【2022年6月14日】ストロベリームーンに恋愛成就のおまじないをしよう!

ストロベリームーン 2018

年に1度見られる「ストロベリームーン」という天体現象、あなたは聞いたことがありますか?

ストロベリームーンとは、満月の数ある呼び名前のなかのひとつ。

ストロベリームーンと呼ばれるときには、満月がほのかに赤みがかってピンク色になります。

毎年6月、2022年は6月14日(火)に見ることができます。

ちなみに、ストロベリームーンは別名『恋を叶えてくれる月』とも言われていて、年に12回しか見れない満月の中でも、もっともロマンチックな意味を持っている満月です。

だから、恋愛成就のおまじないに最適の満月なのです。

昨年、残念ながら見逃してしまって恋愛成就に至らなかった方、2022年こそはこのチャンスをものにしてくださいね!

ストロベリームーンの意味とは

ストロベリームーンとは、年に1度、夏至(6月)に近い日の満月がピンク色に見える天体現象のことです。

しかし、実はストロベリームーンでなくても、月が地平線や水平線に近いときに月が赤みを帯びたり、ピンク色に見えることがあります。それなのに、なぜこの6月に見られる満月だけ「ストロベリームーン」と呼ばれるのでしょうか?

ストロベリームーンの名前の由来は、ネイティブアメリカンにあると言われています。

6月は、アメリカではイチゴの収穫期で、かつ、この時期の月が赤く見えやすいため、「ストロベリームーン」という名がついたそうです。

ちなみに、これを名付けたアルゴンキン族は、4月の満月にも「ピンクムーン」と名付けています。

なお、ヨーロッパでは、6月はイチゴの収穫期ではないため、「ローズムーン」と呼ばれています。こちらもお洒落でロマンチックな雰囲気ですが、日本にはアメリカ式の名称が伝わっているという事ですね。

ストロベリームーンが赤く見える理由

ストロベリームーンが赤く見えるのは、月の高さが関係しています。

月が水平線や地平線などの低い位置にいると、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ原理で、月も赤く見えます。

夏至は太陽がもっとも高く昇りますが、月は反対にとても低い角度で空を巡るため、月が赤く見えやすくなります。

月の色は通常白っぽいですが、これは赤や青など様々な色が混じって全体的に白く見えているからです。

ところが、光は地球の大気を通過する時に散乱してしまい、大気が厚いと光が散乱してしまいます。

地球の周りの大気の厚さはどこでも同じなのですが、地上の私たちから見ると、見る方向によって厚さが違って見えます。つまり、頭の真上が一番薄く、水平方向が厚いのです。

大気が厚いと青や緑の光は散乱しやすく、赤色が一番届きやすいため、地平線や水平線に見える太陽や月が赤く見えるというわけです。

ストロベリームーンはどこで見れる? 方角は?

ストロベリームーンは、日本を含む北半球であればどこでも見ることができます。

高層ビルなどに囲まれたような場所は避け、なるべく見晴らしのいい場所を選ぶと、月が見つけやすいでしょう。

方角は、月の出始める東南方向が目安です。

ストロベリームーンは地平線や水平線に満月がいて赤く見えるというものですので、見る時間帯は月の昇り始め、沈みかけがいいでしょう。

月の高度が上がってしまうと、いつもと同じ色の月になってしまう可能性があります。

2022年、ストロベリームーンはいつ見られる?

ストロベリームーンは、夏至に一番近い日の満月とされています。

2022年の夏至は6月21日で、そこから一番近い日の満月は2022年6月14日火曜日です。この日に見られるのがストロベリームーンという事になります。

つまり、2022年のストロベリームーンは夏至から1週間ほど前という事になります。まだまだ先だなと思った人は、手帳などにメモを取っておいて忘れないようにしましょう。

2022年のストロベリームーンの見ごろの時間は何時?

ストロベリームーンを見るのに最適な時間は、月の出・日の入り時間を調べることで知ることができ、日が沈んでから30分ほど経った後の1,2時間がもっとも見ごろです。

2022年6月14日の満月はピークを迎えるのが20:52です。

そのため、全国的に20:52が見ごろになります。

 日の入り見ごろ
札幌19:1820:52
仙台19:0320:52
東京19:0020:52
横浜19:0020:52
千葉18:5820:52
名古屋19:1020:52
大阪19:1420:52
福岡19:3220:52
鹿児島19:2620:52
沖縄19:2520:52

ストロベリームーンを見ると幸せになれるって本当?

ストロベリームーンを見ると、「幸せになれる」「恋愛運が上がる」「好きな人と結ばれる」「結婚できる」という言い伝えがあります。

そもそも満月自体にパワーがあるのですが、ストロベリームーンにはとくに恋愛成就の効果があるのです。

2022年の6月14日はストロベリームーンを見ながら、ぜひ恋愛効果のあるおまじないをしてみましょう。

ストロベリームーンのおまじないとは?

「ストロベリームーンを好きな人と一緒に見ると結ばれる」

というおまじないがあります。

好きな人がいる人は、ぜひ月の見える場所でのデートを提案してみましょう。

ストロベリームーンを一緒に見るというだけで、とてもロマンチックですし、特別な時間を共有したことにより、親密度が深まる可能性が高いです。告白をしようと思っている人には、まさに打って付けのタイミングではないでしょうか。

すでにカップルであれば、一緒にストロベリームーンを見ると、さらに愛が深まります。

この日に好きな人や恋人と会うことが叶わない人は、好きな人のイメージを思い浮かべながら、ストロベリームーンを見ましょう。好きな人が隣にいることをリアルにイメージするのがコツです。ストロベリームーンの写真を撮ることができれば、好きな人に送るのもいいでしょう。

まだ好きな人に出会っていないという方は、どんな人と出会いたいか想像しながらストロベリームーンを見ると、恋愛運が上がります。理想の恋人をできるだけ詳しく、具体的に思い描いて、一緒にストロベリームーンを見ている様子を想像するのがポイントです。

来年は、実際に一緒にストロベリームーンを見ているかもしれませんね。

とても簡単に実践できるおまじないですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ストロベリームーンに限らず、満月にお願い事をするとその願いは叶いやすいと言われています。

叶えたい願いがある方は、こちらの記事が参考になりますよ。

満月 願い事月のパワーはスゴイ! 満月に願い事をして幸せになる7つの方法

ストロベリームーンを見るのにぴったりなデートスポットは?

ストロベリームーンを見るには、見晴らしのいい場所である事が必須条件です。

ですから、夜景スポットや高層階のレストラン・バーなどがオススメです。観覧車に乗るのもロマンチックですね。

初夏ですので、月が出る方向を目指して海沿いをドライブしてみるなんていうのも気持ちがいいでしょう。

月の昇り始めが赤く見えやすいため、デートの待ち合わせ時間はできるだけ早めに設定することも忘れずに。

夕焼けを鑑賞し、続いてストロベリームーンを一緒に待つのもいいのではないでしょうか。

ストロベリームーンの日に雨が降ってしまったら?

せっかくストロベリームーンを見ようと計画していたデートも、雨が降ってしまったら、残念ながらストロベリームーンは見ることができません。

しかし、デートまで中止にするわけにはいきませんよね?

ですから、雨が降った場合のデートプランも、念のため考えておきましょう。

雨の日のオススメデートスポットはプラネタリウムです。

プラネタリウムなら天候に関係なく満天の星が楽しめて、ロマンチックなデートを実現することができます。

まとめ

ストロベリームーンが見られるのは2022年6月14日火曜日

見ごろは、満月がピークになる20:52です。

好きな人と一緒に見ると結ばれるというロマンチックなストロベリームーン。

2022年はストロベリームーンでおまじないをして、ステキなあの人の恋人になってしまいましょう!

コメントを残す