知らないでは済まされない。クリスタルチルドレンとは?

    クリスタルチルドレン

    クリスタルチルドレンという言葉を知っていますか?

    クリスタルチルドレンの存在には諸説ありますが、1995年以降に生まれた子供たちの中に存在していると考えられています。日本でいうと、平成7年以降のベビーの中に、クリスタルチルドレンが多く存在していることとなります。

    クリスタルチルドレンは、他の世代とまったく違い、過去生をほとんど持っていないと言われています。

    まさに、ピュアな存在そのもののクリスタルチルドレン。

    その魂の特性は、どんなものなのでしょうか?

    ここではクリスタルチルドレンの特性について、お伝えしたいと思います。



    知らないでは済まされない。クリスタルチルドレンとは?

     

    クリスタルチルドレンは、澄んだ瞳を持つ天使


    クリスタルチルドレンの最大の特徴は、大きく澄んだ瞳です。

    クリスタルチルドレンに見つめられると、まるで吸い込まれるような、魂の奥底まで見透かされているような、そんな心地になると言われています。

    『クリスタル』という単語の持つイメージ通り、クリスタルチルドレンは純粋で、生まれつき高い霊性を持った神聖な存在です。

    クリスタルチルドレンを子供に持つ親は、その子供の存在を『天使』や『愛の存在』と表現します。

    オーラはまるでオパールのような輝き


    クリスタルチルドレンと言われる由来は、そのオーラの輝きにあります。

    インディゴチルドレンのオーラが美しいインディゴであるのと同様に、クリスタルチルドレンのオーラは、パステルかがった美しいオパールのような輝きを持っていると言われています。

    子供のうちから、寛大で、愛情深く、困っている人に自然に手を差し伸べることができるクリスタルチルドレン。

    そのオーラに触れると、それだけで癒されることでしょう。

    クリスタルチルドレンは、テレパシー能力がある


    クリスタルチルドレンの特徴として、テレパシー能力があると言われています。

    赤ちゃんの頃から、言葉に頼らないコミュニケーションを好み、発話が3~4歳になるという報告もあります。

    発話が遅いにもかかわらず、親はテレパシーや身振り手振りなどできちんと子供の意図を感じ取ることができ、日常生活に全く支障をきたさない、そんな『以心伝心』ができるのが、クリスタルチルドレンなのです。

    クリスタルチルドレンは、争いごとを好まない


    クリスタルチルドレンは、愛の存在。

    争いごとを好まず、他人に意地悪や乱暴をされたとしても、仕返しするようなことはありません。

    『どうしてこんなことをするのだろう?』と、まったく理解できないくらい、クリスタルチルドレンの中には『争い』という単語が存在しないのです。

    いつも穏やかで、情緒が安定していて、寛大でおおおらかなクリスタルチルドレン。

    クリスタルチルドレンが持つ魂の特性は、私たちが理想とし、めざしている姿そのものといえるでしょう。

    インディゴチルドレンに続くクリスタルチルドレン


    クリスタルチルドレンのことを書くときに欠かせないのが、インディゴチルドレンの存在です。

    彼らは地球上の間違った慣例や、しくみを壊し、新たな世界を創造する使命を持って生まれた存在なのです。

    クリスタルチルドレンと同様、霊能力を持ち、非常に感受性が高く、重要な使命をもって生まれてきたと言われていますが、穏やかなクリスタルチルドレンと違い、戦士の気質を持っていると言われています。

    クリスタルチルドレンも、インディゴチルドレンも、その感受性の高さゆえに社会生活に適応できず、精神疾患のレッテルを張られてしまうケースが多いことは、とても悲しいことです。

    彼らには、嘘やごまかしは通じません。

    間違っていることを、見て見ぬ振りができないのです。彼らの中には『真実』があり、それに背くことができないのです。

    それを、インディゴ以前の世代は『社会不適合』としてみなし、無理に修正しようとしたり、あろうことか薬物治療を施そうとしたりしているのです。

    彼らの言動のすべては、私たちが新たな進化を迎えるために彼らが持って生まれた使命によるものです。私たちは、それを理解し、社会的な生活をスムーズに行えるようなサポートをしていきたいものです。

    クリスタルチルドレンの子供が、レインボーチルドレンになる


    クリスタルチルドレンと呼ばれる子供の中には、いよいよ成人を迎えるグループが出てきています。

    そのクリスタルチルドレンを両親に持つ子供から、レインボーチルドレンと呼ばれる子供たちが生まれてくるのです。

    レインボーチルドレンは、過去生を全く持たない魂で、人間の持つ神性と、潜在能力を具現化した存在として生まれます。

    彼らは、奉仕の存在と言われ、ただ惜しみなく与えるためだけに生まれ、他人を恐れることを知らない、いわば神の化身です。その子供たちが地球を担っていくことで、私たちの住む世界は、より愛の世界になっていくことでしょう。

    まとめ


    いかがでしたか?

    クリスタルチルドレンについてお伝えしました。

    もしあなたが、自分はクリスタルチルドレンやインディゴチルドレンのように、選ばれた存在ではないなと感じたとしても、そのことを悲観する必要はありません。

    この記事を読まれているあなたは、彼らを理解し、その資質を壊すことなく、見守り、育て、社会生活での困難をサポートし、彼らが使命を全うすることを手助けするという重要な使命があるのです。そして、彼らと関わる上で自分の霊性が高まり、より高次の自分とつながることができるようになるのです。

    さぁ、みなで手を取り合って、より豊かで愛にあふれた世界を創造していきましょう。

    この記事が、少しでもあなたのお役にたつことを祈っています。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい


      コメントをお書き下さい

      1. りり さんのコメント:

        インディゴ、クリスタルを調べていてこちらにたどり着きました。
        この種類の人々は必ず年齢(世代)が決まっているのでしょうか?
        50代や60代でも当てはまる方がいらした場合はどのグループに入るのか教えていただきたいです。
        こちらのブログはとても興味深く、勉強になります。
        ありがとうございます。

        • serendipity さんのコメント:

          りりさん、コメントありがとうございます。

          諸説ありますが、ドリーン・バーチューさんの言葉を借りると、『インディゴチルドレン』は、1977年頃~1994年頃の間に生まれています。
          そして、その上の世代は、『パイオニアインディゴ』と呼ばれています。

          このパイオニアインディゴの役割は、社会に適応しにくいインディゴチルドレンをサポートし、「基礎固め」をすることです。

          りりさんのご質問にある「50代や60代でも当てはまる方」は、おそらく、『パイオニアインディゴ』のグループに入ります。

          この回答が、少しでもお役に立てれば幸いです。

      2. onotsuji さんのコメント:

        クリスタルチルドレンについて、下記のような意見を目にしたのですが、実際いかがでしょうか。

        クリスタルチルドレンっていう謎言葉を調べたら「愛の使者。言葉の発達が遅れるために自閉症と誤診されることもある。次元が高い存在」と書かれており、あー自分の子供が自閉症と信じたくないお母さんたちから搾取するシステムか…と目を覆った

        • serendipity さんのコメント:

          貴方は、どう思うのですか?