本当に大切な人が亡くなる前にしておくべき5つのコト

    本当に大切な人

    どうしてなのか、『大切な人を失ってはじめて気付かされること』はたくさんあります。

    「ごめんね」や「ありがとう」

    もっとたくさんちゃんと伝えておけばよかったと後になって後悔してもどうすることもできません。なぜもっとはやくに気付くことができなかったのか、と悔やんでも後の祭りです。

    あなたの本当に大切な人は誰ですか?

    家族、友達、恩師

    大切な人の命は悲しいですが、永遠ではありません。その命の最期は突然やってくるかもしれません。

    あなたは普段から大切な人に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えきれていますか?

    「あのときはごめんね」と素直に謝ることができていますか?

    大好きな人との別れは突然やってきます。

    本当に大切な人と、お別れする前にしておくべき5つのことについてお話させていただきます。

     

    本当に大切な人が亡くなる前にしておくべき5つのコト

     



     

    感謝の気持ちを伝えること。


     

    人と向き合う中で最も大切な言葉かもしれませんね。

    当たり前のことですが、本当に大切な人ですと、距離が近すぎて改まって感謝の気持ちを伝えるというのはあまりないのかもしれません。改まって感謝の気持ちを伝えるなんてこっ恥ずかしい! と思ってしまいます。

    逆に、しょっちゅう感謝の気持ちを伝えるというのも信憑性が薄れてしまうような気もします。感謝の気持ちを伝える、と言う行為は、決して多すぎることにマイナスはありません。

    何度も、何度でも感謝の気持ちを伝えてください。

    いつもそばにいてくれてありがとう。
    いつも私の見方でありがとう。

    改めて「有難う」という言葉を深々と発するとなかなか感慨深い気持ちになります。それほどまでに深くて、愛情を含んでいる言葉なのでしょう。

     

    小まめに連絡をとること


     

    今ではスマホやアプリなどで意図も簡単に連絡をとることが可能です。

    メールやラインをする仲でないのであれば、季節ごとのカードでも良いでしょう。

    内容は何だって良いのです。他愛のない内容で、元気か、と分かればそれで良いのです。最後に連絡を取ったのがいつの日か思い出せないまま、別れてしまうなんてこれ以上にない寂しい気持ちと後悔でいっぱいになります。

    簡単なことですから、思い立った時に連絡をとってください。

     

    思い出をたくさんつくる


     

    思い出とは、どこか遠出をすることや、イベントごとに参加するということばかりではありません。たくさん一緒に笑っておしゃべりをすること、全てが思い出です。

    思い出がたくさんあればあるほど、例え物理的な別れが来てしまっても、心の中で大切な人とつながり続けることができます。なぜなら心の中で、思い出の中では永遠に大切な人が生きているからです。

    思い出をつくるためには、適当な態度やいい加減な気持ちでは、思い出に残らないのです。

    その時々に自分の楽しい、嬉しい、時には怒られて辛いなどの感情を伴ってこそはじめて思い出として心の中に残ります。

    嫌な思い出も含めて(怒られたり、一緒に失敗するなどの)、必ず月日とともに善きものと思えるようになりますので、一緒にたくさんの感情を分かち合って共有してください。

     

    すれ違いや、わだかまりなどを解消する


     

    喧嘩別れしたまま、なんだか関係が悪くなってそのままにしている人はいませんか?

    本当に大切な人だからこそ、きっとそこまで真剣に向かい合った結果でしょう。しかし、喧嘩したままや、関係が希薄になったままではとても後々後悔してしまいます。

    一生会えなくなることを思えば、ごめんなさいや、悪かったなんてとっても簡単なことですよね。

     

    いつでも楽しく全力で!


     

    なんて、おおざっぱな精神論だ、と思われるかもしれませんね。しかし、とてもシンプルで簡単なことです。

    よく「明日が最後だと思って生きなさい」とありますよね。

    明日が最後の日だとすれば、本当にそれでいいのか?と自分に問ながら言葉や行動を選択しなさい、と。

    今回のテーマはあなたの大切な人が亡くなる前に、というテーマですが、逆に考えるとあなた自身もいつ亡くなるかわかりません。

    いつも、いつでも楽しく全力で接することで、上記で上げているようなポイントはすべてクリアできるのではないでしょうか。

    相手に対しても、自分自身も常に「今日が最後かもしれない」と考えることで、きっと今までとの接し方と変わってくるはずです。ネガティブな意味ではありません。

    今日も明日も、一度きりです。

    ですから、大切な人と過ごす時間も一度きりで、とても尊い時間です。一刻も無駄にしないためにも、全力で過ごしましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    最後にあなたに質問です。

    あなたにとって本当に大切な人は世の中に何人いますか?

    本当に大切な人を失って悲しい思いをするのは、残されるあなたです。大切な人も、あなたも生きる今をとても大切にしてください。

    そして、いつやってくるかわからない、突然の別れがきて後悔をしないためにも、あなたの想いや気持ちをこれでもか、と言うほど大切な人に伝えてください。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「恋愛の未来予言」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい