キス顔ブスで幻滅される前にチェックすべき5つのポイント

    キス顔

    女性が、見られたら恥ずかしいと感じるのは『寝顔』と『キス顔』だそうです。

    どちらも無防備すぎて、うっかりアラが出てしまうからですが、それでも、せっかくめぐってきたキスのチャンスをむざむざと残念なキス顔で幻滅されたくはありません。

    『いつもは可愛いのに、キス顔だけはちょっとブスなんだよね』と言われないためにも、幻滅される前にキス顔美人になるための手を打ちましょう。

     

    キス顔ブスで幻滅される前にチェックすべき5つのポイント

     



     

    意外と気づかない口臭


     

    せっかく可愛いキス顔をつくっても、近づいた途端にモワッとニオイが漂ってきては、せっかくのキスも台無しです。

    四六時中、キスをする習慣をもつ欧米人は、どんなに好きでも近づくと臭う独特な口臭の『生臭さ』に対して口腔化粧品で対応しているのです。日本ではそれほどメジャーになっていませんが、欧米では口腔湿潤ジェルを持ち歩く人は多いのです。

    2~3日前からニオイのきつい食べ物や飲み物は避け、日ごろから歯垢や歯石除去をしっかりしておくことは最低限のマナーです。また、口内の乾燥は雑菌を繁殖させやすいため、口臭の原因になります。

    唾液が少ない高齢者に口臭が気になる人が多いのはそのせいです。唾液が少ない人は、カテキンが多く入ったお茶をこまめに飲んでおく、もしくはカテキン入り口腔湿潤ジェルを携帯するのもよいでしょう。

     

    キスをがっついてはいけない


     

    けっして欲張っているわけではないのかもしれません。

    ですが、つい、がっついているようなキスになったばかりに、キス顔ブスになってしまっては嫌われ路線まっしぐらです。事実かどうかは別として、『俺はそんなに久しぶりの彼氏なのか?』と思われてはイイ女にはなれません。

    特に、2人にとって最初のキスなのに、『もっと!もっと!』と欲張っては、彼はドン引きです。どうせなら男性から『もっと』とお願いされる女性の方が素敵でしょう。欲望丸出しでがっついても、男性が燃えるわけではないのです。

    今すぐに次のお誘いを入れたくなるような、そんな女性こそ『キス顔美人』なのですから、がっつかず、控えめに、できればキスは8分目程度にしましょう。

     

    体の力を抜く


     

    何度キスをしても緊張するのは当然のことです。ときめく瞬間ですから、つい体に力が入ってしまうのはわかります。しかし、せっかく彼が抱き寄せてくれているのにガチガチになっては『まるで電柱とキスしているみたい』と言われかねません。

    キスは人工呼吸ではありませんから、呼吸が苦しくなるようなものでもありませんし、無理をする必要などないのです。体の力が入ってしまうと顔もこわばり、目をぎゅうぎゅうに瞑って、唇にも余計な力が入ってしまいます。

    彼女の唇は柔らかいと思わせたいなら、キスの直前に少しだけ口をすぼめて唇を尖らせるのも一つの手です。唇を軽く尖らせるだけで肉厚になり、感触のよい唇になります。

    目指す柔らかさは、電柱ではなく抱き枕です。

    さあ、小さく息を吐いて体の力を抜いてからキスに挑みましょう。

     

    キス用に唇をケアする


     

    鏡に自分のキスマークをつけて自己チェックしたことがあるはずです。

    ご自分のキスマークはいかがでした? 平べったくて横長で、アニメや漫画のように可愛らしい形にならないと幻滅するかもしれません。

    しかし、それ以前に唇のケアはしっかりとできていますか?

    キス顔ブスと認定されてしまうかどうかは、キスマークで判断されるのではないのです。触れた時の唇の感触にも大きく左右されます。顔を近づけたら唇がガサガサでショックだった、なんて言われないようにしましょう。

    『キス専用美容液』というものがあるのをご存知ですか?

    キスをする男性の意見を参考につくられたキス専用美容液は、男性が求めるしっとり感を重視してつくられています。ビタミンやローヤルゼリーを配合されているので、ツヤツヤでぷるるんとした弾力のある唇にしてくれます。

    女性がよく使用するグロスにも同様の植物性成分が配合されており、唇をふっくらとボリューミーに仕上げてくれるものがあります。最近はグロスにも『キス用』などおすすめ表示がされているものもありますので、集中ケアもアリです。

    その唇、キス用にケアできていますか?

     

    自撮りでキス顔をチェック


     

    キス顔の自撮りは恥ずかしいですか?

    でもその顔、彼に見せるのならチェックしておく方がよいでしょう。

    彼の視線の角度から自分がどう見えるか、とても気になるはずです。自分の顔は自分で見られないのですから。

    顔の角度によっては、自分の顔が大きく見えるかもしれません。鼻の穴だってすぐそばで見るのです。鼻毛だってもっとカットした方がよいかもしれませんし、鼻の下の産毛も気になります。眉と眉の間のムダ毛もしっかり処理していますか? CMでも彼とのキスで『毛穴が見えちゃう』と叫んでいますが、毛穴が見えるほど近づくのです。けっして他人事ではありません。

    キス顔の自撮りこそ、最高の自己練習です。

    『キスする時、意外とブス顔だよね』などと言わせないためにも、自己チェックを怠ってはいけません。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    恋をしている人もしていない人も、彼がいる人もいない人も、まるで映画のような絵になるキス顔ができれば素敵だと思いませんか?

    それを目指すなら、愛されるキス顔になるための準備が必要です。

    間違っても梅干を食べた時のような酸っぱい顔にならないよう、日ごろからの『キス顔訓練』や『キス顔メンテナンス』を欠かさないようにしましょう。キス顔美人への道のりは、意外と短いですよ。

    ところで、そろそろ本気で婚活する時期が来ているかもしれません。もし気になるなら、こちらを参考に行動してみてください。 >>?本気で婚活するための結婚相談所ランキング【2016年最新版】

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。


    わせて読みたい