会話が続かない悩みを解消する5つ会話術

    会話が続かない『ぼっち症候群』 が若者の間で広まっています。

    他人とコミュニケーションを避ける学生が増えたため、大学の学食に「ぼっち席」が導入されたとか。

    SNSでは雄弁に語れても、直接顔を見ると会話が続かない・・・そんな悩みを持つ人が多くなっている様ですね。

    会話が続かない、という悩みは、要するに『 会話のコツ 』が分からないという事です。

    コツを掴めば誰でもスムーズに会話が進むのです。

    今回は、会話が続かない悩みを解消する会話術についてご紹介しましょう。

     

    会話が続かない悩みを解消する5つの会話術

     



     

    感情を話題にしよう


     

    「疲れた~」
    「めちゃくちゃ眠い」
    「もうやだ」

    一見独り言のような会話をつぶやいてみましょう。

    誰もが「そうだよね」と同調する感情を会話にする事で、すんなり周囲の雰囲気にとけ込めます。

    「俺も」
    「毎日寝不足」
    「どうしたの?」

    と相手との会話が自然に続く、そんな感情を話題にする事で、会話がスムーズに続くようになります。

    最初はネガティブな感情を口にすると、相手の好奇心をくすぐります。

    相手と初対面、またはあまり親しくない場合、会話上級者は、自分の失敗談などを披露することで会話を長続きさせるといいます。覚えておくと良いでしょう。

    「そういえば」を使いこなそう


     

    会話が途切れた時、便利に使い回せるのが 『そういえば』 というワードです。

    「そういえば、昨日○○のテレビ観た?」
    「そういえば、最近あいつ元気ないよね」
    「そういえば、あの企画どうなったのかな?」

    相手との共通の話題を 『そういえば』 のワードを使ってスムーズに引き出してみて下さい。

    その後は「そうだよね」と相手に相づちを打って、しばらく喋らせ、時間をつないで下さい。

    会話は、最初に自分が主導権を握り、徐々に相手にバトンタッチして自分は聞き役にまわる、それがスムーズに会話を運ぶ秘訣です。

    『そういえば』 ワードを上手に使いこなしてみて下さい。

    相手を褒めよう


     

    洋服、顔色、バックや靴、何でもいいのです。相手を褒めてみましょう。

    「今日は顔色いいですね。」
    「そのバッグ可愛い!」
    「それ、似合いますね」

    相手を褒めると、一気に相手との距離が縮まります。相手の警戒心が取れて饒舌になりますから、自然に会話が弾むのです。

    褒められて嫌がる人はあまりいないでしょう。そして、自分を褒めてくれる人は、他人から好かれます。相手を褒める事は、一石二鳥の効果があるのです。

    ぜひ相手を褒める習慣を付けましょう。

    ただし、相手が先輩や上司の場合は気をつけて下さい。

    「ごますり」
    「馴れ馴れしい」
    「おべっか使い」

    などと同僚から陰口を言われるかもしれません。なるべく自分の後輩や部下、同僚を褒める様にして下さい。まわりの空気を読んで、さりげなく褒めましょう。

    もしかしたらあなたのモテ度が上がるかもしれませんよ。

    相手に質問しよう


     

    上司、先輩、得意先など、自分よりも目上の人との会話には、特に、緊張しますよね。ぎこちない雰囲気になりがちです。

    そんな場合は、どんどん相手に質問をしてみましょう。

    「そういえば」ワードの後に

    「○○さんは週末は何をしているんですか?」
    「最近、面白い本がないんですけど、何かおすすめはありませんか?」
    「うまい蕎麦屋って知りませんか?」

    できるだけ相手が答えられそうな話題を振るのがベストです。

    あまりプライベートに立ち入らない、ギリギリのラインで質問してみましょう。

    相手が答えを返してくれれば、ふんふんと、うなずいて聞いていれば良いのです。

    会話が続きそうにない相手と話をする場合、まず相手に喋らせる、それが会話を長続きさせるポイントです。

    やはり、笑顔は鉄板。スマイルを心がけよう


     

    いつもニコニコしている人。なんとなく話しかけやすくありませんか?

    スマイルは世界共通言語です。

    「私はあなたの味方です」を口にださなくても表現出来ます。いつも笑顔を心がけて下さい。それだけで、相手との会話がよりスムーズになるはずです。

    笑顔は、練習が大切。

    自分の笑顔を見る機会は、そんなに多くありません。

    最近は、自撮りが流行しています。ぜひそれを参考にして自分の笑顔の研究して下さい。

    簡単な笑顔の練習方法もありますから参考にしてみましょう。

    笑顔の練習

    ①鏡を用意します。
    ②上の歯を8本見えるまで「イ」の形で口を開いて下さい。
    ③上唇が緩やかなVになるように口角を上げていきましょう。(上唇が平行か、口角が下がっている場合はNGです)
    ④10秒程度そのままキープします。

    1日10セット×2回(朝・夜が理想)を行いましょう。筋肉が発達していきます。1週間毎日練習すると良いですね。

    他人と会話をしない人は、顔の表情筋が固くなり、うまく笑顔が作れない人が多いので、馬鹿にせず、笑顔の練習をしてみましょう。

    あと、毎晩寝る前に笑う事もおすすめです。

    お笑い番組を観る、面白い漫画を読むなど、自分のリラックスタイムを作って下さい。

    笑うと瞳が大きくひらくので、より美人に見えるといいます。女性は特に、笑顔美人を目指して下さい。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    ご紹介した方法は、誰でも簡単に出来るはずです。

    コミュ症は、会話力に自信がないために起こるものです。ちょっとしたコツを覚えてレベルアップしてみましょう。

    会話力がつくと、自分に自信が出てきます。

    すると自然に笑顔が増えて仕事や勉強がはかどるようになっていきます。

    会話力は人生を成功させる秘訣と言っても過言ではありません。

    まずはニコッと笑顔から。

    仕事も友達も恋愛も、まずは会話がないと始まりませんよね。ご紹介した会話術を参考にして、ぜひ頑張ってみて下さい。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい