器量とは? 器量を大きくする7つの方法

    器量

    ここで言う器量とは、相手の背景までもを理解し、受け入れることのできる器の大きさ、つまり心の広さや深さの事を言います。この器(心)を大きくするには、どうすればいいのでしょうか?

    ここに7つの方法をあげていきます。是非、取り組めるところから取り組んでみて下さい。

     

    器量とは? 器量を大きくする7つの方法

     



     

    多くの本を読む


     

    本を読むことは、想像力を刺激し、感情を呼び起こし、『疑似体験』することが出来ます。様々な価値観に触れ、感性を磨き、考えるチャンスに溢れています。

    自分の人生だけでなく、こうした本から得る『体験』『考え』はとても貴重なことです。毎日、本を読んだところで、世の中の本のすべてと出逢うことはできません。そう思うと、本との出会いも『縁』なのです。

    自分の人生をより、豊かにする為に、是非、読書習慣を身につけましょう。
     

    何事も『体験・経験する』


     

    器量を大きくする、ということはやはり多くの出来事に冷静に対応でき、受け入れることが出来るようになる、ということです。だとしたら、是非、なんでも経験できることはしておいた方がいいのです。

    興味が出たこと、流行していること、人から頂いたチャンス、なんでもチャレンジしてみましょう。器用貧乏になる必要はありませんが、失敗を恐れずにチャレンジすること、そこから得る様々な経験は、必ず人生を豊かにします。

    なんなら失敗をし、そこを乗り越える、というような経験をした方がいいのです。楽しみながら、けれども真面目に取り組めば、一つの経験から様々な事を得ることが出来きるのです。

    それはつまり、器量を大きくする、ということです。
     

    『器量の大きい人』に触れる


     

    あなたの周りに、器量が大きいな、寛大だな、と思う人が沢山いるでしょうか? 是非、そういう人と出逢いたい! と常々思い続けて下さい。

    そういった想いは沢山の出逢いを引き寄せます。そして、そういった器量の大きい人と出逢えたら、是非、沢山お話しできるよう、接点を持って下さい。

    器量の大きい人は、成長したい! 器量を大きくしたい! と熱意を持っている人に対しておしみなく、様々な事を教えてくれるでしょう。こちらから、沢山お話を聞きたいのだ、というアピールをすることは何も恥ずかしいことではありません。

    是非、尊敬できる器量の大きい人に触れ、出来るところから真似してみて下さい。必ず、自分の器も大きくなるはずなのです。
     

    多くの人の人生に触れる


     

    極力多くの人と、『本音』で話し合える関係を築く努力をしてください。

    人の人生には、『色々』あります。多くの人が、誰かに助けを求め、ヒントを求め、共に支えあって、励ましあって生きていける仲間を探しています。

    あなたがそういう存在になれるように、常々心掛けていると自然と人が集まってくるでしょう。その時点で、あなたの器量は今より確実に大きくなっています。

    積極的に人と話すようにしましょう。相手の人生に触れ、判断せずに、まず事実を聞き入れる。そして共感する。アドバイスを求められれば、個人の意見だけれど、という風に提案する。

    そこに常に『相手をおもいやる心』や『応援する気持ち』そして情熱があれば、あなたの器量は大きくなるしかないのです。
     

    『苦手なあの人』がそうしなければならない理由を考える。


     

    苦手な人の事、自分と価値観が違う人の事までを許し、受け入れられるようになれれば、かなり器量が大きくなっていることでしょう。苦手なあの人が、どうしてそうしなければならないのか、理由を想像してみましょう。想像できうる理由を全部書き出して下さい。

    それらがもし、自分に当てはまっていたとしたら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか? 

    そこで、『仕方ないな』と共感でき、許せてしまえたら、その時点であたたの器量はまた一つ大きくなっています。
     

    執着しない


     

    自分が真剣に生きれば生きるほど、自分の経験から得た価値観や考えが確立し、自信や誇りが出来てきます。ただし、そこでその自分の価値観に執着し始めた途端、視野が狭くなり、相手との距離が出来てしまいます。

    自分の価値観を確立させ、自立し、しっかりと生きていけることは素晴らしいですが、どうぞ相手と自分、という風に分けすぎないように。執着しないように、常に、客観視していく自分も必要になるでしょう。

    そうすれば、相手を受け入れること、もっといえば、相手の本質を見抜き活かしてあげるような何かを提案できるかもしれません。
     

    一人の時間を持つ


     

    器量を大きくしようと、日々取り組んでいると、やはり、気ははってきます。器量が大きくなればなる程、人は寄って来ますから、その責任感に、時に疲れることがあるでしょう。

    様々な人の人生に触れる度、時に混乱し、迷いが出てくることもあるかもしれません。どうぞ、積極的に『一人の時間』を持ちましょう。冷静になり、自分と向き合う時間。そこでリフレッシュすることで、緊張と緩和のバランスをとっていきます。

    上手く、力を抜く時間がとれればまた、人に対して優しく寛大になることが出来るでしょう。それもまた、器量を大きくすることになります。
     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    器量を大きくする、ということは、多くの人に触れることができ、人の人生に触れることになりますから、より自分の人生が深く、豊かになります。

    是非、1日1日を大切に、ここにあげた方法を1つ1つ、どれか行えるところからチャレンジしてみて下さい。きっとそれは、あなたの喜びとなるでしょう。

    あなたの器量がどんどん大きくなり、より人生が楽しく深くなることを願っています。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい