【夢占い】指輪の夢の意味とは?診断8パタ―ン

夢占い 指輪

夢を見ることは、あなたともう一人のあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、指輪の夢が象徴するものとはなんでしょう?

指輪は、人との繋がり、主に異性とのを示すことが大半です。

婚約指輪、結婚指輪を始め、おつきあいしている彼女とのペアリングやプレゼントにも使われます。

どの指に指輪をしているかにもいろいろな意味があり、解釈が広がっていきます。

そして、指輪が誰かとの約束や契約を示すことから、人との約束、拘束を示します。

指輪をはめている夢が、窮屈な現状を示したり、何かに縛られて身動きできなかったり、そんな現状を示していることもあるでしょう。

そしてもう一つ、指輪は貴重な鉱石をその上に乗せて、富を象徴するものとして持つことから、金運、財産、その人自身の価値を示すこともあります。

ダイヤモンド、ルビー、アクアマリン、トルコ石、それぞれが示すものも夢占いの解釈の参考になるでしょう。

あらゆるアクセサリーの中で、指輪は最もいろんな意味を込められたものとして扱われることからも、夢占いでもインパクトのあるものとして扱われるのも当然のことです。

では具体的に、指輪の夢は、何をあなたに伝えたがっているのでしょうか?

早速詳しく見ていきましょう。

[続きを読む…]