マズロー5段階の欲求を知り、自己実現を目指そう!!

    マズロー自己実現
    マズローの5段階欲求説は、いわば自己実現論を説いたものという認識は誰もがもっているものでしょう。

    マズローの5段階欲求を知る事は、自己実現のプロセスと最終的に自己実現って何? という疑問を解き明かしてくれるガイドブックになります。

    今回はそんなマズローの5段階欲求を紹介します。

     

    マズロー5段階の欲求を知り、自己実現を目指そう!! 

     



     

    基本、マズローの5段階欲求とは


     

    まずは、基本的なおさらいです。マズローは人間の欲求には5つの階層(本当は6階層)で構成されていて、最初の欲求が満たされると人間は自然と次の欲求を欲していくという考え方を提唱しました。

    これが、マズローの5段階欲求です。ちなみにつの階層とは

    ①生理的欲求・・・生きていく為の基本的な欲求(寝たい・食べたいなど)
    ②安全欲求 ・・・安全に安心な暮らしがしたい(風雨にさらされない家・健康的など)
    ③社会的欲求・・・抗孤独感、社会的安心(集団に所属したり仲間が欲しいなど)
    ④尊厳欲求 ・・・外的認知(他者に認めて欲しい、尊敬されたいなど)
    ⑤自己実現欲求・・自己実現願望(自分の能力を活かし創造的活動をしたいなど)

    の5段階になります。

    マズローは、この5段階よりも上(6つめの階層)を提唱していますが、第6の欲求は第5の自己実現の欲求に組込んで、5段階欲求として世の中では知られています。

    第6段階については後ほど紹介します。
     

    自己実現への原動力とは -5段階欲求を駆け上がる為のエンジン


     

    マズローの欲求は、生理的欲求・安全欲求・社会的欲求(①②③)は外的に充たされたいという欲求群。尊厳欲求・自己実現欲求(④⑤)は内的に充たされたい欲求群と、この2つに区分されます。

    外的欲求にせよ内的欲求にせよ、この5段階の欲求を満たしていく(駆け上がる)為の最大のエンジンは恐怖感からくる危機感や不安感です。

    恐怖感は情動の中で一番強い感情です。この感情から危機的意識や不安への対処という感情が生まれ行動へと繋がっていきます。特に外的に充たされたいという欲求群にはこの傾向が色濃く表れます。
     

    自己実現を阻む最大の矛盾と脱出不意可能な迷宮スパイラル


     

    外的欲求から内的欲求に移行する場合、誰しもが矛盾と戦わなくてはいけません。

    この矛盾との戦い如何によっては尊厳的欲求や自己実現欲求(④⑤)は、例え恐怖感・不安感や危機意識をうまく認識していたとしても、内的欲求追求の動きにブレーキがかかってしまいます。その矛盾は、自己実現の欲求が人間の根底の欲求である生理的欲求や安全の欲求を脅かす可能性から生じています。

    自己実現をする為には人間は変化をしなくてはいけません。その変化は思考的なものに留まらず、生活面(環境面)も変化させる可能性があります。

    そうすると、今まで暮らしてきた(暮せた=安全)安全に暮らせている環境を捨てて、新しい環境に挑むことになります。根底である生理的欲求や安全欲求(①②)を脅かしてまで自己実現欲求(⑤)を追及していくのか? という問いかけを潜在意識に投げかけながら推進していくことが、ブレーキとなったりして自己実現を思ったものと全然違うものに変えていきます。

    そして、人間は尊厳欲求や自己実現欲求(④⑤)を願望に持ちながら決して抜け出せない迷宮のスパイラルに迷い込んでしまい”流されていく”生活を送ってしまう可能性がある。という事を認識しておきましょう。
     

    迷宮のスパイラル脱出の効果的プロセスとは?


     

    欲求追求で生じる矛盾を最小限にして、迷宮スパイラルに陥ることなく自己実現へ繋げる為の効果的プロセスは、明確な目的意識(ゴールの認定)とそれを開始する際の始動にポイントがあります。

    人間は『不安はすぐに解消したい』と考える動物です。それが行動につながるという良い面もあるのですが、同時にドラスティックに変化させてしまおうとする傾向も併せ持っています。

    ですから、目的意識を持つと”それを早急に(不安感から)実現させる”感情から、頑張ってしまうのです。頑張れば頑張る程、矛盾からの風(逆風)当たりは強くなり、迷宮のスパイラルに取り込まれ易くなっていきます。

    頑張るな! とはオカシイ言い回しになりますが、効果的に自己実現させるためには『始動は一定期間ゆっくり』と行う方が結果的にうまくいきます。

    また、一度この様な葛藤を経験すると免疫ができ、やり方も身に付けていくので矛盾からのアプローチがあっても自己実現へのエンジンの方が強くエンジンのかかりが良くなります。
     

    自己実現の先、マズローが言った6段階目の欲求


     

    マズローは、晩年ですが5段階目の欲求階層にさらなる上、6段階目があると言いました。それは『自己超越』という欲求です。

    これは、自己実現を単なる”わがまま”や”エゴ”の追及で成し遂げた価値観と区別するモノだと言われています。自分の欲求を昇華し実現された自己実現が向かう先です。

    見返りも求めず自我を捨てコミュニティーの目的の達成のため”だけ”に遂行していく。それが自己超越なのです。

    自己実現には2つの矛盾ハードルが存在します。(変化⇔変化したくないという矛盾・早く到達したい⇔抑制も大きくなるという矛盾)だから自己実現は難しく、挑み甲斐があるのです。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい