【夢占い】殺される夢の意味とは?診断13パターン

夢占い 殺される

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、殺される夢が象徴するものとはなんでしょう?

普段はあまり考えないのですが、社会において誰かが亡くなること以上にインパクトのあることはありません。

逆に、誰かが生存しているだけで、世の中は常にその人によって変化しています。

人は生きている限り、その体内に宇宙に匹敵する世界を持っていて、その世界が他の人と少しずつ重なり交わり、家庭、学校、社会、国、果ては世界を形成しています。

そして、誰かが死ぬと、ひとつの宇宙が消滅します。もう二度と交わることのない宇宙はひっそりと人の心の中に生きてはいますが、その人の生前と、その人の死後の世界では、絶対的で元に戻れない変化が生じているのです。

夢の中で誰かが誰かに殺されることは、もうひとりのあなたに「絶対的で元に戻れない変化が生じた」ことを示しています。

その変化は見た目には見えないものの、確実に周囲に波及し、事態を前進または後退させます。

『殺される夢』はとくに、今まで自分を縛っていた何かが解けて自由になったり、ずっと受け継がれてきたマイナスの因縁や、スピリチュアル用語でいう「業・カルマ」が消滅する暗示で、事態は根本から好転していくでしょう。

では具体的に、殺される夢はあなたに何を伝えたがっているのでしょうか?

早速詳しく見ていきましょう。

[続きを読む…]