません。

機能不全家族であったか否かの最終的な判断は、自分が幸せに過ごせていたかどうかが基準となります。

それでは、機能不全家族である特徴や例を挙げますので、該当するものがあればチェックをいれてみてください。

あなたに当てはまる特徴はありましたか?

当てはまる特徴があったからといって、アダルトチルドレンが確定したわけではありません。

たとえこのような環境で育ったとしても、助けてくれる人がいたり、何らかの緩衝要因がある場合は、アダルトチルドレンになることなく、大人になれることもあります。

アダルトチルドレン5つのタイプ

本当の自分を閉じ込めて子どもらしく生きられなかった子どもたちは、機能不全家族家族の中でなんとかして自分の価値を見出そうと、役割を演じるようになります。

周りに合わせた役割を演じることで、見捨てられないように必死です。

アダルトチルドレンが演じる主な役割には、次の5つのタイプがあります。

1.ヒーロー

いわゆる優等生で、しっかりしていて成績もよく、親に褒められたい一心で頑張るタイプです。

常に完璧を求められ、テストでよい点を取って当たり前、悪い点を取れば叱られます。

そのため、親の期待に応えられない自分は価値がないと思ってしまいがちです。

考え方に融通を利かせることができないため、ひとつの考えに固執すると逃れられなくなってしまいます。

挫折を感じた時に受け入れられなかったり、人にも完璧を求めたりする傾向があります。

2.ロストチャイルド

大人しく聞きわけのよい子で、自分の存在を消すことで家族を刺激しないようにしているタイプです。

どうせ自分には誰も興味を持たないし、必要ともされていないと思いがちです。

その背景には強い抑制状態があり、人との接点を断つことで自分を守ろうとします。

人と会話せず、表情もなく、息を潜めて生活をする中で、強い孤独を抱えるようになり、「自分は何かを望んではいけない」という自己否定の気持ちをいつも抱えています。

3.スケープ・ゴート

いわゆる問題児やトラブルメーカーのことを指し、問題を起こすことで自己主張をするタイプです。

他人を困らせることでしか関心を引くことができない一方で、自分が犠牲になることで家族の問題を解決したいという思いを持っています。

なかには仮病をつかったり、わざとケガを負ったり、非行に走って家族の問題を自分に向けて紛らわせようとする子もいるようです。

大人になってからも攻撃的になりやすく、人とぶつかりやすかったり、過度に依存する傾向があります。

4.ケアテイカー

困っている家族の面倒を見て、献身的に支えようとするタイプです。

たとえば、不安定な親をもつ子が自分の学業を犠牲にして兄弟の面倒を見ているようなケースがこれに当てはまります。

本人も人の役に立つことで自分の価値を見出しているのですが、残念なことに「人に必要とされない自分は価値がない」という思考にも偏りがちです。

また、人のことを心配するあまり、なかなか自分の幸せを考えることができません。肝心の自分が何をしたいのかわからず、自分を見失っています。

5.ピエロ

自分も怖くて傷ついているのに、不穏な空気を察すると、あえておどけたり、冗談をいって場を和ませようとするタイプです。

周りの環境や感情の変化に非常に敏感で、人の顔色ばかり伺ってしまう傾向にあります。

自分が辛いときでも、悲しい気持ちや寂しい気持ちを表に出してはいけないと思っているからでしょう。

心の悲鳴を人には見せられず、陽気なピエロを演じてしまう特徴があります。

明るくひょうきんに振舞う仮面の下に抱える孤独を、誰にも気づいてもらえずに、ひとりで苦しむことが多いです。

アダルトチルドレンの特徴と診断

アダルトチルドレンに見られる5つのタイプを紹介しましたが、おそらく、自分に近いと感じられる特徴があったはずです。

ですので、これだけでアダルトチルドレンであるとは判断できません。

次に、アダルトチルドレンと呼ばれる人の多くに共通する特徴を挙げていきます。

当てはまると思うものにチェックをつけてその数を数えてみてください。

0~4個

あなたには、アダルトチルドレンの特徴はあまりありません。

