心がけで人生が変わる。8つの解決策

    扉

    この記事を読まれているという事は、現状の自分の人生に、なにかしら不満を持っていて、人生を変えたいと思っているのだと思います。

    人生を変えるというと、すごく大きな事のように思いがち。

    なにか特別な事をしなければいけないのではないかと思っているかもしれませんが、実は日々の小さな心がけの積み重ねで、自分の人生が変わるのです。

    あなたの人生が変わる解決策は、日々の心がけ次第。

    心がけと言っても、難しいものではありません。

    誰でもが実践できる人生が変わる心がけ・解決先を紹介します。

     

    心がけで人生がかわる。8つの解決策

     



     

    自分に正直に生きる


    自分の正直な気持ちを優先しましょう。

    まわりからの評価を優先させてしまったり、道徳や社会の常識を優先させてしまうと、自分に正直に生きることができません。

    自分に正直に生きることができないのは、自分の価値観より、他人の価値観を優先させてしまっているからです。

    自分の正直な気持ちを優先しましょう。他人の人生ではなく、自分の人生なのですから。

     

    今、を大切にする


    今、幸せでなければ、過去も未来も幸せに感じる事はできないでしょう。

    過去の不幸な出来事に縛られて、今を幸せに過ごせない。

    将来への不安、心配事を考えて、今を幸せに過ごせない。

    将来の為だからと、今を幸せに過ごせない・・・

    色々な理由で今を幸せに過ごせないでいるかもしれません。

    しかし、今を大切にする事ができなければ、今を幸せに過ごすことも、未来(今の延長線)を幸せに過ごすこともできないでしょう。

    今を大切に生きる事は、非常に重要です。

     

    災いの種は、自分の中にある


    『あなたが外界で見たり経験したりする争い事はすべて、あなたのエゴの投影です。

    本当は、世界は完璧なまでに平和そのものであり、あなたの平和への恐れが、外の世界に投影されているのです。

    あなたは、心の内なる葛藤を解決しようとしているのではなく、それから逃れようとしているだけなのです。

    それゆえ、そのような葛藤や矛盾を相手に投影し、相手が自分を不愉快にさせていると考えるのです。

    他人というのは、無色で白紙の状態ですが、あなたはそれに自分なりの意味付けをして色を塗り、そして、その色や意味合いが、あたかも実際にそうであるかのように、他人に対して振舞うのです。

    そうすれば、他の人々も期待通りの反応をします。まさに自ら望んだような現実になるのです。』

    私の好きな言葉です。

    自分の心がけひとつで、良くない状況を作る事もできますし、最高の状況を作る事もできるのです。

     

    良い食生活をする


    仕事で忙しくて、食べるのは二の次で、昼休みもとらず、気がつけば夕方になっていた。

    社内の自動販売機で、ちょっとしたお菓子を購入して、とりあえず口に入れたり、残業中、甘い缶コーヒーで疲れた自分を癒したり、帰宅途中コンビニによって、弁当売り切れの為、ビールと、つまみになりそうなものを買って帰る。

    そんな経験ないですか?

    心にゆとりがない時に限って、こんな食生活に陥ってしまいがちです。でも、これがかえって、心も体も疲労させてしまっています。

    このような食生活を続けたときに不足しがちなものは、タンパク質と、生野菜になりますが、実はこれが心と体のケアに欠かせない食べものなのです。

    不眠で悩んでいる方もいるかと思いますが、眠るために必要なのが、タンパク質と言われています。そして、このタンパク質は、実は、うつにも関係しています。タンパク質が不足すると、怒りやイライラ、悲しみや落ち込みなどの感情を制御し、バランスをはかってくれる神経伝達物質のセロトニンが不足してしまいます。

    感情がうまくコントロールできなくなると、心にトラブルを抱えやすくなります。

    タンパク質から神経伝達物質を作るには、ビタミンB群をはじめ、さまざまなビタミン、鉄分やなどのミネラルも必要です。

    これらは、肉や魚、大豆製品などのタンパク源に多く含まれるものなので、メインのおかずをしっかり食べれば、摂取する事ができます。良い食生活を送る事は、良い人生を送る事に関係しているのです。

     

    見返りを求めない


    与えるという行為の結果として、何かを期待するのをやめましょう。

    与えれば結果を受け取るというのは普遍的な法則ですが、その時期については、自分がコントロールできるものではありません。

    与えたものに付けていた”ひも”をほどき、これからは付けるのはやめましょう。

    そうすると、きっと素敵な贈り物が届く事でしょう。

     

    自然を感じる


    外に出て、自然の新鮮な空気、太陽のひざし、花の香りを楽しみましょう。

    自然には癒す力があります。

    自然のなかにいると、地球の自然なリズムに波長を合わせられるようになり、心をリフレッシュしてくれるでしょう。

    仕事で机に座りっぱなし、部屋にこもりっきりになっているのなら、外に出て、目を閉じて、思いっきり、深呼吸してみる事をおすすめします。

     

    執着しない


    物事に執着し、思いを断ち切ることができないときは、エゴにとらわれている事が多いです。エゴに執着しているともいえます。

    家、車、服、宝石・・・人には誰しも物欲があります。

    それ自体は決して悪いものではありません。

    ただ、お金や物を所有することばかり考え、物質的な事に、過度に執着してしまう事は、あなたの心を貧しくしてしまいます。

     

    批判しない


    人を批判する時、往々にして、自分を守るために行なっています。

    自分が傷つかないように、他人を傷つけるという行為は本当に必要でしょうか?

    自分が傷つかないように・・・と考える必要はそもそもありません。あなたは、安全です。恐れば恐れるほど、あなたの恐れが現実の状況を生み出していきます。

    人を批判する癖は治しましょう。

     

    まとめ


    いかがでしたでしょうか?

    心がけを変えるだけで、自分の人生をよりよいものに変えていけるのです。

    是非、今日から少しづつで構わないので、実践してみて頂ければと思います。

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。


    わせて読みたい