オーバーソウルとは何なのか?

    オーバーソウル

    過去、現在、未来は、全て今、この時に存在している、と言われています。

    その1つを今、こうして体験しています。

    私は今、地球に生まれ、色々な体験をし、今、こうして文章を書いています。私はこの自分しかわかりません。

    この並行して起こっている人生すべてを統合した意識のことを「オーバーソウル」と呼んでいます。

    オーバーソウルは人ではありませんが、オーバーソウルの位置からすべてを見渡すと、複数の人生が同時に起きていることがわかるらしいのです。

    ということは、オーバーソウルのどこかにアクセスできたら、未来はわかるのでしょうか? 過去も変えられるのでしょうか?

    そして今、存在している私の苦しみ、辛さをも変えていくことができるのでしょうか?

    では、一緒にオーバーソウルの謎を紐解いていきましょう。

     

    オーバーソウルとは何なのか?

     



     

    オーバーソウルとは?


     

    オーバーソウルとは、高次の魂。

    バシャールの言葉を借りると、

    「オーバーソウル(高次の魂)がソウル(魂)を作り、ソウル(魂)がスピリット(精神)を作り、スピリットが高次の意識と物質次元の意識に分かれ、そのふたつを合わせ持ったのが人間という存在」

    となります。

    ということは、誰もがオーバーソウルの一部ということになります。

    さらにバシャールは、過去世、現世、未来世は、すべて同時に進行しており、オーバーソウルはたくさんのソウル、高次の意識、物質次元の意識、輪廻転生を同時に体験することができる、とも言っています。

    バシャールとは、オリオン座の方向にあるエササニという惑星の存在。

    ダリル・アンカをチャネルとして、チャネリングという方法で私たち地球人と交流を続けています。

     

    ダリル・アンカのオーバーソウルはバシャール


     

    さらにバシャールは「ダリル・アンカの未来世」だ、とも言っています。

    ダリル・アンカは、自分の未来世のバシャールとコンタクトしているのです。

    ということは、現在、地球で生活を送っているダリル・アンカが、未来世のバシャールをチャネリングしている状態となるわけですので、つまり、この地球に同時に存在している、ということになります。

    言い換えれば、現世と未来世は同時進行している証明にもなります。

    そして、ダリル・アンカとバシャールは、同じオーバーソウルで、別の姿で存在していることになります。

     

    オーバーソウルと集合意識で合意してつくられているこの地球の法則とは?


     

    私たち一人一人にオーバーソウルがあります。

    私は、たまたまこの現在の地球で生活を送ると決めた代表選手のようなものであるのです。

    そして、オーバーソウルの中には、バシャールのように肉体をもたない、別次元の存在も同時に存在していることもわかりました。

    さらに、オーバーソウルの視点では、これら全てを見ることができるけれども、私たちは今の自分しか認識できていない、ということもわかりました。

    オーバーソウルの集まりを「集合意識」と呼んでいます。

    集合意識(オーバーソウルの集まり)が現実世界の法則をつくっています。

    今ある3次元の物理的な現実は、その法則から自動的に意味づけがなされています。

    物質に固有の波動があるのも、自動の意味付けがあるからです。たとえば、岩はかたくてとても重い、というようなものがそうです。

    実は、これはこの3次元で生きる人たちの共通の認識であり、自動的に意味づけされているもので、疑うことなく、みんなそう思っています。

    そして、たくさんの物事にさまざまな意味をつけています。

    これは、この地球で現実に生活を送っている人たち一人一人のオーバーソウルと集合意識が、その法則に合意しているからに他なりません。

    ここで重要なのは、集合意識で合意した現実世界がたった1つなら、全員、同じ現実世界に生きることになりますが、実際には違うということ。

    集合意識は、オーバーソウルの集まりです。

    例をだすと、集合意識は国会です。国会で法を決めます。

    国会で「消費税を8%にします」と決め、私たちはお買い物をするたびに8%の消費税を納めています。

    しかし、お買い物をする量は全員違うので、8%収めることには合意したけれども、全員、同じ金額を納めていませんよね?

    それは、人それぞれ欲しい物も違うし、日々の暮らし方も違う、一人一人違う現実を生きているからです。

    話を戻すと、集合意識で合意している法則があったとしても、オーバーソウルは個々の現実を持っていることになるのです。

    そのため、同時に同じようなことが起きるのではなく、その人のオーバーソウルの現実によって、ちょうど良いタイミングで物事は進んでいる、と言えるのです。

     

    ハイヤーセルフもオーバーソウルの一部


     

    さきほどのオーバーソウルの解説に一度戻ってみます。

    「オーバーソウル(高次の魂)がソウル(魂)を作り、ソウル(魂)がスピリット(精神)を作り、スピリットが高次の意識と物質次元の意識に分かれ、そのふたつを合わせ持ったのが人間という存在」

    これを順にたどっていけば、最終的にオーバーソウルとつながっていることがわかるのです。

    しかし、1つ前をみてみましょう。

    スピリットが高次の意識と物質次元の意識に分かれ…と書いてあります。

    物質次元の意識とは、この地球で毎日、暮らしを送っている私です。

    高次の意識も合わせ持っていることになっていますね。

    高次の意識とスムーズに交信でき、統合することができたら、私たちはスピリットであったことがわかるはずです。

    しかし、簡単にできないようになっています。

    なぜできないかというと、これも間違いなく先程の「3次元の物理的な現実」の法則に自動的に合意しているからです。

    ですので、ほとんどの人が、自分が「高次の意識」を持っていることを忘れています。

    しかし、これが「3次元の現実」であり、体験しようと決めてきたことなのです。

    高次の意識を持っている自分を思いだしても良いのです。

    自分自身が「高次の意識と物質次元の意識の片割れ」であり、「高次の意識と交信したい」という意識、自分の現実を作りだしても良いのです。

    高次の意識は「ハイヤーセルフ」と呼ばれています。

    ハイヤーは「高次」セルフは「自分」です。

    ハイヤーセルフは、スピリットから分かれた自分自身であり、人間が合わせ持っている片割れの自分である、ということがわかります。

    ですので、、ハイヤーセルフもオーバーソウルの一部なのです。

    外から何かをしてくれる存在ではない、ということがこれでわかります。

     

    ハイヤーセルフとつながり、オーバーソウルとつながる


     

    では、ハイヤーセルフと簡単につながるにはどうしたら良いのでしょうか?

