仕事にマンネリを感じた時の8つの打開策

    仕事 マンネリ

    最初は緊張した仕事。
    最初は憧れた仕事。
    最初は楽しくて仕方がなかった憧れの仕事。

    それらが、いつしか「マンネリ化」している。

    刺激が足りない。

    けれども、辞めたいのか? と聞かれると、今更「辞めて」どこで通用するのか?

    わざわざそんなにエネルギーのいることをしたくない。

    などと思ってしまう。

    ただただ「仕事だから」という理由で、マンネリ化している仕事に満足できないでいる自分。

    多くの人が陥っている事態かもしれません。

    ここでは、仕事にマンネリを感じた時の8つの打開策をお伝えします。

     

    仕事にマンネリを感じた時の8つの打開策

     



     

    朝、いつもより30分早く出社する


     

    朝、誰もいない職場で、掃除をしたり、読書をしたり、チャレンジしたいことの勉強したりしてみましょう。

    1日のスタートが新鮮で、充実していれば、職場にいるときの「気分」が変わってきます。この30分は、嫌なこと、ではなく、出来れば「好きなこと」の時間にするのがいいでしょう。その30分、一人だけの30分を楽しみに、出社するようになれると「通勤時間」の気分さえも変わって来ます。

     

    出来たことを視覚化する


     

    どんなに毎日「当たり前」にこなしている仕事でも、最初は難しかったと思います。

    当たり前にこなせるようになり、どうもマンネリ化している。本当は、成長した証なのに。

    今一度、朝に自分のやるべき仕事(それがたとえマンネリ化していても)をリスト化していきましょう。そして終わったら、シールを貼ったり、しるしを付けたりしましょう。

    そうすれば、自分が今、どれだけのことをやってきたのか、目標達成したのか「視覚化」されて楽しくなります。 今の自分に誇りが持てるように。

     

    整理整頓する


     

    自分の机、自分が働く環境の掃除、整理整頓の為の時間をつくってみましょう。

    もう変化してしまったルールの書類、いらなくなった書類など出てくるかもしれません。やってみよう!と企画したものが、途中になったまま放置されているかもしれません。

    いるもの、必要のないもの、もう手放すもの。掃除や整理整頓から、マンネリ化から抜け出す道をみつけるのです。

     

    自分にしか出来ないものは何だろう?と考え「企画書」をつくってみる。


     

    整理整頓をし、心の整理も出来たら、自分にしか出来ないものは何だろう? と考えてみて下さい。

    自分の個性、自分のやりたいこと、そういう「本質」を考えたうえで、できるできないは別として、企画書をつくってみます。

    それを楽しみながら出来るとなおいいでしょう。その企画書の中から、何か自分が向かいたい方向などが見えてくることがあります。

     

    いつもと違う道を通って出勤する


     

    仕事のマンネリ化は、思考のマンネリ化でもあります。

    いつもと違う道を通る、というのも、脳にいつもと違った刺激を与えます。脳にいつもと違った刺激を与えると、違った「ひらめき」が出てくることがあります。また、物事をいつもと違った「視点」からみることが出来るようにもなります。

    そうすれば、「マンネリ化」された仕事の、「違った一面」をみつけることができる可能性が広がるのです。

     

    休みの日はおもいっきり遊ぶ


     

    マンネリ化している時の、「疲れ」は根強いものです。

    必要とされてない感じ、充実感のなさ。 このままずっとこの状態が続くのか? という未来への不安。

    けれども、休日におもいっきり遊ぶことで、気分転換になり、頑張ろう! と思えるかもしれません。

    特に自然に触れることがおすすめです。

    自然は、春夏秋冬、「当たり前」」のように、毎年毎年繰り返します。当たり前のように、芽が出て、実がなり、落ちて土に返り、また芽が出ます。そいういった「当たり前」の背景には、その時々の自然の力が働き、沢山の奇跡の積み重ねだと、わかります。

    そういう「自然」に触れることで、「マンネリ化」した「仕事」の中にも、色んな人の力が関わり、そして、自分の今までの頑張りが、今こうして存在しているのだ、ということに改めて感じれたりするかもしれません。

    感謝の気持ちが生まれれば、マンネリを感じていても、そこに「幸せ」を改めて感じれるようになるでしょう。

     

    1日2つ、「いつもと違うこと」をする。それを1週間続けてみる。


     

    1日の長い時間を過ごす仕事がマンネリ化している、ということは、日常のほとんどが「マンネリ化」ということです。日常に、少しの変化を取り入れましょう。

    小さなことでいいのです。1日2つ「いつもと違うこと」をする、と決めましょう。

    いつも外食だけどお弁当をつくってみる。自分の趣味でもない音楽を聴いてみる。など、1日2つ、一度やったことはやらない。

    そうすれば、1週間で、12個、今までとは違う「変化」を起こすことになるのです。

     

    ドラマや映画・読書で涙を流す


     

    涙を流すことは、ストレス解消になります。

    マンネリ化した中にいると、心が動くことが少なくなります。心を動かしましょう。感動したり、ドキドキしたり、悲しくなったり。そういった心の動きが、人間には必要になります。

    ですから、多くの時間を過ごす「仕事」にマンネリを感じたら、心が鈍っている証拠。

    様々な感動もので、自分の心を動かしましょう。そうすることで、ふと、「当たり前」の日常が輝きだすことがあります。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    マンネリを感じたら、やる気が起きない、というような事態になりがちですが、こんな小さな心がけから、マンネリ化から脱出することが出来るのです。

    あなたの仕事の時間がより楽しいものになることを願っています。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「恋愛の未来予言」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい