クリスタルスカルでリーディングしてみてわかった6つのコト

    クリスタルスカル

    クリスタルスカルと聞いて、あなたは、どんなイメージを思い浮かべますか?

    水晶でできたドクロなんて、ちょっと不気味で怖い感じがする、私も最初はそうでした。

    しかし、ひょんなことから、このクリスタルスカルリーディングを知り、スカルの謎を知れば知るほど、どうしてもスカルを手に入れたい! と衝動にかられ、この世界に足を踏み入れてしまいました。

    まるで、クリスタルスカルに呼ばれたかのような出会いでした。

    もしかしたら、次はあなたの番かもしれませんよ!

    不思議なクリスタルスカルの世界をご紹介します。

     

    クリスタルスカルでリーディングしてみてわかった6つのコト

     



     

    クリスタルスカルとは?


    クリスタルスカルは、1927年、イギリスの探検家フレデリック・アルバート・ミッチェル・ヘッジスと、彼の養女のアンナが発見したクリスタル・スカルが第1号と呼ばれており、その名はヘッジス・スカルと名付けられました。

    古代マヤのルバアントゥン遺跡から発掘された、と言われているようですが、真相は解明されておらず、謎に包まれています

    クリスタルスカルの伝説ですが、マヤでは13個、世界的には52個あるとされているそうですが、各地にバラバラにされているスカルが一か所に揃った時、何かが起こるのでしょうか?

    想像しただけでもワクワクしますね!

     

    クリスタルスカルリーディングとは?


    スカルの形状ですが、じつは最高の黄金律で作られた形状になっており、その本当の役割は、『情報記憶装置』と言われています。

    クリスタルスカルは、古代に「星の情報を大地に降ろす」目的で作られました。

    そこには、古代からの情報が記憶されており、その情報を現代に伝えるものとして、存在しているのです。

    そして、この情報を詠むことが、クリスタルスカルリーディングなのです。

     

    注目すべき点は?


    瞑想をしたり、ヨガで宇宙と一つになる体験をしたり、カードリーティングで未来予知をしたり、と私たちに気づきを与えてくれるものはたくさんあります。

    その中で、私がクリスタルスカルに注目した理由は「クリスタルである」という部分です。

    私たちは、生を受け、実は120歳くらいまでは生きられる、と言われていますが、さすがに1000年生きる、とかは聞いたことがありませんよね?

    しかし、クリスタルは、何千年、何万年という長い時間、地球の内部で育ってきた結晶です。遥か昔から地球の懐で温められていたものです。

    ですから、地球のさまざまな情報が詰まっていると考えても、おかしくはありません。

    そして、人間が自然の一部であるのと同様に、クリスタルもまた自然の一部です。

    私たちが森の中に生き、自然の中で過ごすとリラックスできるのと同じように、クリスタルにも、その効果があると感じたのです。

    クリスタルは持ち運びのできる大自然であり、私たちに色々なことを語りかけていると感じたのです。

     

    クリスタルスカルリーディングの正体


    私には、とても信頼しているスピリチュアルリーダーの方がいます。

    その方は世界的なUFOコンタクティを師匠としている方なのですが、偶然にその人と知り合うきっかけがありました。

    そして、その方のワークや講演で知ったことに衝撃を受けました。

    スカルには「星の情報」を含めた膨大なデータが入っているというのです。

    そして、もっと驚いたことがありました。

    西暦310年を最後に、星の信仰というものがが失われてしまったらしく、そのため、私達の生活からは精神性が抜かれてしまったそうです。

    クリスタルスカルを用いて情報にアクセスすることは、、その精神性を取り戻すことにつながっていく

    これが、クリスタルリーディングの正体なのです。

     

    クリスタルリーディングをしてわかったこと


    私は、クリスタルリーディングをしてわかったことが6つあります。

    • どのクリスタルスカルもアカシックレコードのような情報を持っているわけではない
    • エネルギーの入り方はスカルによって違う
    • クリスタルスカルは古い膨大な情報から本来の私に戻るための気づきのメッセージを与えてくれる
    • クリスタルスカルの情報はなぜか数字のような閃きがメッセージとしてくることがある
    • クリスタルスカルとお友達になればなるほど、わかりやすいメッセージをキャッチすることができる
    • 実はクリスタルスカルは未来予知はちょっとニガテかもしれない

    では、それぞれ、詳しく説明をしていきます。

     

    どのクリスタルスカルもアカシックレコードのような情報を持っているわけではない


    さっそく、クリスタルリーティング! といきたいところですが、ここで肝心なことが抜けています。

    どのクリスタルスカルでも良い、というわけではないのです。

    もちろん、クリスタルなのでクリスタルとしての情報は持っていますが、情報装置としての役目を果たすには、情報をさらにダウンロードさせることが必要となってきます。

    膨大な情報を持っているスカルを探してきて、そのスカルの情報を別のスカルにダウンロードすることで、リーディングに使えるスカルとなるのです。

    私は、スピリチュアルリーダーである方の力を信じて、この方が集めてきたスカルを信じてみることにしました。

     

    エネルギーの入り方はスカルによって違う


    ワーク参加者に、この日のために用意されたクリスタルスカルが配られました。

    不思議と「この人がこのスカルを選ぶのってなんとなくわかるような気がする」という、その人にぴったりのものが配られていきます。

    実は、すべてがクリスタルではなく、クリスタル以外の天然石のスカルもたくさんあり、ワーク参加者は事前に石を選択しておいて、当日のご対面となるわけです。

    そして、情報がダウンロードされていくのですが、このエネルギーが視える参加者いわく、「クリスタルスカルだけがエネルギーのはいっていく渦が逆回りだった」と教えてくれました。

    それが、私の手元にあるクリスタルスカルなのです。

    もちろん、エネルギーの渦の回転が逆でも問題はなく、情報はダウンロードされています。

     

    クリスタルスカルは、古い膨大な情報から本来の私に戻るための気づきのメッセージを与えてくれる


    ヘミシンクの技法を使って、情報にアクセスしやすくしていきます。

    ヘミシンクの技法を使うと、簡単に脳波がα波になるため、潜在意識にアクセスしやすくなるのです。

    方法としては、自分が目の前にある大きなスクリーンの中に意識を投影させて、そのスクリーンに映っている映像を映画のようにみている自分がいる、という感覚です。

    そのため、何かお題をだした方が解りやすく「一番近い前世の私は? 」みたいに少しだけ具体的にスクリーンに映しだしてね、とスカルにお願いをします。

    最初はなんだかわかりませんが、数人でワークをすると、共通の場所やキーワードがでてきて、ここに集った私たちの意味や意図が解ってきて、本当に不思議な体験をします。

    その中に本当に「心から洗われるようなメッセージ」をみつけることができます。

     

    クリスタルスカルの情報は、なぜか数字のような閃きがメッセージとしてくることがある


    クリスタルスカルが、ちょっと得意としていることがあります。

    具体的に示して欲しい時に、自分の第3の眼(サードアイと呼ばれている部分)と、スカルのサードアイをあてます。

    イメージは、スカルから自分にダウンロードしているイメージです。

    そうすると、最初は何の数字かわかりませんが、年号だったり、今までのスクリーンのメッセージをさらに具体化してくれる数字が多いことに気づきます。

     


    クリスタルスカルとお友達になればなるほど、わかりやすいメッセージをキャッチすることができる


    ためしに「クリスタルスカルに名前はありますか? 」と尋ねたら、ある風景が浮かび、道に電柱があるのに気がつきました。

    そこには「ベリーファーム」へようこそ、という道順を示すような看板が張り付けてありました。

    私のクリスタルスカルは、ガーデンクォーツといってクリスタルで透明な部分と、少し苔がはいっているような濁っている部、そして他の石が層になっていて底の部分が紫になっているのです。

    私は迷わず、このクリスタルスカルを「スカルのベリー」と名付けました。

    ベリーは、手のひらサイズなので持ち運びが簡単にできます。ですから、かばんに入れて一緒に色々なところへ行くようにしていきます。

    こうして、スカルと仲良しになることができるのです。

     

    実はクリスタルスカルは未来予知はちょっとニガテかもしれない


    古代からの叡智、私たちにメッセージをくれるクリスタルスカルと共にリーティングをしていきますが、何かの番号(例えば馬券とか)を教えて下さい、という問いは大外れするかもしれません、というのがワークで聴いた話です。

    おそらくですが、私たちの運命はいくつもの枝葉になっており、その一つをたまたまみているだけで平行している別の現実もあるからだと思います。

    そのため、未来はいくらでもクリエイトすることができ、望む世界を創りだすことができると考えたほうがよさそうです。

    『当てる』というより、たくさんある未来の中から今の私にとって『必要なメッセージ』が含まれているものをみせてくれる、と表現した方がぴったりきます。

     

    まとめ


    精神性が失われている時代だからこそ、必要な時に必要な人や物との出会いがあるように感じます。

    それを、シンクロニシティ(偶然の一致)とするのか、自分が引き寄せたとするのか…

    どの形であれ、私は、たくさんの情報をダウンロードしてもらったスカルと出会うことができました。

    ヒーリングやリーディングという目に見えない世界を信じることによって、異次元の扉を開くこと、それを可能にしてくれるのがクリスタルスカルです

    もし、どこかでピンとくるワークや、クリスタルスカルワークがあったら、迷わず参加してみて下さい。

    世界のどこかに眠っているスカルが、あなたに必要なメッセージを発信しているかもしれません。

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。


    わせて読みたい