【干支占い】亥年(いのししどし)生まれ 2020年の運勢を占う

亥年 2020年 運勢

亥年(いのししどし)生まれの人の2020年の運勢は、不安定なものとなりそうです。

2020年の亥年の人は、内在するパワーの不安定さから、心身ともに問題を抱えることが増えるかもしれません。

月運のいい月に行動し、月運の悪い月は休むことによって、不必要なトラブルは回避していきましょう。

 

【干支占い】亥年(いのししどし)生まれ 2020年の運勢を占う

 



 

2020年 亥年(いのししどし)の総合運


2020年の亥年の総合運は、低迷した運勢となりそうです。

2020年の亥年の人は、エネルギーが過剰になるか、不足するかのどちからになりやすく、そのことから心身ともにバランスを欠きやすくなるでしょう。

次に、生年別の運勢を見てみます。

1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、神経質になりやすくイライラすることが多いでしょう。周囲に当たらないように気をつけてください。

月運は、5月・6月・10月が吉。1月・3月・4月・7月・8月・9月・11月は要注意の月となります。

1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、おおむね安定した運勢ですが、プライドが高くなりやすいため、周囲の人を見下さないように気をつけてください。

月運は、1月・4月・6月・9月・11月が吉。3月・10月は要注意の月となります。

1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、内向的になり家に引きこもりがちになります。できるだけ、意識的に外に出かけるようにしましょう。

月運は、2月・3月・10月が吉。1月・4月・6月・7月・8月・9月は要注意の月となります。

1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、自己主張が強くなります。しかし、周囲があなたの意見を受け入れてくれることが少ないため、ストレスを溜めやすいでしょう。

月運は、2月・3月・10月が吉。5月は吉凶混合の月。1月・4月・8月・は要注意の月となります。

2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、低迷した運勢となりそうです。体調を崩しやすかったり、両親のことで問題が起きるかもしれません。

月運は、2月・3月・10月が吉。5月は吉凶混合の月。1月・4月・7月・8月・9月は要注意の月。11月は大きな変化が起きやすい月となります。

 

2020年 亥年(いのししどし)の仕事運


2020年の亥年の仕事運は、低迷した運勢となりそうです。

2020年の亥年の人は、神経質になりやすい人や我が強くなる人が多く、仕事でもトラブルメーカーとなりやすいかもしれません。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、神経質になりやすいうえに毒舌のため、同僚や上司から疎まれる可能性があります。言葉遣いや話す内容には注意してください。

1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、金銭的な損失を出さないように注意が必要な年です。また、独断での行動はトラブルを呼び込むでしょう。

1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、不安定な仕事運です。依頼心が強くなっているため、自主的に仕事をすることができず、上司を怒らせることが増えるかもしれません。

1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、重要なポジションを与えられても役割を全うできないかもしれません。

2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、真面目に学業に取り組むのですが、成績の伸びはイマイチでしょう。しかし、一時的なもののため、あまり気にしないようにしてください。

 

2020年 亥年(いのししどし)の恋愛運


2020年の亥年の恋愛運は、低迷した運勢となりそうです。

2020年の亥年の人は、恋愛に積極的になり過ぎて相手に引かれてしまうか、全く関心がないかのどちらかに別れるでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、愛情運が低下しています。キツイ言動から人を遠ざけてしまいやすいため、気をつけてください。

1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、押しの強さから相手に引かれることが多いかもしれません。また、金銭トラブルも起きやすい一年です。好意のある相手でもお金の貸し借りは控えたほうがいいでしょう。

1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、恋愛と縁のない一年となりそうです。好意を持っていても、あまりにも控えめなため、相手に気づいてもらえないでしょう。

1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、恋愛のチャンスもありますが、良縁には恵まれにくいでしょう。また、女性は男性から迷惑をかけられることが多そうです。

2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、あまりにも真面目過ぎるため、周囲から浮くことがありそうです。勉強や塾も大事ですが、友人とのつきあいも大事にしましょう。

 

2020年 亥年(いのししどし)の金運


2020年の亥年の金運は、低迷した運勢となりそうです。

2020年の亥年の人は、収入が減ったり仕事を辞める可能性が高いことから、生活が苦しくなる可能性があります。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、訴訟問題などに巻き込まれやすく、弁護士費用がかかる可能性があります。

1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、兄弟や友人から金銭面で迷惑をかけられる可能性が高いです。

1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、仕事を辞めたり、低収入の仕事に就きやすいため、生活が困窮する可能性が高いでしょう。

1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、収入が増える傾向もあるのですが、それ以上に出費が増える傾向があるため、どのみち金銭的には苦しそうです。とくに医療費が増加する可能性が高いでしょう。

2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、お小遣いを減らされる可能性が高いです。

 

2020年 亥年(いのししどし)の健康運


2020年の亥年の健康運は、低迷した運勢となりそうです。

2020年の亥年の人は、腎臓・泌尿器系・婦人科系の病気に注意してください。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、体調を崩しやすい運勢です。睡眠はしっかり取るようにしてください。とくに8月・9月は不調に要注意。胃・脾臓・舌の病気にも気をつけてください。

1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、パワーが強すぎることから、健康面で悪い影響が出やすいです。車の運転が荒っぽくなって事故を起こしたり、慌ててケガをするということが起きやすいでしょう。

1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、メンタル面で不調が起きる可能性が高いです。定期的に外に出かけて人と話すようにしてください。

1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、過労に注意が必要な一年です。働き過ぎには気をつけてください。6月は事故やケガに要注意。

2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、体調を崩しやすい一年のため、あまり無理はしないようにしましょう。

 

2020年 亥年(いのししどし)のラッキーアイテム


  • 赤色のもの
  • スマートフォン
  • ラジオ

 

2020年 亥年(いのししどし)にとって相性のいい干支・悪い干支


この相性は、2020年限定のものです。

良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。

良好な相性


  • 1966年(昭和41年)生まれの午年の人

要注意な相性


  • 1960年(昭和35年)・1972年(昭和47年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人
  • 1980年(昭和55年)・1992年(平成4年)生まれの申年の人
  • 1981年(昭和56年)・1993年(平成5年)生まれの酉年の人
  • 1971年(昭和46年)・1983年(昭和58年)生まれの亥年の人

※1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、要注意な相性はありません。

子年生まれの性格についてもっと知りたい方は、こちらの記事を読まれています。

【干支占い】十二支からわかる男性の性格と特徴

【干支占い】十二支からわかる女性の性格と特徴

 

まとめ


亥年の2020年の運勢は、いかがでしたでしょうか?

2020年の亥年の人は、少し不調を感じる一年を送ることになりそうです。

しかし、訪れる運勢を理解することで凶意を遠ざけ、さらに吉を招くことができるでしょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードからあなたの運命の人をズバリ診断する
『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、
いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら『初回限定無料』

診断してもらえます。

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい




わせて読みたい