幸せを引き寄せる波動を上げる8つの方法

波動を上げる

波動を感じる、波動を上げる、スピリチュアルな話の中で、よく聞く言葉です。

波動の説明は難しいことが多く、途中で断念する人も少なくありません。

ですが、正しく理解し、波動を上げることができたなら、きっとあなたの人生の『得』になり、幸せを引き寄せてくれるはずです。

今回は、その『波動』について、8つに分けて、できるだけわかりやすくお伝えいたします。

 

幸せを引き寄せる波動を上げる8つの方法

 



 

波動ってなに?


 

波動とは、簡単に言ってしまうと、それぞれの『モノ』が持っている、振動による波形エネルギーです。

それは、目に見える特定のモノだけでなく、人間、動物、植物、物、感情、意識、音、あげるとキリがないくらい、すべての『モノ』に存在しているのです。

よく、波動とエネルギーを混同しがちですが、厳密には違います。

波動 = それぞれの固有の振動

エネルギー = 何かを動かすための力

エネルギーにより何かが動くことによって、波動が生まれ、波動により、何かを動かすエネルギーになる。

両者とも、密接な関係にありますが、別のモノであると意識することによって、物質的な波動と、感情(空間)的な波動をわけやすくなります。

スピリチュアルにおいての波動とは、目に見えない、生命、感情や意識、空間や音などの波動になります。

 

波動の種類


 

大まかにわけると、波動には6種類あります。

波動を上げるためには、この特性をよく理解しておく必要があります。

 

● 良い波動

調和の取れた、クリアな状態、良い感情や美しい意識。

心地が良く、ノイズのない澄んだ音色や、宇宙、自然の力などからくる波動です。

良い波動を感じやすいもの : 青空、森林浴、クリスタルチューナー など

 

● 悪い波動

不協和音、荒々しい状態、気分を害するような言葉や、怒り。

人工的なものや、汚染された空気など、直接人体に害をなしたり、精神的に疲労する波動です。

悪い波動を感じやすいもの : 化学調味料だらけの食べ物、カルキ臭のする水、悪口 など

 

● 高波動

繊細で、振動数が高い波動です。

高波動になればなるほど、物として形作ることが難しくなるので、目には見えにくい波動になります。

よく、高波動が良い波動と言われがちですが、あくまでも精神に近い波動と考えてください。

高波動を感じやすいもの : パワースポット、太陽光、宇宙 など

 

● 低波動

高波動と比べると、波形が大きく、振動数が低い波動です。

低波動は、物としての安定感が生まれ、物質的になります。

こちらも、悪い波動と言われがちですが、あくまでも物質や個体に近い波動で、安定感という意味では、必要不可欠な波動でもあります。

低波動を感じやすいもの : アスファルト、大木、辞書 など

 

● 強波動

強波動は、波形の振れ方が大きく、振動数も高い波動です。

とてもエネルギーが活性化された状態で、波形の幅が大きければ大きいほど、そのエネルギーは強くなります。

周りを巻き込むパワーも大きいので、いわゆる『カリスマ』と呼ばれている人たちは、良い悪いはともかく、強波動の持ち主と言えるでしょう。

強波動を感じやすいもの : 爆発、嵐(雷雨)、ご神木 など

 

● 弱波動

波形の幅が小さく、エネルギーが沈静化している状態です。

強波動とは逆に、影響力が少なく、ゆったりとしています。

低波動を感じやすいもの : 水たまり、弱った身体、壊れたおもちゃ など

 

おそらくほとんどの人が

高波動 × 強波動 = 良い波動

と考え、『波動を上げる』というのは、そういうことであると、思っているのではないでしょうか?

しかし、必ずしもそうとは言い切れません。

高波動も、強波動も、悪用することができてしまいますし、霊験あらたかなご神木や、ご神体などの中には、低波動であっても強波動の物も存在するからです。

結局のところ、良い波動であるか、悪い波動であるか、そこが一番大きなポイントとなります。

人においては、

良い波動 ≧ 高波動 × 強波動

が理想形と言えるので、まずは良い波動を上げて、ほかの波動を上げるのはそれからです。

良い波動を身につけることこそ、あなたの幸せに繋がり、波動を上げる意味も出てくるのです。

 

波動の性質を理解する


 

波動には4つの性質があります。

 

● 同じものは引き合う(共鳴)

特定の波動と、似かよった波動を出すことで、その波動と一体化する事です。

相手の波動が高い場合、自分の波動も上げなければ共鳴はできません。

 

● 大きく異なる波動は相容れない (非共鳴)

善と悪、光と闇、正と邪など、対極にある波動は打ち消しあってしまいます。

 

● 強波動は弱波動をコントロールする(包み込み/支配)

大きな音が小さな音を包み込んで消してしまうように、また、強大な権力を持つ人が多くの人間を従えるように、強い波動は、弱い波動をコントロールします。

 

● 放出した波動は返ってくる(フィードバック、カガミの法則)

意図的であれ、無意識であれ、あなたが放出した波動は、いずれあなたに戻ってきます。

 

たとえば、一つのオーケストラがあったとします。

そこに集まった演奏者たちは、次の演奏会に向けて、ともに同じ曲を練習し、成功を目指す『共鳴』している人です。

ただし、中には練習をサボったり、不協和音を鳴らしたりと、美しい音楽に『相容れない』音を奏でる人もいます。

見かねた指揮者が指揮棒を振り、『コントロール』し始めます。

音がキレイにハーモニーを奏で始め、各演奏者は自分の奏でる音をよく聞き、今までと何が違うのか、より良い音を出すためにはどうしたら良いのかと考え、次の演奏に『フィードバック』します。

それぞれの性質を理解し、自分の波動をクリアにすることで、あなたの波動をより良くしていくことができるのです。

 

波動をクリアにして良い波動を身につけましょう


 

では、波動をクリアにするには、どうしたら良いのでしょうか?

自分を浄化して、ネガティブな思い(悪い波動)を、ポジティブ(良い波動)に変換します。

・部屋を掃除して、キレイに整理整頓する

・定期的に好きなことをして、ストレスの発散をする

・些細なことにでも、声に出して『ありがとう』と、感謝の言葉をのべる

など、簡単なことから始めてみると良いでしょう。

先ほどの性質からもわかるように、あなたが放つ良い波動は、またあなたに戻ってきます。

戻ってきた良い波動を、もっと良い波動にするために行動し、また次の良い波動を放ちます、するとあなたの波動はどんどんクリアになり、良い波動を上げることにつながるのです。

 

波動を高めるには


 

良い波動を上げることができてきたならば、次は高波動を上げていきましょう。

波動をクリアにしたことで、すでに高める準備はできているはずです。

高波動を上げるためには、良いものに触れたり、高波動の人や物に共鳴する機会を増やすことが重要です。

一人で波動を高めるのはむずかしいですが、波動が高い人や物とふれ合うことにより、あなたの波動を引き上げてもらうという感覚です。

具体的には、

・波動が高い神社仏閣やパワースポットを訪れる

・自分より波動が高い人物に近づいてみる

・バランス良く、栄養価の高い、自然食品を摂取する

・波動が高い、良い道具や、持ち物、ファッションを心がける

など、できることから始めると良いでしょう。

 

波動の強化


 

ここまで、良い波動、高波動を高めてきました。

次は波動を、総合的に上げて、強化していきます。

波動の強化には、エネルギー量を増やし、流れを円滑にするなど、特有のトレーニングが必要になります。

強化方法は幾つもありますが、一人で行うのが難しいものも多いので、ここでは簡単に一人でできる、3つの方法をお伝えします。

 

● 呼吸法

呼吸は生命を維持するために必要なものであるため、呼吸法は最もポピュラーで、効果的な方法です。

基本は腹式呼吸と言われているものになります。

ヨガや気功、太極拳など、微妙に方法が違いますが、あなたにあった方法をとると良いでしょう。

慣れてくると、普段から自然に呼吸法ができるようになり、深く呼吸をすることで、酸素の吸入量も多くなるので、医学的にも健康法としての効果があります。

 