    私たちは、つながりをただ忘れているだけなので、思い出せば良い、というところまでわかりました。

    実は「将来、こうだったらいいな」と、ぼーっと何か思い浮かべている時に「ハイヤーマインド」を使っています。

    高次の記憶、意識と呼びますが、自分自身が(3次元の自分では自分)知っているから、ひらめきが生まれるのです。

    その自分が「ハイヤーセルフ」なのです。

    その時点で、ちゃんと私たちはハイヤーセルフとつながっています。

    ハイヤーセルフとつながるためには、リラックスして、イメージを大きく膨らませて、直感、ひらめきを大切にすることなのです。

    そして、ここからが重要です。

    物質世界の意識は、顕在意識、フィジカルマインド、思考と呼ばれているものですが、頭の中で物事を考えている状態をいいます。

    これが、3次元で肉体を持って生きている私自身です。

    私たちは、物事がどう起きてきたか(現在からみた過去)を理解することができますが、その中の範囲の延長上に未来がある、とイメージします。

    せっかくハイヤーマインドで楽しくワクワクすることがひらめいても、「どうせ、できっこない」と制限をかけるのが顕在意識です。

    ということは、過去の積み重ねで物事を考えて判断する顕在意識部分を変化させれば、制限がはずれ、ワクワクが現実化します。

    もし、ワクワクが現実化したら、私の未来は過去からの積み重ね、ではなくなります。

    過去はどうあれ、未来は自由に選べるのです。

    オーバーソウルの一部であるハイヤーセルフとつながることは、よりスピリットに近い状態につながっていることになります。

    自分が3次元で何をするためにきたのか、さらに理解することができるようになるでしょう。

     

    オーバーソウルにつながっている壮大な世界


     

    つまり、オーバーソウルとつながる、ということは自分の「根源につながる」ことなのです。

    過去世、現世、未来世は同時に進行し、オーバーソウルはすべての次元に存在する一人一人を同時にみれるテレビのようなものです。

    オーバーソウルにつながることができたら、別次元の意識の自分を認識できることになります。

    現世で同時に存在することが可能となります。

    それが、直感ひらめきチャネリングと呼ばれるものです。

    私たちのつながる先、オーバーソウルは物凄く大量の情報を持っています。

    私たちは物質世界の中で一生懸命生きていますが、時にはリラックスし、直感を信じ、「できっこない」という制限さえしなければ、いくらでも望む現実で生きることができるのです。

     

    オーバーソウルとつながり、幸せになるために存在していることを思い出す


     

    オーバーソウルと集合意識で合意している3次元の物理的な現実の中で、私たちは生きています。

    この現実世界は、とてもじゃないけど、壊せないような頑丈な構造でできているようにみえています。

    そのため、法則を疑う余地もなく、一度、「こうだ! 」と思いこんでしまうと、それをベースに物事を積み重ねていくことが多く、そうすると、どんどん頑固になっていきます。

    それが「制限」「どうせできっこない」という意識です。

    しかし、一方で1人1人の現実(国会での法案、消費税の例を思い出して下さい)は違ったものとなっています。

    共通意識はあるけれど、決まったフォームはないのです。

    固い、頑固な思い込み、制限は自分でつくりだしていたものとわかれば、ワクワクしたひらめきは決して妄想でない、ということがわかります。

    過去、現在、未来が同時進行なら辛い過去なんて、本当は何1つ存在しないのです。

    私たちは幸せになるために存在しているのに、自分の思い込みが「辛い過去」を作り上げているのです。

    いかに私たちが高次の意識とコンタクトする方法を忘れて、勝手に「辛い」現実を作っているのかがわかってきます。

    そのためにも、ハイヤーセルフとつながり、ハイヤーセルフの声に耳を傾けましょう。

    片割れの自分とつながることは、オーバーソウルの一部である高次の意識につながっていることになります。

    ワクワクとした直感、ひらめきに意識を向け、信じることができれば現実化がすすんできます。

    オーバーソウルの一部であるハイヤーセルフに、まずしっかりつながることが「ワクワクとした現実」をつくる鍵となるのです。

     

    まとめ


     

    オーバーソウルは、全ての人の過去世、現世、未来世を統合した意識です。

    この壮大な意識の中の1つに、現在の地球に肉体を持って生きている「私」がいます。

    オーバーソウルのどこを見渡しても、「私」と同じ「私」はいません。

    これに気づいた時、今、この地球に肉体を持って生まれてきたこと自体が奇跡、ミラクル体験をしていることにも気づくはずです。

    他の次元、物理世界以外では、肉体をもって何かをする、ということはないからです。

    この大地の恵みを毎日いただき、命をつないでいる自分の肉体が、とてもいとおしく感じられることでしょう。

    「地球で肉体を持ってこんなことをするぞ! 」と、代表選手としてやってきた自分が楽しめていないのは、オーバーソウルの視点からみると「あれれ? こんなはずじゃないぞ」と思っているに違いありません。

    だからこそ、自分の夢を生きること、自分がワクワクすることに行動を移すことが必要なのです。

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい