【夢占い】桜の夢の意味とは?診断6パターン

夢占い 桜

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、桜の夢が象徴するものとはなんでしょう?

桜は日本人の美意識にもっとも合致した花です。

日本人の美意識とは、季節の移ろい、儚さ、滅びゆく美、潔さ、諸行無常、諦観など、自然に身を任せて様々なことを感じながらも逆らわず、その時々を精いっぱい生きて散る、といった、いずれ必ず終末を迎えることを前提とした一瞬の輝きを大切にするのです。

もっとも突き詰めた表現をすれば、生きていくうえで、いつも「死」を意識しているということです。

その死生観から見ると、桜は美しく咲いてパッと散る、死や滅びを象徴するものとしてもっとも可憐で美しいものに映るのでしょう。

しかも、花の盛りの時期がわずかしかなく、散りゆくさまは見事で潔くて、昔から「死」を生活の中心に置いている日本人にはとても親しみが持てる花でした。

桜の夢は、とくに日本人が見た場合、あまりいい意味を持ちません。

儚さ、盛りの短さ、諸行無常、散財、そういったマイナスを示すことがほとんどです。

それでもその美しさは称えられるもので、儚い中にも一瞬のまばゆい輝きがあったり、素晴らしい出会いに恵まれたりする暗示である可能性もあります。

では、桜の夢は、具体的にあなたに何を伝えたがっているのでしょうか?

早速詳しく見ていきましょう。

[続きを読む…]