3000年以上の歴史をもつ易占いとは?

    易占い

    あなたは易占いの成り立ちや、内容をご存知ですか?

    易占いと聞くと、お箸のようなたくさんの棒をジャラジャラしている、白ひげの易者さんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

    ちょっと興味を持って調べてみても、漢字と不思議な記号の羅列でチンプンカンプン

    『もういいや! 』という人もいらっしゃるでしょう。

    今回は『易占い』について、できるだけわかりやすく、7つに分けてお伝えいたします。

     

    3000年以上の歴史をもつ易占いとは?

     



     

    易占いの特徴


     

    易(えき)は、中国で生まれた占いで、その発祥は5000年以上前にまでさかのぼり、『易経(えききょう)』として完成したのも3000年以上前のお話です。

    星占いやタロット占いとちがい、少しなじみが薄い易占いですが、その歴史は壮大で、最も古い占いの手法であり、学問であると言えます。

    易が他の占いと違うのは、あらゆる事象や現象から導かれた統計学であるがゆえに、どのような問題でも占えるということ。

    生年月日なども必要ありません。

    相談内容にたいして、絶対的な否定はせず、どのようにしたら良いかを示してくれるのですが、その『卦(け)※占いの答え』の判断は、あなた自身(もしくは占術者)が、今の状況と照らし合わせて、想像力を働かせながら、読みとかなければならないのです。

     

    易占いの歴史


     

    前項でも少しふれましたが、易は、中国でできた占いで、その始めは、中国の殷(いん)の時代(前1700年~前1122年)にさかのぼります。

    殷の遺跡から、焼かれてひび割れた亀の甲羅がたくさん出土されているのですが、その甲羅のひび割れの形で吉凶を占ったものが、占い自体の始まりではないかと言われています。

    そこから、陰陽や五行の思想をからめ、整理されて、現在の『易経』に完成されたのは、周(しゅう)の時代(前1100年~前770年)に入ってからのことです。

    これだけ聞くと漠然と『古くからある占い』という感じがしますが、『易経』の完成された時期を、日本の歴史と照らし合わせてみると、縄文時代晩期にあたるのです。

    日本にまだ国というものも無く、狩猟をし、洞穴や竪穴式住居で暮らしていた頃に、すでに完成されていたと考えると、一気に現実味をおびて、信ぴょう性も高まりませんか?

     

    易占いでの陰陽のあらわし方


     

    易占いは、算木(さんぎ)の符号で陰陽をあらわします。

    陰陽についてはこの後お伝えしますが、まずは符号を覚えておいてください。

    簡単です。

    一本の切れていない算木『 ― 』が、陽
    一本の切れている算木『 - - 』が、陰

    これだけです。

    この符号は爻(こう)と呼び、易の本や、易をモチーフにしたグッズなどに描かれている、、『 ☱ 』や『 ☲ 』などの模様は、八卦という陰と陽の組み合わせを、爻で表したものになります。

    この八卦についても、後ほどお伝えします。

     

    太極と陰陽


     

    易占いの根底にあるのは、『太極(万物の根源)』で、世の中の全ては『陰と陽』から成り立っているという、陰陽思想です。

    言葉だけで思想と言うと重い感じがしてしまいますので、目で見てわかる太極陰陽図でご説明します。

    『陰陽太極図(いんようたいきょくず)』

    陰陽太極図

    グッズや服のデザインとしても、よく使用されているので、どこかで目にしたことがあるのではないでしょうか?

    この図は、陰陽の象徴で、極めて大きなすべての根源、要するに、この世界全部であり、その中には、相互対立する陰と陽があることをあらわしています。

    外側の大きな円が太極、円の中の白が陽、黒が陰となります。

    陰と陽それぞれの中には、さらに小さな円で陰と陽が存在しています。

    では、相互対立する陰陽とは何でしょうか?

    身近なところで言うならば、表と裏、男と女、昼と夜、夏と冬、火と水、天と地、太陽と月などです。

    すべての事象や現象が、この陰陽から成り立っているという考え方なので、あげればきりがありません。

    そして、この大きく2つに分けた陰陽は、場所や位置、時間によって変化をします。

    先ほどの太極陰陽図の大きな円が、右回りにグルグルと回転していると考えてください。

    あなたがいる位置によって、陰と陽が大きくなったり、小さくなったりしますよね。

    人の成長で考えるならば、生まれたときは『親と子』の関係から子は陰であり、『男と女』の関係から、男性は陽であり、女性は陰となります。

    大人になって結婚し、親になると、今度は子に対して、陽へと変化をします。

    少し難解ですが、この考え方こそが、易の基本となるのです。

     

    陰陽から四象、そして八卦へ


     

    先ほどの説明で、易占いの根底にある陰陽に関して、何となくご理解いただけたかと思います。

    しかし、易占いをするには、陰陽から四象(ししょう)に別れ、そこから更に八卦(はっけ)、六十四卦(ろくじゅうよんか)へと進まなければなりません。

    四象とは、太極陰陽図の中で見るところの小さな円を含めた考え方です。

    陽の中には陰があり、陰の中には陽があるという部分です。

    人で例えるならば、

    陽の陽(太陽) = 男性的な男性
    陽の陰(少陰) = 女性的な男性
    陰の陽(少陽) = 男性的な女性
    陰の陰(太陰) = 女性的な女性

    となります。

    要するに、陰陽が二つ組み合わさった状態、それが四象なのです。

    ここまで説明すると、八卦についてもピンとくる人がいるのではないでしょうか?

    そう、八卦とは、四象それぞれに対し、更に陰陽を加えたものになります。

    図にするとこうなります。

    太極八卦

    この八卦こそ、易が説く、この世の森羅万象の基本となる、

    天 = 陽・陽・陽 = 乾(けん)
    沢 = 陰・陽・陽 = 兌(だ)
    火 = 陽・陰・陽 = 離(り)
    雷 = 陰・陰・陽 = 震(しん)
    風 = 陽・陽・陰 = 巽(そん)
    水 = 陰・陽・陰 = 坎(かん)
    山 = 陽・陰・陰 = 艮(ごん)
    地 = 陰・陰・陰 = 坤(こん)

    の八種になるのです。

     

    八卦から六十四卦へ


     

    最初は陰と陽の二種類で、すべてをあらわすことができる、と考えられていた陰陽思想。

    ですが、その二種類だけではあまりにも広く、曖昧すぎるものでした。

    そして、四象から八卦までになり、やっとある程度の『卦』が、具体的に示されるようになりました。

    しかし、世の中の事象や現象は、基礎となる八卦のみでは、とてもあらわしきれないと考えるようになりました。

    そこで、古代中国の賢人たちは、八卦と八卦を重ねて、六十四の卦をつくり、大成六十四卦(たいせいろくじゅうよんか)を完成させました。

    六十四それぞれの卦に意味があり、すべてを爻(こう)であらわすとこのようになります。

    六十四卦

    八卦と八卦を重ねているので、一つの卦は、6本の爻から成り立っていることがわかります。

    一番下から、初爻(しょこう)、二爻(にこう)、三爻(さんこう)、四爻(よんこう)、五爻(ごこう)、一番上は上爻(じょうこう)と言い、下3本の八卦を内卦(ないか)、上3本の八卦を外卦(がいか)と言います。

    この上下に重なった、八卦同士の組み合わせである、六十四卦から導き出された『卦』の意味を読み取るのが、易占いなのです。

     

    占い方とその道具


     

    街やテレビで見かける、筮竹(ぜいちく)を使用した占い方には、本筮法、中筮法、略筮法の3種類があります。

    正式に占う場合は、筮竹(ぜいちく)、算木(さんぎ)、筮筒(ぜいとう)、掛肋器(けろくき)の4つの道具が必要になります。

    筮竹は、卦を立てる時に使用する、50本の細い竹の棒です。この筮竹をさばいて、数を出して占います。

    算木は、陰陽の印や八卦が表示された、四角い板です。筮竹で出した数を、八卦に当てはめて表示するために使用します。

    筮筒は、筮竹をまとめて置くために使用します。

    掛肋器は、数えた筮竹を掛けておくためのものです。

    これらを使用した易占いは、大変時間と手間がかかるので、しっかりと易を勉強した易者さんが行う占術となります。

    では、あなたが簡単におこなえる、易占いの方法はないのでしょうか?

    あります!

    易占いで大切なことは、占いの形式ではありません。

    ・同じ内容の占いを何度も繰り返さない
    ・占いたいと思ったときを逃さない
    ・寿命や色事を語らない

    この3つを守り、出た『卦』を真摯に受け止め、正しい解釈をすれば良いのです。

    方法としては、コインやサイコロなど、陰陽さえわかれば、どのような形でも占うことは可能です。

    例えば、外を歩いているときに占いたくなった場合、道具を使うのは、ほぼ不可能です。

    そんなときは、あなたの前から歩いてくるのが、男性か女性かで占うこともできるのです。

    男性は陽、女性は陰として、出会った人の性別を順に覚えていきます。

    そうすると6人目に出会ったところで、下から順に爻(こう)で置き換えれば『卦』が立ちます。

    例えば、

    6人目 = 女性 = ‐ ‐
    5人目 = 男性 = ―
    4人目 = 男性 = ―
    3人目 = 男性 = ―
    2人目 = 男性 = ―
    1人目 = 女性 = ‐ ‐

    大成六十四卦で表すと、


    となり、出た卦は『沢風大過』といった具合です。※大成六十四卦の図を参照。

    ただし、その読みはあなた次第なので、直感と経験と情報をフルに活用して、判断しなければなりません。

    『当たるも八卦、当たらぬも八卦』

    という言葉がありますが、易占いにおける『当たる』『当たらない』は、『卦』の当たりはずれではなく、その『卦』から読み取った判断が当たった、はずれたという意味合いになります。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    六十四卦それぞれの意味に関しては、また別の機会があればお伝えするとして、易占いの奥の深さを、大まかではありますが、あなたにお伝えできたのではないかと思います。

    この記事をきっかけに、易占いに興味を持っていただけたら、嬉しいです。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

    あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。

    当たると評判の占い「神言鑑定」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

    スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

    運命を知りたい・変えたい方は、特別企画『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!



    わせて読みたい