虚言癖ってイタい。周りから見限られる前に直す4つの方法

虚言癖

『虚言癖』という言葉を聞いたことがありますか?

つい自分を誇張するような嘘をついたり、それが癖になって、やめなければと思っていても繰り返してしまう状態です。

病気というほどでもないから、と思っている人もいるかもしれません。

しかし、このような状態が続くと、自分にも他人にも嘘をつき続けることになり、精神面に大きな負担がかかります。

さらに、今まで築き上げた信頼を失ってしまう可能性もあるのです。

そうなる前に、少しずつ『虚言癖』を直していきましょう。今回はその方法をご紹介します。

 

虚言癖ってイタい。周りから見限られる前に直す4つの方法

 



 

自分の欲求をはっきりさせる


 

初めに、嘘をついてしまう原因を探ってみましょう。虚言癖によって語られる話は、自分を誇張したものが多いです。

・凄い人だと思われたい
・尊敬されたい
・注目、関心を集めたい

 

もしかしたら、このような欲求が隠れている可能性があります。さらにその欲求の裏には、『愛されたい』『大事にされたい』という根本的な欲求が隠れています。

『自分を良く見せれば大事にしてもらえる』という思い込みがある、まずその状態を認識しましょう。思い込みを取り除くことが解決への一歩ですが、いきなり取り除くことは難しいので、まずは『自分は無意識にそう思っているんだ』と認識するだけでいいのです。

嘘をつきたくなった時、その思い込みが発動していないか、一瞬立ち止まって考えてみましょう。勢いで嘘をついてしまったとしても、『大事にされたいと思っていないか』と一瞬でも考えたことが、解決への大きな一歩となります。

 

理想像をはっきりさせる


 

次に、嘘によって作り上げた理想像を確認してみます。家庭では嘘をつかないのに、職場では頻繁に嘘をついてしまう場合は、職場ではこういう人物でありたい、という理想があるはずです。もちろん逆のパターンもあるでしょう。例えば、次のような発言をしてしまったとします。

・海外旅行には、何度も行ったことがあるよ
・あの店の料理は、あまり良いとは思えないね
・その会社なら、知り合いがたくさんいるから何とかなるよ

 

では、その裏にはどのような理想像が隠れているのでしょうか。

・海外旅行をたくさんできるくらい金銭的な余裕がある
・見聞が広い
・舌の肥えた食通である
・人脈が広い
・人を動かす力を持っている

 

このように、小さな嘘からあらゆる理想像が見えてきます。

もしその中に、理想とする人物像がなければ、単なる憧れや欲求であって、自分を大事にしてもらうための方便、ということになります。自分が本当になりたいと思っている人物像があるならば、そこへ向けて努力をすることを選びましょう。

嘘の裏にある理想像を把握することで、自分が何を望んでいるのかを明確にしましょう。

 

理想と現実の違いを受け入れる


 

理想への近付き方は3通りあります。

・地道に努力する
・見た目、形から真似てみる
・自分と他人に嘘をついて、なった気になる

 

下にいくにつれ、周囲の評判は落ちていきます。虚言癖の場合は3つ目ということになりますので、まずは1つ上の『見た目、形から真似てみる』に挑戦してみましょう。

人の目は『発言』と『行動』のズレに厳しいものです。

言動の不一致をなくすため、咄嗟に嘘をついてしまった後に、形だけでも実行できそうなものがあれば、実際にやってみましょう。恐らく予想以上の労力が必要になります。

つじつまをあわせたり、言い訳を考えたり、精神的にも金銭的にも相当負担がかかることでしょう。実際に体を動かしてみることで、『嘘をつくことの大変さ』『理想と程遠い自分』を体感できるはずです。繰り返すうちに『嘘をつかない方がよほど楽である』ということに気付くことができます。

理想と現実の違いを体感すると、自暴自棄になったり、自己嫌悪に陥ったりします。直視したくないために嘘でカバーしてきたわけですから、とてもつらいと感じるかもしれません。しかし、その段階を経ることで心の大掃除になり、次のステップに進むことができます。

 

自分を大事にする


 

自分の状態を知り、理想とのギャップも知りました。では、理想への近付き方の王道である『地道に努力する』に進みましょう。

この段階になると『嘘をつくことの大変さ』を、嫌というほどわかっていますから、虚言癖はかなり減っているはずです。しかし、理想へ近付いていないとわかると、再び自分を大きく見せようとしてしまう可能性があります。それを防ぐには、小さな成功を繰り返すことです。

・嘘をつかなかった自分を褒める
・もしついてしまっても、回数が減ったことを褒める
・理想と違う自分でも良い、と何度も言い聞かせる
・少しでも理想に近いことができたら、自分を褒める

 

人から見たら僅かなことですが、自分にとってはとても大きな進歩だと褒めることが重要です。そもそもが『大事にされたい』という隠れた欲求による可能性が高いので、自分だけはとことん自分を大事にしてあげましょう。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

小さな嘘なら問題ない、と思っていても、そのひとつの嘘を守るために、たくさんの嘘をつくことになります。そうなると、他人よりも自分のことで精一杯になってしまいますよね。

信頼とは、得るのに時間のかかるとても大事なものです。小さな嘘で失ってしまう前に、自分の状態を把握することに努めましょう。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい