遅くない。大人が始める頭の良くなる方法8ステップ

    頭の良くなる方法

    毎日忙しくて、頭の回転も良いのか悪いのかわからないぐらい脳を酷使していませんか。それでは、オーバーヒートして病気の誘発も有りうるかもしれません。

    ここでは、大人でも簡単に始められる頭の良くなる方法をいくつかお伝えします。これを知れば脳をいたわりながら、鍛え老化を防げるとあって良いことづくめなのです。

    まだ遅くはありませんので、毎日ゆっくりご自分の頭と向き合って、脳の活性化をするようにいたわってあげましょう。

    頭は眠っている時でも動いている体の一番働き手なのです。一日でも長く元気に働き、更に元気に動いてもらえるよう頭の良くなる方法を是非お試し下さい。



    遅くない。大人が始める頭の良くなる方法8ステップ

     

    自分を知ること


    自分の地位、立場、役割を客観的に見て知ったならば、そこから向上心が生まれるのです。

    何事も完璧にこなせる人はあまりいませんから、自分ができないということを知り、限界を知って、得手不得手を認知することは、未熟な部分の補強にむけての重要なステップになります。自分の限界を知り、プライドを捨て、努力しても出来ないところは人に任せ、得意なことは自分で伸ばしていけばよいのです。

    自分でやったほうが早かったり、何でも手柄を独り占めしたいエゴが強い人の場合は、なかなか人に任せることが出来ない、そこが最大の欠点です。

    できなければ、頼み任せることが一つの柔軟で賢明なやり方で、任せてやってもらうことでその人を育成することにも繋がります。

    頭の良くなる方法の一つには、このように自分の器を知って無理なく、余分な労力を使わず脳にストレスをかけないように、負担を最小限にし頭の回転を上げるのです。

    良質な眠り


    寝る子は育つという言葉のとおり、睡眠によって成長ホルモンの分泌がされ脳にも良い影響があります。

    睡眠時間は6~8時間が理想で、ゴールデンタイムといわれる22時~2時のあいだに深い睡眠をとることで疲労回復の効果が得られ、疲労物質が脳細胞に溜まった状態から回復する効果があります。

    記憶は睡眠中に整理され定着しますが、特にこのゴールデンタイムはより効果が期待できる時間帯なので良質な睡眠こそが頭の良くなる方法といえます。

    ストレスをためない


    ストレスの影響で、脳は萎縮したり、ひどいショックを受けた場合は細胞が死んだりします。ストレスが過剰になってくると、脳はオーバーヒートして、処理能力を超えた多大な情報量の対応ができなくなってしまいます。

    頭の良くなる方法には脳のりラグゼーションは欠かせません。睡眠で疲労回復させて、リセット、リフレッシュしましょう。

    リラックスにはα波を発生させる方法があります。一切外部と遮断して静かな時間を過ごしたり、ヒーリング音楽を聴く、自然の中に浸る、瞑想をするなどでリフレッシュしましょう。

    食事習慣


    頭の良くなる方法のひとつに、栄養の補給があります。食生活が脳の力に大きく影響するのです。

    まず、起きて頭が働かなければブドウ糖を補給しましょう。そして、脳に行き渡る血液をサラサラにするために水分も欠かせません。

    また、神経細胞はアミノ酸によって増えますので意識して摂取します。特に脳に良いのは大豆やバナナで記憶力にはよいとされています。

    睡眠中に消化による負担がかかると脳が休めなくなりますので、眠る3時間前には食物を摂取しないことが重要です。

    記憶する行為の反復


    記憶力をよくする頭の良くなる方法に、脳内にある海馬という部分を鍛える技があります。

    新規の情報は海馬が一時保管しますが、しばらく経つと忘れようとしてしまいます。しかし、繰り返せば覚えてくれるというものです。

    一時の情報というのは大したことがないとして消すのですが、何度も入ってくるモノは命に関わるのでは? と判断して長期保存しようとします。

    ですから、反復で同じ情報を入れてあげることで海馬に錯覚を起こさせて記憶するという方法で記憶力が高まります。

    目の運動


    眼球の運動で視覚から脳を鍛えるという、頭の良くなる方法があります。眼を動かすと前頭葉が活発に動くため脳の力がアップするというものです。

    動体視力を鍛えるためには、通勤途中に電車の車内から看板や駅名をみましょう。休憩には眼を休ませる目的で遠くの景色や自然を見てください。

    また、ボール3個でジャグリングをするというのも効果的です。ほかにもトレーニング方法がありますが、一日15分程度で週に3日以上行うことで効果が発揮できます。

    探究すること


    真理の探究は、たいへん脳に良い影響が及ぼされる頭の良くなる方法の一つです。

    真理とは、人が生きていく上で普遍であり時代を超えても変わらない正しい物事の筋道です。探究するというのは、正しい答えを出していき自分の自我、エゴを正して修正するということです。

    このことが、習慣化され自然におこなえるようになれば考え方は非常に合理的、シンプルになり要らない言い訳はなくなり物事を正しく捉えることができます。従って脳にも必要な情報だけを取り入れるため思考のために使う部分に余裕ができるのです。

    あきらめない


    頭の良くなる方法をいろいろやっても結果が付いてこないという場合でも、諦めないことです。すぐに結果が目に見えて出るものではない上、往々にして自己肯定感が高くない方が多く自分の成長に満足できす、できたことが見えないことが多いのです。

    あきらめないというのは、目標に対し失敗や挫折があってもいろんな手段を考えて試そうという、既にそこであらゆる脳の機能を使っているのです。

    とにかく使い続けること、脳を使い考えることが頭のよくなる方法です。あきらめないという前向きなパワーが脳を活性化させます。

    まとめ


    いかがでしたか?

    頭の良くなる方法にはメンタル面と栄養や運動などがありました。どれも難しくはありませんがコツコツとやって行けば全て結果が出るのです。

    とにかく使わなければ脳は活性化しませんし、衰えていくばかりです。またストレスをためないでゆったりした休息も必要なのです。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「恋愛の未来予言」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい