寝ても疲れが取れない原因をまとめました

寝ても疲れが取れない 原因毎日、きちんと睡眠を取っているのに疲れが取れない、なんだか寝起きがスッキリしないなどの経験はありませんか?

そして、その取れない疲れをそのまま放置していませんか?

疲れは、その都度、取り除いていかないと慢性疲労となって、ゆくゆくは、『 病気の原因 』 になる可能性があります。

ある日突然、倒れてしまうなんてことがあるかもしれません。

しっかりと睡眠をとったのに、寝ても疲れが取れないのには、原因があります。その原因を見つけて対策すれば、すっきりした朝を手に入れられます。

7つの原因をまとめてみましたので、自分に当てはまるものがあるか確認してみてください。

 

寝ても疲れが取れない原因をまとめました。

 



 

過度のストレスによる睡眠障害によるもの


 

この現代社会では、自分が考えている以上に、多くのストレスを抱えて生きています。

適度なストレスは、自分を成長させるエッセンスとなるのですが、ストレスが大きすぎてしまうと睡眠にまで影響が出てくるのはご存知ですしょうか。

発散できないストレスがたまり続けてしまうと、不安や不満などの心理的状態が加速し、睡眠障害となって表れることがあります。

入眠できないだけでなく、熟睡できないなどの影響がでてしまうのです。

そのため、過度なストレスをためないために、日頃からストレス発散したり、消化したりできる方法を探しておくことをオススメします。

 

生活習慣の乱れによる変則的な入眠時間によるもの


 

人間は生活リズムを整えると、毎日同じ時間に睡眠したくなる体になるそうです。

つまり、就寝時間を一定に保つことだけで、質の高い睡眠と目覚めのよい起床を手に入れることができます。

つまり、日常的に変則な就寝時間になってしまっている方は、何があっても○時までには寝るようにすると決めてみるのもいいかもしれません。

 

運動不足によるエネルギー過多によるもの


 

現代の多くの社会人が感じていることの一つと言っても過言ではない、「運動不足」は寝不足の原因になります。

人間は体を動かすことによって、肉体的に疲労し、その疲労から効率的に回復ために睡眠のための指令が、脳から下されます。これにより、より深い睡眠が得られるのです。

やはり、運動です。ですが、一概に運動と言いましても過度なものはNGです。

とくに睡眠前には、心も体も休まるような運動=ストレッチ程度で十分だと思います。

 

睡眠時の姿勢が不適切であるための不快感によるもの


 

睡眠時の姿勢を意識したことがありますか。

実は、赤ちゃんなどは睡眠時の姿勢が、眠りに大きく影響しています。

お母さんの胎内にいた時の姿勢の方が赤ちゃんは眠りやすく、安心できるため、一見大人からすると寝苦しそうな姿勢でもぐっすり眠ります。

これは大人も同じ。赤ちゃんの時の姿勢とまでは言いませんが、いつも睡眠でとっている姿勢で寝ることが一番質の高い睡眠をすることができるでしょう。

 

睡眠場所の環境における不快感によるもの


 

これは、「枕が合わない」という人などが当てはまります。

枕だけではありませんが、人には、好みの枕であったり、シーツであったり、羽毛布団や綿布団などがありますので、その好みに合わせた寝具などを選ばないと不快に感じ、眠りが浅くなることもあるようです。

ホテルに泊まった時など眠れない、眠りが浅くて疲れが取れないという方は、これに該当すると思います。

海外遠征をするスポーツ選手などは、疲れを取り除くために寝具を持ち歩く人が多いようです。

 

睡眠時の服装が合わないことに起因するもの


 

これは、パジャマとの相性です。

パジャマは使用しない人もおおいと思いますが、パジャマはやはり寝やすさが追及されているものが多いようです。

冬なら薄手で温かいもの、夏なら通気性がよく、速乾性にすぐれているものなどです。

やはり質の高い睡眠には、睡眠時の服装選びも重要です。

パジャマが合わないと、睡眠を阻害し、寝ているようでも、体が緊張した状態になっている可能性があり、睡眠中であっても疲れてしまうようです。

 

体の状態の異常または病気に起因するもの


 

病気をしている場合や、体に異常がある場合などは、深い睡眠に入れないことが多いようです。

この場合は、その原因である体の状態を健康な状態に戻すことが先決ですので、早目にお医者様に相談しましょう。

子どもは風邪などを引いていると、上手に睡眠を取ることができず、機嫌が悪くなり、さらには大泣きしたりして、さらに眠れなくなったり、すぐに起きてしまうことが多いようです。

 

まとめ


 

寝ても疲れが取れない原因の7つを紹介いたしましたが、いかがでしょうか?

すっきりとした目覚めを得るには、多くの条件があることをご理解いただけましたでしょうか。

普段から疲れが取れない人は、これらの原因がないかどうかチェックしてみてください。

長時間寝ることが疲れを取る方法だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には、睡眠時間よりも睡眠の質を上げることの方が、疲れを効率的に取る近道だと思います。

何より慢性的な疲労は、免疫力を下げ、病気になりやすい体となりますので、十分にお気を付けください。

そして、質の高い睡眠を手に入れて、皆さんが幸せになることを祈念しています。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい