身近なもので、集中力を高める9つの方法

集中力を高める方法

ストレス社会で日々闘っている現代人の多くの方が、すぐにイライラしたり、集中力の低下等で仕事の効率が下がり、その事で指摘や注意を受け、ストレスを感じて集中力が続かず仕事の効率が悪くなるばかりです。そんな集中力を高めて、自分の自信にもキャリアアップにもつながり、周囲からも評価される方法はないのでしょうか?

集中力とは、人の持つ力を最大限に発揮する為には必要な事で、”物事に集中できない”、”何かをやっていてもすぐに飽きてしまう”、”頑張らなければならない時に、やる気が起きない”等は殆ど場合が集中力が続かない事や集中できない事が原因です。

逆に”好きな事にすぐ夢中になる”、”一つの事に没頭しやすい”という人は物事に集中しやすく、持っている集中力も非常に高いと言えます。ですが、自分にとっては集中する事ができて飽きずにやれるから『長所』と思っているだけで他人や周囲からは一つの事は出来ても複数の事は出来ないと『短所』に思われがちなのです。

では、どういう状態が望ましく、人から評価され、自分の自信にもつながる集中力を身につければいいのでしょうか? 複数の事を言われても、順番を決め集中力を高めて即座に対応できれば、自分の『短所』を『長所』に変える事だって可能です。

そんな集中力を身近なもので高める方法を9つにまとめました。

 

身近なもので、集中力を高める9つの方法

 



 

白紙に思う事を淡々と書き出す


 

人は自分の思っている事を頭の中で復唱したり、思い描く事は沢山あっても口に出さない人が多いものです。そんな一時的な思いは他の要件や電話等の応対ですぐに消えてしまい、また思い出すのに気力を使い、無駄な時間を費やしてしまいます。

そんな時に思い付いた事や雑念を白紙に淡々と書き出す事で、その時に思い描いた事や思い付いた事を忘れずに済みます。その時に自分のストレスに感じている事を箇条書き等で書き出す事により、言葉に出して相手に言う位の効果があるとされており、ストレス軽減にもつながります。
 

自然の音を聴く


 

現代人の多くは、自然からかけ離れたところで車や工事、空調機器や調理機器などの雑音や騒音の多いところで働いています。その雑音や騒音が耳につき、頭から離れなくなったりする事で”取るもの手につかず”の様に小さなストレスとなり、集中できなくなる事があります。

そんな時、身近にある自然な場所(森林や公園)等の音に暫し耳を傾けてみるのもいいものです。自然の音は耳につく事が少なく、脳が働きにくい『環境音』のなので、リラックス効果があるだけでなく雑音や騒音を聴かない状態を続けることで、普段耳につく雑音や騒音で脳が働きにくくなる作用があるので、集中力を高める事が可能になります。
 

黄色い物を取り入れる


 

黄色いものは気分を高めるのに良いとされており、『カラーセラピー』としてその効果にも注目されています。

デスクワーク等でパソコンや白い書類ばかりの殺風景な場所で働く人にとっては、黄色い物をワンポイントで取り入れる事でいつもの日常に少し目につく黄色が脳にとって良い刺激となり、集中力を高める効果があるとされています。

風水等でも黄色は運気上昇の色とされており、大事な事柄を記入するノートを黄色にしてみたり、書き込むボールペンの柄の色を黄色にしてみる等、黄色の小物を自分の目につく場所に置く事で集中力を高める事ができます。

ただし、黄色が脳にとって良い刺激があるからと周囲を黄色ばかりにしてしまうと集中力を高める事はできなくなり、逆に気分が高揚してしまい、良い効果が得られません。
 

香りを取り入れる


 

人は良い香りや嫌な臭いに敏感で、働く環境等で良い香りがすれば気分も良い物です。そんな事から人にとっての香りのありかたにも注目されており、香りは鼻から吸って脳にダイレクトに効くので、職場に許される限り、香りを取り入れる事で集中力を高める事ができます。

代表的なものはローズマリーとレモングラスでローズマリーは記憶力の増進ともの忘れ予防にも効果があるとされています。

レモングラスは『ドライバーズオイル』とも呼ばれ、疲れを取り除き、運転中の眠気を覚ます効果があるとされており、運転中以外でも脳を覚醒させ、気分をスッキリさせる効果があります。

アロマオイルなどを取り入れて、休憩中等に香りを嗅ぐだけでも集中力を高めることができます。
 

顔を軽く叩く


 

人が何かを始めようとする時に何気に行う”顔をパンパンと軽く叩く”という行動は、実は脳の三叉神経を刺激して集中力を高める効果と脳の働きを活発にする効果があります。

やる気があり、前向きな考えな時はこういう行動をとる人も多いのですが、嫌な仕事や依頼された事が重なり、気が重い時には人はなかなかこういう行動をとりません。そんな時にこそ『よし!やるぞ!』という思いを込めて、顔をパンパンと軽く叩くだけで集中力が高まり、意識的にも脳にも刺激があり、仕事の効率も上げる事ができます。
 

割りばしを噛む


 

人は嫌な事を続けるとストレスで集中力が低下し、逆に楽しい事をしている時は夢中になったりと集中力が高まっているものです。そういう意味から脳は楽しい事をすると集中力を高めるという作用があるので、脳を”楽しい”と勘違いさせると嫌な仕事の時でも集中力を高める事ができます。

その方法が『割りばしを噛む』という行為です。割りばしを割らずに横にしたまま奥歯で噛むようにするとその顔が笑顔を同じになります。そこで脳は口角筋が上がった状態を”笑顔=楽しい”と勘違いして、集中力を高める効果があります。
 

ガムを噛む


 

ガムを噛む事には良い事と悪い事がありますが、噛む事で脳に刺激がいくので集中力と記憶力を高める効果があるとされています。

ただ、日本人の多くの方は仕事中にガムを噛むという行為を良い行為として見ないので、あくまで集中力が切れてしまった休憩時等にガムを噛む事で失った集中力を再び高める事ができます。見た目もあるので、あくまでも休憩時にお勧めします。
 

音楽を聴く


 

自然の音(環境音)を聴く事でもストレス解消と脳にとってのリラックスにもなりますが、そんな環境が身近になくても自然の音に近い効果が得られるのが、好きな音楽を聴く事です。仕事の合間等の休憩時間等に自分の好きな音楽を聴く事で気分が高揚し脳がリフレッシュされ、再び集中する事ができるのです。

聴く音楽として注目されているのはクラシック音楽で歌詞や声が無く、楽器の奏でる心地良い音楽が集中力を高める効果があるとされ、なかでもモーツァルトの曲が良いとの研究もされていて、その心地良いメロディが年齢層を問わず集中力を高める効果があることから幼稚園でも園内のBGMとして取り入れている所も少なくないです。
 

温かい物を摂取する


 

湯呑でお茶を飲むとホッとするように、温かい物を飲んだり、温かい食べ物を食べたりする事は脳や体を落ち着かせる効果があり、集中力を高める効果もあります。

特に夏は頭にクーラーや涼しい所が好まれますが、体が冷えて心地良いのは始めのうちだけで次第に体が冷えてくると脳は体を温めようとする事で知らない間に体力を消費しているのです。それにより集中力が低下してしまいます。

その事からホッと一息つく時には、温かいコーヒーや日本茶を飲む事で体を温めるだけでなく、脳への負担も減るのでリラックス効果と集中力を高める効果があります。
 

まとめ


 

いかがでしたか?

集中力が続かない事は自分自身にも原因がありますが、職場環境にも少なからず原因があります。

多忙な毎日、求められる過大な要求や効率良く仕事が出来ない事への不満など、日本人が抱えるストレスは沢山ありますが、ここで紹介しました身近なもので集中力を高める事が出来る様になれば、仕事の効率が上がるだけでなく、それにより自分の自信につながります。

集中力を高めて色々な事に挑戦してみませんか? きっと今まで以上に出来る事が増えているはずです。

身近なもので、集中力を高める9つの方法。知れば『あっなるほど!』と言うような内容ばかりだと思います。

集中力を高めるのは他人ではなく自分自身なので自分にあったやり方で少し意識して取り組む事で集中力を高める事ができます。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい