面倒くさがり屋でもできる汚部屋の片付け方を厳選しました。

    汚部屋 片付け

    どうしてすぐに散らかるのか、わからないのが『住まい』です。

    人が生活をするには色々と物が必要なのは確かですね。また、誰でも、何かをすると部屋は散らかるものです。

    しかし、きれいな部屋になるか汚い部屋になってしまうかの違いは、何かをした後にポイントがあるようです。

    散らかしたり、物を出したりした後に、あなたは、そのままにしていませんか?

    出したら、片づけているかどうかによって部屋の散らかりは、大きな違いがでてしまうのです。

    そして、きれいな部屋を保つには、片づけることを継続するということが必要なのです。

    ついつい面倒くさがって後回しにしていては、どんどん部屋が汚部屋に傾いて行くでしょう。

    面倒くさがりのあなたの部屋は大丈夫でしょうか?

    面倒くさがり屋でも簡単にできる部屋の片づけ方を厳選してみました。

    あなたに合った方法で部屋を片付けて、いつでも誰でも招くことができるような美部屋にしてみてはいかがでしょうか?

     

    面倒くさがり屋でもできる汚部屋の片付け方を厳選しました。

     



     

    部屋の中の不要な物を捨てる


     

    よくよく考えると、部屋の中には、要らない物がたくさんあります。

    特に面倒くさがりの人の場合、要らない物を部屋にため込んでいないでしょうか?

    要らない物は、部屋のスペースをとるばかりか、片付けの時に時間をとります。何年も使っていない物は思い切って捨てていましょう。どうしても捨てられない物は、箱の中にとって置いても良いのですが、いつでも捨てられるように、ひとまとめにしておきましょう。

     

    段ボール箱で分類


     

    まず、適当な大きさの段ボール箱を数個用意して、用途別に分類をしましょう。

    たとえば、文具なら文具、服なら服、お風呂やトイレの物ならそれを一つの箱にまとめると良いです。分けた箱の中の整理は、しなくても構いません。とにかく、部屋の散らかっている物を箱の中に分けていきましょう。

     

    一つのスペースから片づける


     

    あちこちが散らかってしまっている場合、散らかり方が酷すぎて、一度では片付けられない事があります。こんな時は、うんざりするのも確かですね。

    段々と諦めの気持ちにも、慣れっこにもなるでしょうが、ここで諦めては、汚部屋は変身しません。

    もしも散らかり具合が広範囲の場合には、今日はココと決めて、一つのスペースから片づける方法を取りましょう。

    たとえば、リビングの書棚、押し入れの右半分など、場所を絞って、集中的に片づけましょう。途中で止めないといけない時には、片づけ途中の箱を重ねて、部屋の隅に置いて、いつでも再開できるようにしておくと、再開時の精神的なハードルが低くなるので良いでしょう。

     

    収納を簡単に


     

    面倒くさがりの人は、時間がかかるような収納は、性格的に向かないので、できるだけ普段から、収納方法を簡単にしておく事をオススメします。

    よく使うものは、取り出しやすい場所にしまって、あまり使わない物は、取り出しにくい場所におくという簡単な内容でもOKです。

    逆だと、使わない物を先に出して、必要な物を出すということが起きるので、散らかりますから、厳禁です。

    これらの物の収納の場所をしっかりと決めるということは、整理整頓の基本になります。

    たとえば、衣服を洗濯して、たたんでタンスにしまうのが嫌いな人は、ハンガーごと部屋の隅にかけてそれで収納という方法も向いています。

    部屋に散らかりやすいよく使う小物は、蓋ができる収納のボックスにいれましょう。それを机やカウンターに置いて、その中にひとまとめに収納すると埃も付かずにすっきりします。

     

    部屋にゴミ箱を増やす


     

    男性にありがちなことでですが、お菓子を食べてそのままゴミを机の上や床の上に置いたままにしてませんか?

    ゴミ箱が近くにあると、ゴミをすぐにゴミ箱に捨てることができます。ペットボトルなど部屋に置いたままになっていると、部屋の散らかりようが強調されて、余計に汚い部屋に見えます。

    ゴミ箱は、安定しておける、ある程度重さのある物を用意しましょう。

    ゴミ箱が軽いと、せっかくゴミ箱に入れていたのに、つい蹴飛ばして、ゴミが飛び散ることもあり、イライラの元、掃除の意欲低下の元になるので、注意が必要です。

     

    本棚の整理


     

    本は、書棚にあったとしても、グチャグチャになっていると、結構部屋の汚さとして目立ちます。

    たとえば、3段ボックスのような本棚を使っているなら、その中にさらに収納する布製や紙製の棚の大きさに合った収納ボックスを入ると良いです。

    その中に本を背表紙が見えるように入れて、収納すると外見からは、すっきりとして見えるので、落ち着いた部屋に変身すること間違いなしです。取り出す時も、収納ボックスごと出して、本を取り出すようになります。本の上に埃が積もる心配もゼロ。見た目もすっきりとして、良い収納方法です。

     

    テレビ台の周り


     

    テレビ台の周りも物は散らかりやすいです。

    特に、オープンになっているテレビ台は、物が雑然と置かれているのが丸見えになりがちですね。オープンのテレビ台の場合には、その棚に合った大きさの収納ボックスを購入して、その中に、物を入れましょう。

    ゲームのソフトやコントローラー等は、一度に全部入るものの方が探しやすく見やすいです。できれば、蓋つきの物を選ぶと埃がしても、箱の外の埃を掃除するだけで良いので、掃除はしやすいでしょう。

    テレビ周りは埃も静電気で集まりやすいので、物が片付いていると、埃もさっと取れるので楽に掃除ができる場所です。

     

    何故、片づけるのか


     

    片付けをするのは、なぜでしょうか?

    もちろん、雑然とした部屋では、生活をするのも効率が良くないし、見た目もすっきりとしませんよね。

    散らかっていることの一番の問題は、いつでも掃除に取り掛かれないということではないでしょうか。

    掃除をするのに部屋が片付いていると、簡単にさっと、掃除機をかけることができますよね。拭き掃除も簡単です。

    しかし、散らかっていると、まず物の片づけからしないといけないので、掃除まではなかなかできません。

     

    購入した時に片づける


     

    商品を購入して、家に持って帰った後、そこら辺に置いたままにしていませんか?

    家に帰ったら、すぐに、包装紙や袋から出して、ゴミは捨てて、買った物は、決まった場所にしまう癖をつけましょう。

    靴は下駄箱、洋服はタンスにすぐにしまった方がよいのです。

    いっそのこと、靴などは、靴屋で購入した時に、その場で、箱は処分をお願いして、家に持って帰らないという方法も良いですね。

    (マナー的に賛否両論ありますが)ゴミ捨ての達人の中には、スーパーで購入して、トレーのパックを捨てて帰っている人もいるぐらいです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    面倒くさがり屋でもできる片付け方、まずは、どれか一つを実践してみましょう。

    一度片づけてしまうと、あとは、それを保つ努力をしていけば良いのです。手が付けられないほどに散らかると、片づけるのにも力がいりますからね。

    部屋を片付けて、頭の中もすっきりとした生活を送ると、何かをするにも効率が良いものです。

    さあ、今から汚部屋の片付けにとりかかりましょう。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい


      コメントをお書き下さい

      1. みー さんのコメント:

        こんにちは。片付けが苦手なので この記事を読ませていただきました。
        最後の方の 「ゴミ捨ての達人の中には、スーパーで購入して、トレーのパックを捨てて帰っている人もいるぐらいです」
        このくだり 物凄く 不愉快です。生肉や魚のトレーなどゴミ箱に捨てられると 特に夏場はすごく臭います。第一持ち帰るにも不衛生です。モラルも捨てていいんですか?

        • serendipity さんのコメント:

          コメントいただき、ありがとうございます。また、不愉快にさせてしまい申し訳ございませんでした。
          もちろん、モラルを捨てて良いわけがありませんので、あまりおすすめできる手段ではありませんね。
          ただ、これもひとつの手段ではあるのです。
          人によって価値観(または、なにを優先するのか)は様々です。それをするかしないかは自由選択です。
          ですから、自分の価値基準に合った方法を取捨選択するという前提で、今回の記事をご理解していただければ幸いです。

          • 匿名 さんのコメント:

            人に迷惑がかかる行為に対して価値観はそれぞれっという判断はおかしいですね。
            トレイは軽く洗って返却するのがマナーです。
            マナーというものは個人の価値基準ではないのです。

            • serendipity さんのコメント:

              誤解されているように思いますが、コメントにも返信させていただいているとおり、トレーを捨てて帰ることがマナー的に良いとは私も思っておりません。
              しかしながら、そもそも人に迷惑が掛かることだと思わない人(気づかない人)や、そう思っていてもゴミ処理を優先させる人もいるということを言いたいのです。そして、その判断基準は、結局は個人の価値観でしかないと言いたいのです。
              記事の趣旨からずいぶん脱線してしまいましたので話を戻しますが、片付けが苦手なのであれば、片付けるものを物理的に少なくするという発想自体は非常に有効だと思いますので、意識してみていただければと思います。

      2. み。 さんのコメント:

        アイスやマーガリンの箱など、嵩張るものは中身出して捨てて帰りますね~
        100均も無駄なパッケージが多いので、捨ててます
        過剰包装な売り手市場ももう少し考えて欲しいです
        外国みたいに量り売りして欲しい

        私も元汚部屋住人でしたが、一番効果的だったのは25個ルールでした(25をワンセットで片付ける)