しかし、1個でも○があった場合は、子どもの頃に受けたトラウマが何らかの形で今の生き辛さに繋がっている可能性があるかもしれません。

5個~10個

あなたには、ややアダルトチルドレンの特徴がみられます。

とくに不遇な子ども時代を過ごして来たという感覚がある人は、本当の自分を押し殺して何かの役割を演じてきたのではないでしょうか。

気づいていない人も、心の奥底に蓋をしてきた感情があるかもしれません。

10個以上

あなたには、アダルトチルドレンの特徴が多くみられます。

自分自身でもかなりの息苦しさを感じていることでしょう。

一刻も早くケアをしてください。

ひとりで抱え込まずに、カウンセリングを受けることもひとつの手段です。

アダルトチルドレンを克服する方法

子どもの頃の家庭環境を振り返って、また診断を試してみて、自分はアダルトチルドレンかもしれない・・・と感じたあなた。

アダルトチルドレンは病気ではないので、「特効薬」は存在しません。

残念ながら、すぐに生き辛さが解消する都合のいい方法はないのですが、時間はかかるかもしれませんが、克服することは可能です。

まずは、簡単にできることからご紹介します。できそうなことからはじめてみましょう。

1.自分という人間を知り、認める

アダルトチルドレンは、自分が何を考えていて何がしたいのか、自分のことがわかっていない場合が多いです。

そのため、突然焦りや不安が湧き上がってきて、感情のコントロールができなくなってきたとしても、その原因がどこにあるのかがわかりません。

それは、張り詰めた子ども時代に当たり前のように感じてきたことが染み付いてしまっているからです。

それを改善するには、自分の思考のクセや偏りがどこにあるのかに気づき、少しずつ考え方を柔らかくしていく必要があります。

自分の中で怯えているインナーチャイルドを開放して、持っているものを手放してみる勇気が必要です。

インナーチャイルドを癒す方法は、こちらの記事をご参考ください。

インナーチャイルドを癒し、あなたの人生をもっと輝かせる7つの方法

2.親という人間を知り、理解する

親にひどい目に遭わされた経験がある人は、大人になってからも親を許すことができないかもしれません。それは当然のことです。

あなたがやることは、許さなくていいので、理解しようと努めることになります。

とはいえ、その理解もむずかしいと感じるかもしれません。

「なぜ、私にあんなことをしたのか」理解に苦しむでしょう。

ですが、

親も未熟だったのかもしれない・・・

悩みを抱えて助けてくれる人がいなかったのかもしれない・・・

追い詰められていたのかもしれない・・・

といったふうに、少しでも理解しようとする努力が必要です。

また、もうあなたは大人です。

本当は親にしてほしかったこと、言ってほしかったことがあると思いますが、もう親にその役割を求めるのはやめましょう。

「よく頑張ったね。ご褒美をあげよう。」

あなた自身が自分にしてあげるのです。

3.考え方を変える

長年染みついた思考のクセを変えるのは、難しいことです。

コップに水が半分入っているのをみて、こんなにあると感じるか、これしかないと感じるか。こんなにあるとは絶対に思えないでしょう。

ただ、ほんの少しプラス思考になるだけで、世界はガラリと変わります。

失敗したらどうしよう、嫌われたらどうしよう、結果を出せない自分に直面するのが嫌で、前に進めないでいるはずです。

ですが、

失敗しても、嫌われたとしても、前に進むことに意味があります。

周りを恐れないで、自信を持って自分の足で歩くことが重要なのです。

子どもの頃は、家の中が世界の全てだったかもしれません。

しかし、あなたが住んでいるのは地球です。

生きていれば、その足で地球のどこへでも行けるのですから。

まとめ

今回はアダルトチルドレンの特徴と克服方法についてお話ししてきましたが、あなたに当てはまる内容はありましたか?

アダルトチルドレンであってもなくても、生き辛さを感じている人はけっこういます。アダルトチルドレンであれば、なおさらでしょう。

生き辛いのは、決してあなたのせいではありませんが、考え方を少し変えるだけでも、ずいぶん人生が変化します。

まずは、肩の力を少し抜くことから始めてみてください。

 

コメントを残す