大変身!! 集中力を高める方法【大放出】

    集中力を高める方法

    集中力には2種類あります。瞬発的な集中と持続的な集中です。

    瞬発的な集中は自制心で何とかなりますが、継続的な集中力はトレーニングを重ね強化することができます。

    今回は集中力を高めていく方法を大放出します。ぜひ、試してみてくださいね。



    大変身!! 集中力を高める方法【大放出】

     

    時間を区切る


    自分の限界集中力を、アバウトでも良いので確認しておきましょう。そこから5分、15分、30分とタイマーなどを活用しながら集中して行動する時間を長くしていきましょう。

    俗説的に人の集中力は、90分(その後15分程度脳を休めないと再び集中できない)と言われていましたが、スタンフォード大学の実験では集中力は『切れる』と思うまで続き、鍛えることが可能という結果が出ています。なので、まずは自身の集中力を伸ばしていく方法を身につけましょう。

    携帯電話を持ち込まない


    意外に見落とされがちなのが携帯電話。どこからいつかかってくるか、メールがくるか分からないですよね。この様なものを身近においていたら、せっかくの集中力を邪魔されかねません。

    ここぞという時や、集中力の強化トレーニングの際には身につけていない方が良いでしょう。同様に、絶えず気になるようなものは集中の場からいったん切り離してみることが必要顔しれませんね。

    いいきかせ(セルフトーク)


    結局のところ集中力の有無は、雑念を排除できるかどうかに左右されます。

    雑念を排除するには自制心が重要です。自制心を継続させるための方法の1つとして『セルフトーク』があります。いわゆる”いいきかせ”です。

    いい聞かせは自己催眠の1種です。集中したい時に、『よし、集中・集中』と言い聞かせてみましょう。頭の中で行ってみるのも良いですが、声に出して言うとさらに効果的です。

    準備を意識する


    集中力は、雑念を排除することから生まれます。雑念は人の感情から生じるものばかりでなく、環境から生じてしまう場合があります。

    例えば、体調管理や睡眠時間、食事なども集中力には大きく影響します。特に睡眠時間は重要です。自分に最適な睡眠時間を確保し、脳をしっかりやすめなければ集中力は培われません。

    ガムをかむ


    医学的に実証されているわけではありませんが、脳科学の専門家や医学的な専門家の間では、ガムを噛む行為で集中力がアップすると考えている方は多いようです。それは、かみ合わせが悪いと集中力が低下するという医学的な根拠に基づいているからですが、他にも脳への刺激が”噛む”ということでもたらされ、集中力がアップする。という考えるむきもあるようです。

    “噛む”ものなら何でもいいだろうと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ガムの弾力性はかみ合わせにフィットしやすく長く噛み続けていられるメリットがありガムが(集中力アップに)最適な理由のようです。

    音で音を制する


    作業用のBGMも確かに集中には有効な方法ですが、自分の関心のある曲や思い出のある曲などを聞いてしまうと、脳が自分に関係のある情報に向けられてしまい、集中力が落ちてしまうことも考えられます。

    そこで、一定で変化の少ない『環境音』を活用してみるのも方法の1つです。川のせせらぎや、海の波打ち際のような環境音は音で雑音を消すにはもってこいですし、脳をリラックスさせる効果も期待できます。

    目標と集中ワードを書いてみる


    あるテレビ番組で紹介された方法ですが、『10分間に○○個つくる』など小刻みな目標をペンで紙に書いてみるのです。そして、その目標に向かい集中力をオンしていく役割を果たす集中ワードを目標の下に書いきます。

    集中ワードは、『自分への励まし』だったり『自分へのちょっとしたご褒美』などが良いでしょう。ここでのポイントは書いて、黙読でも構わないので読んでみることです。

    呼吸から集中力をいざなう


    呼吸は、意識して調節が可能なばかりかコストがかかりませんし、難しいテクニックも必要ありませんので是非、自分のものにしておきたい方法の1つです。

    呼吸といってもさまざまありますが、深呼吸もなどもお勧めです。気持ちをリセットさせたり、これから集中力を発揮させようという時には特に効果を発揮します。

    肺の中の空気を全て外に吐き出すようなイメージで息を吐き、お腹がいっぱいになるように鼻から息を吸い込んで少しずつ息を整えながら口から吐き出す腹式呼吸も効果的な方法です。

    これら呼吸法のポイントは鼻です。鼻呼吸は酸素を効率よく脳に送ることができるので鼻呼吸を意識して活用できるようにしておきましょう。

    足に着目する


    椅子に座りっぱなしで、足がむくんだ状態になると、脳にも影響が出て集中力が途切れたり集中できないケースが生じてきます。足先にはものすごい量の毛細血管が通っておりその血流が滞り気味になってしまうからです。

    椅子に座っている場合は、座ったままつま先立ちや、ふくらはぎをマッサージして血行改善をはかってみると良いでしょう。

    また、速足で散歩してみたり、床に寝転がれる場合は仰向けになり足を心臓より高く上げて重力を利用して効率的に血行を改善させてみるのも方法の1つです。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい