要領がいい人が必ずやっている7つの行動・条件

    clever

    効率のいい方法を探していますか? 

    要領がいい人というのは、人生を効率よく生きている人のことを言います。人生まじめにコツコツと生きるのも大変素晴らしいことですが、残念ながら時代はなかなか待っていてはくれません。

    ですから人間は、効率よく時間を有意義に使う人がより良く生きられる事が多いです。今回は、要領がいい人になるための方法をお伝えします。

     

    要領がいい人が必ずやっている7つの行動・条件

     



     

    作業効率を考える


     

    皆様は量より質だと思ってはいませんか? 私自身も量をやることは急がば回れの精神でとても尊い行為だとは思うのですが、結果が出るまでは時間が罹ってしまいます。 

    要領がいい人というのは、どんなことに対しても悠々とやっているようには見えませんか? あれは、効率のいい方法をテンポよく行なっているからそう見えるのです。

    ですから要領がいい人になるための方法は、まず作業効率を良くすることを考えることから始まるのです。
     

    できることをやる


     

    テストで難しい問題に頭を悩ませて時間切れという経験をしたことはありませんか? その難しい問題を飛ばして、簡単なことからやって言ったら脳が覚醒して難しい問題がすっと溶けたという経験はありませんか? 

    人というのは難しいことからやり始めようとすると、なかなかやる気を発揮することはできません。要領がいい人というのは、簡単なことからやり始めて、自分のリズムというのを作り始めているのです。

    要領がいい人になるために、自分のできることからはじめてみましょう。
     

    難しく考えない


     

    考えすぎて逆に困ってしまった経験はありませんか? 

    無理難題というのは行うのが難しい事柄であって、頭の中で雁字搦めになっている事柄ではありません。難しく考えすぎて無理難題をさらに難しくしてしまったら、本末転倒になってしまいます。

    要領がいい人の思考法というのは、物事というものを効率よく考えているのです。無理難題といっても自分のできないことばかりではありません。

    とりあえずで自分のできることからやり始めて、無理難題を難題くらいにレベルを下げるのもひとつの手です。
     

    考えない


     

    難しく考える癖を持っていませんか? 

    過去に考えない練習という本が流行りましたが、人間というのは日頃から色々と考え込んでいるものなのです。ふと気がつくと妄想をしていたり、こんなことがあったらいいなと思っているものです。

    要領がいい人というのは、いいタイミングで考えて、いいタイミングでひらめくようにできています。そういう人というのは、ここぞという時に思いつくために、脳にストレスを与えないようにしています。

    イライラとか困ったという負の感情をためすぎないようにしているのです。要領がいい人になれるように、考えない練習をしてみませんか?
     

    量より質


     

    要領がいい人というのは量よりも質の精神を持っています。質のいいものを作るためには、量を鍛錬しなければいけないと思うかもしれません。

    ですが、それは違うのです。考えなしに練習をしても上達しないのと同じように、自分に何が必要で、どんな鍛錬が必要であるのかを考えないと、量をこなしても意味が無いのです。

    まず、要領がいい人になるために、鍛錬の質を上げるようにしましょう。最初は作業量が少なくなると思いますが、慣れていけば今までよりも量がこなせるようになります。
     

    大好きだと思おう


     

    大好きだと思う気持ちは、子どもの無邪気さによく似ています。子どもというのは発明の天才で、大好きで続けていたいと思うことなら様々な方法を開発します。

    それと同じように要領の良い人というのは、物事を大好きになることから始めているのです。要領の良い人になるために必要なのは好意、手にとるのも億劫なことでもすこしずつ好きだと思うようにしてみましょう。そうしたら仕事のペースも上がります。
     

    呼吸と同じように


     

    呼吸をするときに意識をする人はそうそういません。脳自体が意識して呼吸をするように命令しているわけではありません。

    要領のいい人というのは、思考法や技術が呼吸するのと同じように、いい意味で何も考えずに執り行っています。

    要領がいい人は難しく事を考えずに、自分の出来る範囲で無理の無い範囲で行動しています。
     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    要領がいい人になるための方法を考えて行きました。ほとんどは量よりも質の行動をすることのレクチャーになりましたが、質がいいというのは他の人から認められる一つの手段です。

    質のいい仕事というのは、丁寧で真摯で人の心を動かす仕事です。一生懸命に一つのことに頑張って、質も量もこなせるような人になれば、要領がいい人と呼ばれるようになります。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい