神は乗り越えられる試練しか与えない!!人生を楽しむ6つのプラス思考

神は乗り越えられる試練しかあたえない

人生を楽しむためには、なぜプラス思考であることが必要なのでしょうか?

楽しいことよりも、辛いことの方が多いのが人生。そして楽なことよりも、試練の方が多いのが人生。自分よりも他人の方が幸せそうに見えてしまうのが人間ですが、人生が試練の連続なのは誰にとっても同じです。

ただ、違ってくるのは、その考え方。

プラス思考で生きている人は、人生が楽しくなりますし、常にマイナス思考な人は、暗い人生になります。神が与えた同じ試練を、プラス思考の人は楽しく乗り越えて行くのに対し、マイナス思考の人は、それを悲劇と捉え、その重さに押しつぶされ暗い人生を送ってしまいます。

神は、乗り越えられる試練しか与えないのです!!

それを信じて、その試練をプラス思考で楽しく乗り越えていくことで、幸せな人生が送れます。

では、そのプラス思考とは、どのような考え方のことを指すのでしょうか?

ここでは実際に6つのプラス思考について解説してみます。

自分の身に起こることは、全て人生を豊かにする経験!

人生の中で自分の身に起こることは、全て自分の人生を豊かにする経験なのだと考えましょう!

人生経験は人を成長させますし、薄っぺらで空っぽの人生なんてつまりません。自分の人生は一度きり。その一度きりの人生の中で起こった全ての出来事は、あなたにしか味わえない貴重な体験なのです。

良い経験も悪い経験も、神が与えてくれた人生を豊かにするための贈り物だとプラス思考で考え、自分自身を成長させるの大切なものとして受け入れていきましょう。

神は乗り越えられる試練しか与えません。

そう信じれば、辛い経験があなたに訪れても大丈夫。乗り越えられます。そしてそんな辛い経験も、後々思い浮かべてみると、微笑ましい、人生の大切な思い出になっていたりもします。

失敗することは、成功に一歩近づくヒントをもらったということ!

失敗のないところに、成功はありません。

人間である以上、失敗するのは当然のこと。その当然のことを受け入れ、自分を責めるのではなく、ポジティブ思考で、許せるようになることが大切です。

失敗してしまったということは、成功に近づくためのヒントを一つ得ることができたということです。また、成功への階段をまた一段登ったということでもあるのです。

神も理由なしに失敗させたりはしません。

成功までの道のりの中では、どうしても避けて通ることのできない、失敗という通過点もあるのです。

努力は必ず報われる日がくる!

努力をしていれば、必ず神はそれを認めてくれ、報われる日が来ます!

目標が大きければ大きい程、また越える壁は高ければ高い程、それに平行して努力もたくさんしなければなりません。時間もかかってくるでしょう。

ただ、こつこつと努力を続けていくということは、報われる日に、その目標達成の日に一歩一歩確実に近づいているということです。

人生、一生懸命頑張っていれば、神が必ずそれに見合った良いことをプレゼントしてくれるようになっています。そのことを信じて、プラス思考でめげずに努力を続けましょう!

どんなに深い夜でも、朝陽は必ずまた昇る!

どんなに真っ暗闇で深い夜でも、次の日の朝には必ず明るい朝陽が昇ります。

曇りの日もあるかもしれません。雨が降っている日もあるかもしれません。しかし、太陽はどんな時でも必ず訪れてくれます。これは条件を問わず、絶対的な事実です。

私たちの人生においても同じこと。どんなに辛い、真っ暗闇の中でも生き延びていけるのは、いつか太陽が必ず昇ってくるからです。

そうでなければ、世の中誰も生きてはいけません。

暗闇は太陽の光をより眩しく感じるための準備段階なのだとプラス思考に考えることで、どんな暗闇もポジティブに乗り越えられるようになりましょう!

神は、永遠の暗闇をあなたに与えたりはしません。

自分は世界にひとりだけの素晴らしい存在。他人と比べることは無意味!

他人と自分を比較することは、マイナス思考につながります。

他人のことは、誰にでも自分よりも賢こそうに、幸せそうに写るもの。でも実際は、そんなことありません。自分が勝手な推測をしてしまっているだけで、みんな大変な思いをして生きています。よって、相手のことをあれこれ想像し、自分と比べる行為はマイナス思考につながるだけで、良いことはありません。

自分は自分。

世界にただ一人の、誰とも比べ物にならない素晴らしい存在です。今まで、どんなに辛いことでも、頑張って乗り越えてきたのです。そんな自分を褒め、自信を持って堂々と生きましょう!

笑いながらいきても、泣きながら生きても一度きりの人生!

常にマイナス思考で泣きながら生きても、またプラス思考で笑いながら生きても、人生はただの一度きり。

そして、その人生の時間は限られており、全ての人に100%の確立で終わりは訪れます。

「もうこれしかない」
「お金をドブに捨てた」
「また怪我をした。自分はとことんついてない」

こんなマイナス思考の連続からなる人生と

「まだこんなにある!」
「自分の勉強の為に良い投資をした」
「生きててよかった」

と、考えるプラス思考の人生。どちらが楽しいかは明らか。

物事の考え方を反転させるだけで、プラス思考な考え方ができ、こんなにも人生が変わってくるのです。

『私に試練しか与えない』 のではなく、『神は乗り越えることで、人生に喜びを与える試練しか与えない』 とプラス思考で考え、一度きりの人生を楽しんで満喫できるようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

人生は、ただ考え方をプラス思考に変えるだけで、その姿をガラリと変えます。

辛いときでも、それは神が自分に与えてくれた、今後の幸せな人生に必要不可欠な試練であるとプラス思考で受け止め、神は乗り越えられる試練しか与えないのだと信じることで、乗り越えていきましょう。

そして、その試練を乗り越えた先には、素晴らしい喜びも待っています。

たった一度きりの人生。プラス思考で、楽しみながら、一歩一歩確実に歩んでいきましょう!

11 COMMENTS

Jim

難病で苦しんでいる人は、あなたが思うよりずっと多いんですよ。
例えばその事についてはどう説明されますか?
現時点では、どう頑張っても乗り越えられない試練だと思うのですが…。

返信する
serendipity

jimさん、コメントありがとうございます。

確かに、jimさんのおっしゃるとおり、難病で苦しみ、最終的に、完治することなく、この世を去られる方も多いと思います。

そういった方々に対して、安易に、『この言葉だけ』を伝えるのは、もはや、バカにしているのも同然でしょう。

ただ、もう一度、記事を読んでいただければ、わかっていただけると思いますが

私が伝えたいことは

『どんな試練も考え方ひとつで変えられる』

という事です。

難病による問題は、医学の進歩や医療費、家族の協力等、闘病者だけでは解決できないことが想像しただけでもあります。

それを、気安く、頑張れば治りますよ、とは口が裂けても言えません。

しかし

そのような環境に置かれて、ただただ悲観的に考えて残された時間を浪費するよりも
考え方をシフトして、このような環境『だからこそ』できること、やれることを見い出し、チャレンジする方がどう考えても楽しいと思えてなりません。

jimさんは、どちらが楽しいですか?

記事の表現の仕方が良くなかった部分があり、思いが正しく伝えられていなかったかもしれません。もしそれが原因で誤解を招いてしまってりましたら、誠に申し訳ございません。

また、コメント頂けると有り難いです。

返信する
ねず

私は重度のアトピー性皮膚炎で去年まで地獄でした。未だ完治はしておりません。しかしツインソウルと出会う事ができ… 一気に良くなりました。 前進できて恐い物がなくなりました♪ もちろん…不治の病と闘われていらっしゃる方もたくさんいると思います。  今日よりも明日。明日よりも明後日。1か月後より1年後。自分は良くなるんだ。輝くんだ。と前向きな気持ちは大事な事だと思います。 

返信する
棟形貴子

人生って、ほんと山あり谷あり、楽もあれば苦もある・・物事の捉え方・感じ方は人それぞれですが、常に悪いことに目が向いたり、自分が被害者意識を持ってしまう・・なぜ、自分は不幸なんだ、後悔、他人との対比、妬み・・それは、やはり考え方の癖だと思いますが、そうは簡単には変えられませんよね。でも、人生誰もがタイムリミット持って生きている。すなわち「死」「人生の終焉」は必ず訪れる。これは事実であり、どうせ生きるならば、物事を広く見ながら、良い方向へ考えられればいいなあと思います。

返信する
プリウス

皆様方の、貴重な意見を、拝謁するにあたり、今迄の、小生が、いかにチッポケか、痛感した次第です。今後の人生いかに、プラス思考、ポジティブキンキングかですね。

返信する
人生終わってほしい

試練を与える神もいらん!越えられないのでもう勘弁してほしい
人生で再起できる人は本当にラッキーだし越えられる人だろう
私は100%無理なひとなので人生を今すぐ終わってほしい
前向きになれる人の思考が本当にわからない
越えられないから命を絶つのに神様とは本当にひどいな
死んで後悔とか良く聞くが、後悔させるような試練だすな!て思うわ
希望者安楽死でなおかつ、臓器提供必勝でも構わない
本当に試練とか要らない・・・・

返信する
ビンちゃん

あなたが辛いとか苦しいと考えているものは、あなたの頭でそうイメージして、大き膨らませている事だと思います。
辛いとか苦しいとか思っていることは実際に存在するものではなく、あなたがそのように思っているだけだと思います。
起こっていることは人それぞれだけど、ほとんど苦しみは人と比べたら、過去の自分の健全な時と比べて、自分の頭の中で起こっているだけだと思います。
同じ出来が事でも捉え方や解釈の違いによって、その人の心境も違うでしょう。
だから、物事に対する捉え方や意味づけを前向きにすること、他の人と比べないこと、人として生きている奇跡に感謝したり、前向きに生きていくための理由づけはいくらでもあると思います。
全ては考え方や行動の習慣がその人の気持ちや気分まで変えられると思います。
最初からそのような考え方はできないと思いますが、時間をかけて前向きな考え方になれるように努力して、習慣化すれば今辛く苦しいと思っている気持ちも楽しく変えられると信じています。
色々な出来事に対して、辛くて苦しいと思っていることは全て頭の中で起こっていることなんです。!

返信する
まさちゃん

強くなければ生きていけない、優しくなければ人間でないと思います。

返信する
あみちゃん

うちは障害の子がいて、うつが二年前から深まり生き地獄の毎日を送っています。
朝起きてから夜寝るまでずっとキシネンリョが耐えずあるんです。子供はきれない、先行き不安、顔も変わり果て声も小さくなり、本当に孤独で孤立しています。日光じんましんや子宮脱もあり、心身共に限界です。ほんと死にたいです。入院もしましたがうつが一向によくなりません。障害の子がいなくなれば、うつがよくなる気がしますがそんなの無理。こんな限界の精神状態なのに、神様はこえられない試練を与えないなんて思えないんです。こんなにつらく苦しみ続けているのに。ほんとその子を産まなければよかったし、私自身産まれなければよかったです。こんなにこの世に生きることがつらすぎるとは。私を産んだ母を恨む気持ちが深まり、私を小学生高学年時代に中学受験に熱心になりすぎて虐待もしてきました。
ほんと、優しい母親、優しいいい子に恵まれたかった。そういう人たちもたくさんいるでしょうに、ほんとなんで私だけこんな目に。
ほんと死にたいです。こんなつらく苦しみ続けているのに乗り越えられる試練なんでしょうか。

返信する

コメントを残す