【夢占い】海の夢の意味とは?診断8パターン

夢占い 海

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、海の夢が象徴するものとはなんでしょう?

海は生命の源であり、潜在意識の象徴であり、『すべてが始まりすべてが終わる場所』です。

海の中では地上の八倍の生存競争が繰り広げられていて、深海にはまだ人間が見たこともない生き物が生息しています。そして、夜の海には、かつてこの世で生き、死んでいった人々の魂も憩っています。

山の奥で涌いた水が川になり、やがて海に流れ込み、蒸発して雲となって空に浮かび、やがて雨となって地上にふりそそぐ、この偉大な循環を支えているのが『母なる海』です。

そこにすべてがあり、そこですべてが無になる偉大な海を、人間は恐れ、親しみ、船を浮かべて未知の世界へおもむきました。

夢に海が出てきたとき、あなたの心は、いわゆる『あの世』に近づいています。一時的に肉体を離れて、ちょっぴりあの世に足を踏み入れていたのです。

夢の中で、海に接して受け取る感情は、醒めているときに受け取る感情よりも、より直観に優れ、真実に近づき、鋭い洞察をもたらしてくれます。

では、もっと具体的に、夢占いにおける海の意味を分析していきます。

[続きを読む…]