水子供養について知っておくべき7つのコト

    水子供養

    あなたは、水子供養の『水子(みずこ)』という言葉が、どこからきているのかご存知ですか?

    実は、日本神話からきています。

    イザナギとイザナミが子作りのさい、イザナミから声を掛けたのが原因で、不具の子が生まれました。

    この、生まれた神を『水蛭子(ひるこ)』と呼びます。

    水子に関しては、非常にデリケートな部分も含まれますが、水子供養とはどんなものか、どんな心持ちでいると良いのか、祟りはあるのかなどを、今から詳しくひも解いていくので、ぜひお読みください。

     

    水子供養について知っておくべき7つのコト

     



     

    水子とは?


     

    まず、水子について触れておきましょう。

    先ほども言いましたように、神話では、イザナギとイザナミが、不具の子だったため、オノゴロ島から、葦(あし)の舟に乗せて流しています。

    ここから、流産という言葉が生まれています。

    一般的に水子供養というと、胎児を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は、12歳以下で亡くなった子供すべてを指します。

    流れてしまった子供も含め、不慮の事故や病気で、天国へ旅立ってしまった子供さんも、みんな水子と呼びます。

     

    『宿る』ということ


     

    あかちゃんの未来は、宿ったときにすでに決まっているといいます。

    つまり、『天に帰るか』『生まれるか』です。

    不慮の事故で流れてしまったあの子も、あなたの意志で堕ろしたあの子も、すべて『そうなることを理解して』宿ってくれたのです。

    とても、勇気のあることだと思いませんか?

    そこには、あなたの将来に必要な学びがそこにあり、糧(かて)として生きていかねばならない課題が必ずあるのです。

    一瞬でも母になれたことを誇りに思って、水子供養をしてあげましょう。

     

    あかちゃんが望んでいることを理解する


     

    あかちゃんを失うというのは、非常に悲しいことです。

    どんな状況であれ、お母さんにとって子供を失うのは、心臓を引き裂かれるほどの痛みを伴います。

    そして、一生自分を責め続けるのです。

    『あのとき、私が強かったら』
    『もっと、気をつけていればよかった』

    でも、それは違います。

    あかちゃんが望んでいるのは、後悔ではありません。

    魂の進化なのです。

    あなたの学びは、悲しみに耐えることかもしれません。

    命を理解することかもしれません。

    水子供養の大切さを、伝えていくことかもしれません。

    そのことが、あかちゃんの目的なのです。

     

    怨んではいないの?


     

    『この世に出てくるために宿ったのだから、私は怨まれているはず』

    と考える方も、少なくありません。

    でも、よく考えてください。

    あかちゃんに、恨みつらみ、なんて言葉は似合わないですよね?

    それは、この世に生まれた人が持つ感情なのです。

    さきほど、あかちゃんは天に帰ることを前提として、宿ってくれている、と申し上げました。

    純粋なあかちゃんの魂は、普通の人間が持つような感情など、持ち合わせていないのです。

    それは、あなた自身が、自分を責め続けるために作り出しているのです。

    ご自分を責めるのは、水子供養から遠のくこと。

    あかちゃんは、怨んでなんかいませんよ。

     

    体調がすぐれないのは祟り?


     

    子宮の調子が悪くなると『流産・堕胎』のせいかしら、と思い、『水子供養が足りていないからかしら』と、不安になることもあると思います。

    さて、ここで考えてください。

    そもそも、水子供養とはなんでしょうか?

    お葬式もなければ、埋葬もありません。

    生まれていないので、夫の理解を得ることができない人も多く、他人には知られたくない、とお思いの方もたくさんいらっしゃるでしょう。

    つまり、自分の中での『区切り』がつきにくいのです。

    お寺で供養してもらっている方は意外と少なく、供養してもらっても1回きりですから、罪悪感だけが残っているんです。

    その罪悪感から生まれるのが、祟りです。

    産んであげられなかった自分を責めているのです。

    あかちゃんは、純粋な魂ですので、天国へ導かれています。

     

    2人目は生まれ変わり?


     

    ヒンドゥー教や仏教には、輪廻転生という言葉があります。

    死んであの世に行った魂が、この世に何度も生まれ変わってくるという考え方ですが、この生まれ変わりは200~500年ほどかかると言われています。

    ですから、2人目ができても、生まれ変わりではないとお考えください。

    むしろ、そう考えないように、この期間がもうけられているのです。

    もし『生まれ変わりだ』となったら、水子供養はどうなってしまうのでしょう?

    罪悪感から解放されることは、良いことです。

    ですが、逝ってしまった水子にとらわれすぎてはなりません。

    先に逝ってしまった水子は、妹弟ができるのをとても楽しみにしているのです。

    ですから、ヤキモチを妬くなんてことも、ないのです。

    いつも妹や弟のそばにいて、一緒に喜び、楽しみ、悲しみ、怒ったりして、見守ってくれているのです。

    一緒に育っていっているのです。

     

    本当の供養とは?


     

    さて、水子供養についてと題しておきながら、少し路線のはずれたことを書いてきました。

    『本当の水子供養とは何か? 』を考えたとき、1番に思いつくのは、お寺での供養ですよね?

    それは、宗教上の日本の送る形であり、自分のけじめだったりします。

    さきほども触れたように、罪悪感だけが残っている方も多くいらっしゃいます。

    本当の水子供養とは、忘れないこと。そして、とらわれないことです。

    もしあなたが、あかちゃんの立場だったら、どうでしょう?

    あなたを思い、悲しみ、体調不良で寝込んでしまい、私が悪かったんだと責め続けるのをみて、天国に旅立てますか?

    あかちゃんは、あなたに元気でいてほしいのです。

    あかちゃんのことを理解し、自分を高めていくのが、1番の水子供養なのです。

     

    まとめ


     

    いかがだったでしょうか?

    上記を読んで、少し気持ちが楽になったのではないでしょうか?

    その気持ちが、本当の水子供養になるのです。

    お寺で、お経をあげていただくのはもちろんですが、母親がいつまでもうなだれていては、いけません。

    あかちゃんは、あなたに贈り物を置いていってくれました。

    それは『経験』です。

    悲しみを強さに変えた今、あなたは本当の出発点に立ったのです。

    実は、あの世であかちゃんの面倒をみてくださっているのは、お地蔵様です。

    もし、お地蔵さまを見かけたら

    『うちの子が、いつもお世話になっています』

    と、ご挨拶されてみても良いのではないでしょうか?

    あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

    あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。

    当たると評判の占い「神言鑑定」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

    スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

    運命を知りたい・変えたい方は、特別企画『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!



    わせて読みたい