驚愕の事実!! よくある職場でのいじめを解決する4つの方法

    職場でのいじめ,職場のいじめ大人の世界にも、いじめが存在することをご存知ですか?

    誰でも、人を羨んだり憎んだりする感情を持っており、それが『職場でのいじめ』という形をとって表れてしまうことがあるのです。

    あるいは、単なるストレス発散のためにいじめの標的にする、という状況も存在します。

    いつ自分に降り掛かってくるかわからない『職場でのいじめ』について、認識を深めつつ、解決策を頭に入れておきましょう。

     

    驚愕の事実!! よくある職場でのいじめを解決する4つの方法

     



     

    受け流す


     

    まず、『職場でのいじめ』や『嫌がらせ』と呼ばれるものに対する初期段階の策は、『受け流すこと』と心得ましょう。

    嫌がらせをしたがる人間にとって、一番嬉しい反応は一体何でしょうか。

    ・傷付いた様子を見せる
    ・落ち込みがちになる
    ・元気がなくなる
    ・嫌がらせをする相手に対して気を使う

     

    これらは、職場でのいじめや、嫌がらせ全般を経験すると、必ずと言っていいほど陥る状態です。

    これは『意思が弱いから』『精神的に傷付きやすいから』というわけではなく、相手がそうなるように仕向けているからです。

    逆に、相手が喜ばない反応とは何でしょうか。

    ・平然としている
    ・いつもと変わらず淡々と仕事をこなす
    ・誰に対しても変わらない接し方をする

     

    このように、職場でのいじめの影響が何ら見受けられない様子が、相手にとっては一番おもしろくない状況と言えます。

    そもそも、職場というのは仕事をする場所です。

    価値観の違う人間が大勢集まり、ある目標に向かって動いているのが『組織』というものですから、全員と無理に仲良しでいる必要はありません。

    例えば予備校であれば、『志望校合格』を目標にしているため、通っている学生たちと仲良くする必要は特にありません。

    それと同じように、仕事の目標は、業務を達成し、報酬を得て、自分の心や生活を豊かにすることなので、『職場でのいじめ』をする人に構っている時間は、本来もったいないのです。

    そう考えると、目の前の業務に集中しようという気持ちが湧いてくるでしょう。

     

    やり返さない


     

    『職場でのいじめ』に構っている暇はない、と頭ではわかっていても、私たちは感情を持つ人間です。

    人間関係が良好であるに越したことはありませんし、傷付いたり落ち込んだりするのも当然です。怒りが込み上げたり、やり返したくなる気持ちも出てくるでしょう。

    しかし、そこで一旦冷静になることが重要なのです。

    いじめや嫌がらせをする人は、できるだけ『やり返さない人』を選んでいますが、万が一やり返された時のために、周りをうまく味方につけることも忘れません。

    『職場でのいじめ』に対して、あなたが少しでもやり返すような振る舞いをすると、ここぞとばかりに周囲を巻き込み、倍返しにしてくる、ということを念頭に置いておきます。

    やり返そうと思うパワーを、淡々と仕事をこなすことに注ぎましょう。

    その気力と体力を相手のために使わずに、自分の快適さを作り出すことに使いましょう。

     

    信頼できる人物に相談


     

    もし、『受け流す』『やり返さない』を実践していても、精神的に耐えられなかったり、仕事に支障を来してしまう状況になったら、一人で抱え込まず、信頼できる人物に相談しましょう。

    相談相手はとても重要で、

    ・口の軽い人
    ・いじめ、嫌がらせ、ハラスメントへの認識が甘い人

     

    当然ですが、以上に当てはまるような人物は避けましょう。

    職場の知り合いに限る必要はありませんが、部署異動などの措置をとってもらう必要がある場合は、人事課や『職場でのいじめ』『ハラスメント』などを担当する窓口を利用します。

     

    外部の団体、組織に相談


     

    職場内の窓口に相談するのは気が引ける、という方もいるでしょう。そのような場合は、外部の団体や組織を利用する方法があります。

    ・日本産業カウンセラー協会
    ・労働組合
    ・労働局紛争調整委員会

     

    このような代表的な団体の他にも、各市町村の自治体で『職場でのいじめ』や『ハラスメント』の相談ができる窓口が設置されていることがあります。まずはそこへ相談し、具体的な解決策を練るという段階を踏みましょう。

    団体や組織に相談する時のポイントは、いじめに関するメモや、個人的につけている業務日誌などの記録を提示することです。

    ・いつ
    ・どこで
    ・誰に
    ・なにをされたか
    ・どんな気持ちになったか

     

    これらの項目を、なるべく詳細に記録として残しておくと、相談がスムーズに進みます。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    人間関係の問題は、人生でも大きな悩みの一つです。

    しかし、一人で抱え込んでしまうと、苦しみはどんどん大きくなってしまいます。

    あなたを悩ませる人とは極力関わらない、それが難しいようであれば、我慢せずに解決への道を進みましょう。

    あなたの貴重な時間が、楽しく快適な気分で満たされるように、心から願っています。

    あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

    あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。

    当たると評判の占い「神言鑑定」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

    スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

    運命を知りたい・変えたい方は、特別企画『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!



    わせて読みたい