霊感の強い人の8つの特徴

    霊感の強い人

    霊感が強い。そう聞くだけで、少し怖い印象を持ってしまいますね。

    他の人には見えないモノが視えたり、他の人には聴こえない声が聞こえたり、感じたり、匂ったり、誰もいないのに急に振り返ったり。

    でも『本当に強いのかしら? 』という疑いの目も持ってしまいます。

    私たちには見えないし聞こえないので、視えない世界があるのかなと思いつつも、確認することなんてできません。

    ただ、本当に霊感が強い人が、どんな特徴を持っているのかが分かれば、判断材料になると思いませんか?

    これからお伝えする8つの特徴のうち、3つ以上当てはまったら、あなたの霊感は相当強いかもしれません。

     

    霊感の強い人の8つの特徴

     



     

    すべてお見通し? 目が鋭い人


    大きくても小さくても関係ありません。いわゆる『目力』がある人のことを指します。

    昔から『目は口程に物を言う』と言いますが、霊感が強い人に見つめられると、自分の顔や目を見ているのではなく、内面……特に、悪いところを見透かされているような感覚に陥ることがあります。

    何もしていないし、分かるわけがないと思いつつも、こんなふうに見つめられてしまうと、つい目を逸らしてしまいますよね。

     

    手相で分かる? 霊感が強い人の手とは


    手相に詳しい人なら知ってる人も多いはず。

    手のひらを見てみてください。親指の間接のところを少し曲げると、アーモンド形のしわ『仏眼の相』がありませんか?

    手相の流派にもよりますが、目のような形をしていることから『仏眼(ぶつげん)』と呼ばれています。

    この手相を持つ人は、霊感が強いといわれています。

    人によっては、全部の指間接にある人もいるそうです。

    もし仏眼を持っていながらも『私、霊を視たことがないの』という方がいるならば、もしかしたら、生きてる人と区別がつかないほどハッキリと視えているのかもしれませんよ?

     

    何が見えるの? 話の最中に私の背後をチラチラ


    これは非常に多いですね。『私の後に何かいるの? 』と尋ねたくなるくらい、チラチラ見る人がいます。

    これは、あなたと話をしながら、後ろの霊とも話している可能性が大です。

    霊の声を聴くのは、実は耳から聞こえるのではありません。霊は声帯を持っていないので、言葉を発することができませんよね。

    じゃあ、どこから聴こえるの?

    と考えてしまいますが、不思議なことに、頭の中に直接、声が届くのです。

    人と話をしながら、霊の声も聴くなんて、霊感の強い人は、器用な人が多いのかもしれません。

     

    顔色が悪い、頭痛持ちが多い


    よく、霊は背後にいたり、肩に乗っていると言われますが、霊感の強い人は、自分でも気づかないうちに、霊を引き寄せていると言います。

    頭痛持ちが多いのは、霊がいることによって『気』の流れを滞らせるから。

    『気』は見えないバリアのような役目を果たしています。

    中医学では『気血水』と言い、気が滞ると、血も水も良くない流れになると言います。それにより、血流をも悪化させ、肩凝りや頭痛を引き起こすという、実害を与えてしまうんですね。

    実は、低体温が続くと疲れやすくなり、憑かれやすくなるということがあります。

    これは、霊は体温がないので、体温の低い動物を仲間だと思って近づいて来るのです。

    なので、食べ物を工夫したり、ストレッチなどの適度な運動で体温を上げておくと、頭痛や憑かれるといったことを防ぐことができるかもしれません。

     

    確認しなくても大丈夫。誰からか分かるから。


    電話やメールが来ても、知らんぷり。聞くと「誰からか分かるから、あとでかけなおすよ」とニッコリ。

    もちろん電話の約束をしていたのではありません。

    霊感の強い人は、着信音がなる前にピンとくるのです。

    おそらく誰でも1度くらいは『あ、嫌な内容のメールだな』とか『お母さんだな』など、ピン! と来たことがあるのではないかと思います。

    こんな直感も、実は霊感の一種。

    これは、電話やメールが来るより先に、相手の電話しようかな、という『念』をキャッチしているのです。

    実はこんなときは、インスピレーションがとっても冴えてるとき。

    迷っていることがあるなら、ピン! と来た方を選んで。

     

    バイキングは危険? 周りの『念』に流される


    普段はそんなに食べないけれど、バイキングだとついつい食べ過ぎてしまう、なんて人は多いはず。

    実はこれ、霊感の一種なのです。

    普段、食の細い人が、バイキングでつい欲張ってしまうのは、周りのエネルギーを敏感にキャッチしている証拠。

    食べたくなくても食べてしまうんですね。

    これは『食べるぞ! 』という周りの『気』に流されて、自分の『気』も上がってしまっているんです。

    逆に、お見舞いなど病院に行って、調子が悪くなるのも、周りのエネルギーを吸い取っている証拠です。

    こちらは『気』が下がっているのです。

     

    何もしていないのに、人混みだけで疲れる


    バイキングと同じ原理です。

    満員電車やバーゲンのように、もみくちゃにされると、体力も奪われます。体力が奪われると、霊的ガード『気』も下がります。

    『気』は身を守るバリアのようなものなので、それが弱ってしまうと人からの影響を受けやすくなるのです。

    体力的な疲れは、眠れば回復するのですが、例えば

    • 周りに流されやすい
    • 頼まれると断れない
    • お葬式に行くと異常に疲れる

     

    なども、周りの『気』に敏感な証拠で、霊感が強い人に分類されます。

     

    実は、苦労人が多い? 相談役になりやすい


    本当に霊感の強い人は、人々の悩みに乗るというような『お役目』を持っていると言います。

    しかし、悩みとひと口に言っても人それぞれ。

    お金に苦労する人もいれば、人間関係に苦労する人もいます。家族に裏切られる人もいれば、社会的制裁を受ける人もいます。

    それらの問題にアドバイスができるよう、霊感の強い人は波乱の人生を歩んでいる人も少なくありません。

    しかし、それはいずれ自信に変わります。

    乗り越えられない試練なんてないんだ! ということに気付くからです。

    それに気付くと、今までの苦労や苦手だった人に感謝出来るようになります。

    本当の愛を知っている人は、相談者の気持ちに寄り添い、力強いアドバイスをくれることでしょう。

     

    まとめ


    いかがでしたでしょうか?

    霊感が強いなんて私には縁がない、と思っていた方も、意外に当てはまることが多かったのではないかと思います。

    霊が視える聴こえる、というのが、霊感の強さを表すのではありません。

    すべての人に霊感は備わっており、それが強いか弱いかというのは、得意かそうでないか、ということなのです。

    ぜひ参考にしてみてくださいね。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「恋愛の未来予言」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい


      コメントをお書き下さい

      1. ユミリン さんのコメント:

        私の場合、霊はいる。
        と、小学生頃から、信じていました。
        それは、何故か、小さい時から、何か怖い者がいる
        目に見えない者がいる。
        だから、大きくなって大人になって、霊の声が、聞こえてきだしてから、さほどびっくりはしなかったです。
        もう、肌に突き刺さるほど、ビンビンに感じていたので。
        小さい時は。
        今は、馴染めはしないものの、カミングアウトして、上手く付き合って行くしかないですね。
        何か、質問が、ありましたら、メール下さい。

        • serendipity さんのコメント:

          コメントありがとうございます。上手く付き合っていくという感覚、確かにそのとおりですね。

      2. まり さんのコメント:

        親指に仏眼があるのは気づいていましたが、こちらの記事を拝見して他の指の仏眼も見つけました。
        霊感はなく、むしろ人の気持ちに鈍感なほうです。
        たぶん自分のマイナスな気持ちをブロックして感じないようにしているからでしょう。
        自分を思いやらないから、人にもKYなのです。
        でも、他の苦しみには共感しやすいほうです。特に罪のない動物や子供老人の虐待は耐えきれません。残酷な甘えを持った人には冷酷ともいえるほど同情しません。なぜこんなに冷たくなれるのか自分でもわからないです。

        • serendipity さんのコメント:

          前世にその理由があるかもしれませんね。

      3. ワンコ さんのコメント:

        この記事の根拠は何ですか?

        • serendipity さんのコメント:

          実体験を元にしています。

      4. あい さんのコメント:

        5つ当てはまりました。

        う~ん…どうなんだかよく分かりません。

      5. ちふ さんのコメント:

        霊感があるって確信しました
        ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

      6. ヒデ さんのコメント:

        私は小さい頃 私の亡くなった祖母が違う世界で暗闇の中で十字架に磔にされている夢や 小学校2年生の頃自宅の踊り場で亡くなったはずのお婆ちゃんが いたり…今でもよく霊をみたりします。 最近では私の住む場所から近い場所を通った瞬間に頭の中にそこで起きた事故の映像が映し出されました。 私が思うに 霊感には個人個人 波長があり私の波長にマッチする場合は霊を見る事がわかりました。 あまりこう言う事は他人に話すと頭がおかしい人間だと思うので、余り話はしないです。 人がなくなる瞬間 頭の上から白い煙が上がっていきます。

        • serendipity さんのコメント:

          それは貴重な才能です。ぜひ、良い方向にその才能を活かしてください。その才能があなたにとって大切な人を助けるときがきます。

      7. 川原 さんのコメント:

        私の場合は全て当てはまります。中学生の頃から見える感じる事が多々ありました。今も変わらずです。心霊や不思議体験には事欠かないし、強烈だったのは亡くなった母親が出てきた時です。透けてないし少しだけ粒子が粗かった以外は生きてる時のまま。驚きはせず、あ、慰めに来てくれたというのがわかりました。

        また、学生の時にあったのが、同じクラスの子に頭の中から飛ばすイメージで話しかけたら、その子から反応があり、頭の中にその子の声がダイレクトに響いてきました。そのうちにその子の口も動き出し、隣にいた同級生が不審に思い、「誰と話してるの?」と聞いたら、出てきたのは私の名前・・・。同級生は驚いて私を見ますが、私は離れた場所にいて口は閉じたまま。軽くパニックになってたのでその子との会話は停止。
        ちょっと冷や汗モノでした。

        他の同級生と試してみたのは、アルバムに載っている300人の中から1人イメージしてみて!→同級生に手で触れる→1人の女子の腰から頭までが見えた→◎◎さんでしょ?→お前、何でわかるの??

        近頃は職場の特定の人がいる場所がレーダーのように、あ、ここら辺にいるなって感じるんですよね。視界に入る入らない関係無く、しかも毎日何度でも(汗) 行ってみると・・・また居た‼っていう状況です。

        悪いモノの影響を避けたいのもあって、普段はシャッターをおろすようにはしてはますが、最近は自分の中から溢れてだだ漏れしてる感覚です。額のところに穴が開いて、いろいろ入って来てる感覚も。
        ふと自分の方に意識を向けると、また人間として生まれてくるのもいいかなっていう内なる声が出てきてます。と同時に、果たすべきお務めがまだまだ山積みという感覚?みたいなのも・・・。

        不思議なものですねぇ。

      8. さとやん さんのコメント:

        いつも、自分を否定する感じの知らない方が、吸い寄せられるように、どこにいても、寄って来ます。私からは、なんとも興味ない方が。
         同居の姑も、いつも、気を吸いとられてる感じで、自分の中のプラス思考が死んでます。

         上手にあきらめても、悲しくなります。
        嫌われる事を怖れず、深い呼吸だけはしたいといつも思ってます。
         関西に生まれ、関東では、なかなか馴染めない時間だけが、経ってます。