● 瞑想

静かに目を瞑り、瞑想をすると、日々の疲れを癒し、生命力を高めることができます。

1日約15分ほどを目安とし、呼吸法と同時におこなうと良いでしょう。

終了時には、ゆっくりと目をあけて、感覚を慣らしながら、普段の生活に戻ってください。

瞑想時には頭の中から雑念がなくなり、クリアになっています。

急に戻ろうとすると、ふらついたり、軽い眩暈を起こす場合がありますので、注意してください。

 

● チャクラを整えて強化する

チャクラは身体に7つあり、人間のエネルギーの中心となるものです。

チャクラを開き、強化することで、エネルギーの流れを整え、増やす事ができ、波動の強化にもつながります。

鍛え方は、ここでは割愛させていただきますが、第一のチャクラから順に鍛えることを、おススメします。

なかなか時間をとることが難しいという場合は、クリスタルウォーターなどの波動水を、チャクラにぬるだけでも、効果があります。

 

波動を物に宿す


 

波動の活用法の一つに、対象物に特定の波動を込める、というものがあります。

そんなこと簡単に出来る訳がない、と思われるかもしれませんが、『愛情たっぷりのお弁当』や、『哀愁漂う音楽』、と聞くとイメージが掴みやすいかもしれません。

これは、『愛情という波動を宿したお弁当』であったり、『哀愁という波動を宿した音楽』とイコールになります。

ほとんどの人が、この行為を無意識レベルでおこなっており、ある意味、誰にでもできる、自分だけの『オリジナル開運グッズ』を作っているということになります。

意識的に行うのも簡単で、たとえば水に良い波動を宿す場合、水のペットボトルを持ちながら、アファメーションで、『私はこの水を飲んで健康になる』と唱えながら、自分の波動が水に移るイメージをするだけです。

もしくは、ポジティブな言葉を何度も文字に書いて、それをペットボトルに巻くなど、文字からの波動を宿す方法もあります。

あなたが、あなたの波動を込めて作った水ですから、当然相性も良く、吸収も良くなります。

他にも、ペンなどの文具や、グッズ、何にでも波動を宿すことが可能です。

注意点としては、悪い波動も対象物に宿ってしまうということです。

先ほどの水に波動を宿す際に、心の中で『あー面倒くさい』と思ってしまったとします。

すると、その『面倒くさい』という悪い波動も、一緒に宿ってしまうのです。

当然、悪い波動が入ったのですから、『健康になる』という良い波動は相殺されてしまいます。

もしも悪い波動の方が強かったなら、健康どころか、体調を崩すこともあるかもしれませんので、くれぐれもご注意を。

 

あえて波動をずらす


 

さて、ここまでは波動を知り、共鳴などをして、高める方法をお伝えしてきました。

しかし、幸せになるためには、波動をずらすことが、あなたのためになるときもあります。

自分自身の波動を上げてきたことにより、あなたは周囲の波動にも敏感になっているはずです。

そうなると、どうしても苦手な波動も出てきます。

酷くなると、気持ちが悪くなって体調を崩すこともあるでしょう。

また、波動を常に合わせてばかりいると、疲れてしまいます。

そんなとき、この『波動をずらす』ということを覚えておくと、少しは緩和されます。

接客中、会話中、営業中、とてつもなく疲れさせる、エナジーバンパイアにも使えます。

その方法とは、ズバリ! 目線をはずすことです。

人と波動を共鳴させるとき、無意識に目を合わせてしまいます。

それをはずし、目力を抜くだけで、相手からの波動を遮断する効果があります。

仕事の関係など、あからさまにできない場合は、親指を握り込む形で、両手をグーにすると、全部のチャクラを閉じる行為となり、そのまま考えるフリをして腕を組めば、相手からあなたの心を守ることになります。

さらに足を組むことで、相手のエネルギーを遮断したり、物質的でなく、エネルギー的に耳をふさいで、相手の話を遮断することも、波動をずらすテクニックです。

ただし、この波動をずらすテクニックは、誰彼構わずにおこなっていると、大変失礼な行為になります。

あくまでも、あなた自身を守る方法として理解し、それ以外には使用しないでください。

 

まとめ


 

波動についてお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

波動の種類と性質を理解し、正しく波動を上げることにより、自分以外の良い波動も見極めることができるようになります。

本来のあなたを開放し、良いものを引き寄せ、楽しい人生と幸運を手に入れてください。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい