毎日がつまらないと感じるあなたに。閉塞感を打開する7つの方法

    閉塞感

    日常をどのように過ごしていますか? 平穏無事に過ごしているというアナタ。最近ドキドキや興奮するような事態に遭遇はしていませんか?

    閉塞感というのは、毎日がつまらないと思ってしまうからこそ感じてしまうのですが、そのつまらなさを打開するためには挑戦や試練を乗り越えて行かなければいけません。

    今回はその方法をご紹介いたします。

     

    毎日がつまらないと感じるあなたに。閉塞感を打開する7つの方法

     



     

    閉塞感を打開する方法1 閉塞感を打開しよう


     

    閉塞感を打開しましょう。そのためには、日々と違う行動をするべきです。

    遠出をしてみたり、長距離路線バスに乗ってみたり。長距離夜行高速バスに乗ってみたり。遠くに行くという行為は閉塞感を打開するに持って来いの行為です。

    なにもすばらしい自然の中や、良い温泉に浸からずとも構わないのです。朝起きた時の景色が普段とは違うというだけですごくワクワクするんですよ。

    ですから、たまには少し違ったところに遠出などをしてみて、違う朝日を見つめるというのも乙なものです。

     

    閉塞感を打開する方法2 興奮しよう


     

    閉塞感を打開するためには興奮するのも一つの手です。興奮というのはスリル感や手に汗握る展開の映画を見てみたり、自分の好きなものをとことん追求している職人を眺めてみたりすることです。

    ネット上には何かにこだわりを持っている人や、動画ですごい技を公開しているパフォーマーの方もいっぱいいるので、海外で言葉がよくわからないからとか、自分には興味ないことだからと理由付けをせずに、知らない世界を眺めて見ることがとても大事なことになります。

    閉塞感というのはマンネリズムです。

     

    閉塞感を打開する方法3 ワクワク感を持とう


     

    最近ワクワクしていますか。子どものようなあの気持ちは閉塞感を打開するのに打ってつけの行為なのです。

    私も最近と映画を見て、すごくワクワク感を持ちました。メカニックや自然の描写、そして恋愛。たくさんのドキドキが詰め込まれた映画でした。

    なので、特に興味ないジャンルの映画だからとか、枠を狭めずに色々なジャンルの映画を眺めてみるのも一つの手です。大きなスクリーンで大迫力の映像を見ると閉塞感もぶっ飛びます。

     

    閉塞感を打開する方法4 知らないところに行こう


     

    知らないところに行くというのはとても気分の良い行為なんです。ご存知でしたでしょうか。旅番組がよく放送されていますが、あのレポーターの方々と同じように、畳のいい臭がするとか、お料理がすごく美味しいとか体験するとストレスもぶっ飛びます。

    ストレスというのは内臓にすごく悪い影響を与えるので、結果日々だるい、何もする気がしないという閉塞感に繋がってしまうんです。

    子供の頃のように夕日が沈むまで遊んだ思い出を思い出すように、まったく知らないところに前情報も得ずに向かうのもいいかもしれません。

     

    閉塞感を打開する方法5 気持ちで負けない


     

    閉塞感というのは諦めの境地に進んでしまっています。諦めというのは色々な原因があります。

    疲労で、身体に不調を感じてしまっていることも悪影響をもたらしています。そして、その結果、気持ちの面でも弱ってしまって、やっても無駄と思ってしまいます。

    ですから閉塞感を打開するには子どものような気持ちを持つことが大事です。

    楽しそうな人というのは、子どものような笑顔をしているとは思いませんか? そういう方々を見習って自分も子どものような笑顔が自然とこぼれるような趣味を見つけられたら素敵ですね。

     

    閉塞感を打開する方法6 知らない世界に興味を持つ


     

    閉塞感というのはマンネリズムと説明しました。同じ世界観で同じ出来事ばかりを体験しているから、なにかいい事はないかなとか、新しいことをやってみたいなと思うようになります。

    ですが、同じ事ばかりやっていてもなかなか新しい視点を見つけられないというのが事実です。

    ですから、他の人が楽しいと思うことをやってみる、趣味に付き合ってみるという行為をしてみましょう。

    思いがけぬ発見をして閉塞感が打開できるかもしれません。

     

    閉塞感を打開する方法7 始めるときに年齢は関係ない


     

    閉塞感は年齢を追うにおいて段々と深みにはまっていきます。子どもの時の気持ちを思い出せなくなるようになってくるからです。ですから思い切って、子どもの中に混ざってみましょう。

    ラジオ体操に付き合ってみたり、子ども向けのイベントに大人一人で混じってみたり。すごく楽しそうにしている子どもを見ていると、自分もまだまだいけるんじゃないかという気持ちになります。

    始めるときに年齢は関係ないのです。子どもになったつもりで挑戦をしてみましょう。

     

    まとめ


     

    いかがだったでしょうか。

    閉塞感を打開するための方法をご紹介しましたが、大切なのは子供の頃に感じた気持ちをいつまでも保つことです。

    子供の頃というのはもっと楽しくしよう、もっと上手になろうという向上心も絶えず持っています。

    向上心というのは閉塞感の打開に一番必要な行為となりうるのです。ですから、自分はもう大人なのだという思い込みを捨てて、子どもに学ぶという行為が大事なのです。

    あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

    あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。

    当たると評判の占い「神言鑑定」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

    スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

    運命を知りたい・変えたい方は、特別企画『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!



    わせて読みたい


      コメントをお書き下さい

      1. 中央医療学園 さんのコメント:

        サイトのタイトルどおり?ふとした偶然でこちらに訪問させていただきました!!
        本校のブログにて紹介させていただきます!!!
        これからも面白い記事期待しております!!

        • serendipity さんのコメント:

          中央医療学園さん

          ありがとうございます。
          読者の方にとって、役に立ったり、面白いと思って頂けるような記事を掲載していきたいと思います。