【干支占い】子年(ねずみどし)生まれ 2019年の運勢を占う

子年 2019年 運勢

子年(ねずみどし)生まれの人の2019年の運勢は、水面下での大きな動きが表に出やすい一年となります。

想像もしていなかった出来事に巻き込まれる可能性も高い運勢です。

とはいえ、子年(ねずみどし)の人は、2019年はおおむね安定した一年を送ることができるでしょう。

月運のいい月に行動し、月運の悪い月は休むことによって、不必要なトラブルは回避していきましょう。

 

【干支占い】子年(ねずみどし)生まれ 2019年の運勢を占う

 



 

2019年 子年(ねずみどし)の総合運


プライベートが充実する一年となります。

周囲の人からすると、表向きは大変そうに見られますが、本人は案外満足のいく一年を送ることができるでしょう。

次に、生年別の運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、ワガママになりやすく、別れが生じやすい一年となります。

月運は、2月・3月・5月・9月が吉。1月・6月・7月は要注意の月となります。

1960年(昭和35年)生まれの子年の人は、頭の回転がよくなり、アイデアが豊富にでてくるでしょう。学生の人は、勉強がはかどる一年となります。

月運は、2月・3月・5月が吉。6月は吉凶混合の月。1月・7月・10月は要注意の月となります。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、社会的な立場がよくなります。しかし、自尊心が強くなりすぎないように注意が必要です。

月運は、2月・3月・10月が吉。4月・6月・8月・9月・11月は要注意の月となります。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、ターニングポイントの年になりそうです。人との出会いが多い一年となるでしょう。

月運は、2月・3月・5月が吉。6月は吉凶混合の月。4月・8月・9月・11月は要注意の月となります。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、神経質になりやすい一年となります。プライベートでの活動が脚光を浴びることになるかもしれません。

月運は、2月・3月・5月・10月が吉。6月は吉凶混合の月。1月・4月・7月・8月・9月は要注意の月。12月は大きな変化が起きやすい月となります。

 

2019年 子年(ねずみどし)の仕事運


活動的に働くことができます。

しかし、人と競争することが増えるため、ストレスの多い一年となるかもしれません。

とはいえ、この一年間は勇敢に戦えます。同僚や上司からも頼りにされるでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、現在の職場を辞めて、独立をすることになるかもしれません。学生時代の友人と起業する可能性があります。

1960年(昭和35年)生まれの子年の人は、昇進したり、表彰されたりするかもしれません。伝統的な仕事に就いている人は、好調な一年となります。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、今までの努力が認められやすい一年です。組織で動くと成功しやすいでしょう。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、コツコツ働き、着実に評価を得る一年となります。独立や転職は時期尚早です。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、孤立しないように注意してください。技術を磨くことに適した一年となります。

 

2019年 子年(ねずみどし)の恋愛運


積極的に行動することができる一年です。

行動的になっているため、出会いも多いです。

しかし、プライドが高くなってしまっているため、自己中心的になっているところはあらためたほうがいいでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、恋愛のトラブルに要注意です。友人から恋人に発展しやすいでしょう。

1960年(昭和35年)生まれの子年の人は、恋愛に不向きな一年となります。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、相性のいい相手に巡り会う可能性が高まります。結婚が決まりやすい一年です。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人で、独身だった人は、お見合いであっさり結婚することになるかもしれません。既婚の人は、平和な一年となるでしょう。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、モテる一年となりますが、失恋もしやすい一年です。女性は妊娠する可能性があります。

 

2019年 子年(ねずみどし)の金運


冠婚葬祭や友人とのつきあいにより、何かとお金が出ていくことが多い一年となります。

しかし、生まれ年によっては貯金も可能です。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、金銭的には苦しい一年となりますが、やりたかったことを実行できる一年となるため、不満はそれほど感じないでしょう。

1960年(昭和35年)生まれの子年の人は、名誉を得やすい一年です。しかし、金銭的には楽にならないかもしれません。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、仕事が好調で収入に恵まれる反面、出費も増えそうです。とくに、4月と8月は思いがけない大きな出費があるかもしれません。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、コツコツ働くことで着実に収入が増えていきます。貯金だけでなく、家電などの新調にもいい一年となります。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、収入よりも出費が上回り、貯金を崩すことになる可能性があります。贅沢品や交際費など、削れるものがあれば削ったほうがいいでしょう。

 

2019年 子年(ねずみどし)の健康運


おおむね、健康にすごすことができる一年となります。

しかし、仕事が忙しく、ストレスがたまりやすいため、休日はしっかり休養を取るようにしたほうがいいでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人で、体調が悪かった人は回復します。心身ともに充実した一年を送ることができるでしょう。

1960年(昭和35年)生まれの子年の人は、メンタル面の不調に気をつけてください。呼吸器系の病気にも注意しましょう。空気のいい場所を散歩をすると、気分が安定してきます。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、腎臓・泌尿器系の病気に注意してください。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、安定した健康運となります。忙しいですが、余裕が生まれる年のため、ジムなどに通いはじめるのもいいでしょう。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、心身ともに消耗しやすい一年となります。ストレスから食欲不振になりやすいため、あまり考えこまないようにしてください。

 

2019年 子年(ねずみどし)のラッキーアイテム


  • 黒色のもの
  • ミュージックプレイヤー

 

子年(ねずみどし)と相性のいい干支・悪い干支


良好な相性


丑年(うしどし)


初対面から惹かれ合います。

丑年(うしどし)の芸能人・有名人

イチロー・山下智久・綾瀬はるか・中条あやみ

 

辰年(たつどし)


魅力を感じやすく、強い絆が生まれます。

辰年(たつどし)の芸能人・有名人

麻生太郎・松坂桃李・新垣結衣・戸田恵梨香

 

申年(さるどし)


辰年と同様、魅力を感じ強い絆が生まれます。

申年(さるどし)の芸能人・有名人

佐々木蔵之介・松坂大輔・竹内結子・白石麻衣

 

普通の相性


子年(ねずみどし)


ごく普通の相性のため、これといって引き合うものはありませんが、どうにでもなる相性でもあります。

子年(ねずみどし)の芸能人・有名人

藤木直人・生田斗真・栗山千明・小松菜奈

 

寅年(とらどし)


可もなく不可もなくといった相性です。寅年の人のほうが子年の人といると得する相性となります。

寅年(とらどし)の芸能人・有名人

舘ひろし・亀梨和也・沢尻エリカ・広瀬すず

 

巳年(へびどし)


巳年の人のほうが損しやすい相性ですが、これといって大きな問題がありません。

巳年(へびどし)の芸能人・有名人

長谷川博己・錦織圭・さくらももこ・安室奈美恵

 

戌年(いぬどし)


子年の人のほうが損しやすい相性です。もともと、接点があまりないかもしれません。

戌年(いぬどし)の芸能人・有名人

大谷翔平・羽生結弦・高木美帆・広瀬アリス

 

亥年(いのししどし)


友達のような関係になります。亥年の人が子年の人の面倒を見る、というパターンが多いようです。

亥年(いのししどし)の芸能人・有名人

松田龍平・山田孝之・松岡茉優・川栄李奈

 

努力が必要な相性


卯年(うさぎどし)


身内の中にこの組み合わせがいると、トラブルが多いかもしれません。

卯年(うさぎどし)の芸能人・有名人

藤ヶ谷太輔・ひょっこりはん・長澤まさみ・永野芽郁

 

午年(うまどし)


友人や仕事関係では発展が望めますが、恋愛ではうまくいかないでしょう。

午年(うまどし)の芸能人・有名人

小泉孝太郎・三浦春馬・椎名林檎・浅田真央

 

未年(ひつじどし)


すれ違いの多い相性です。

未年(ひつじどし)の芸能人・有名人

堂本剛・米津玄師・真野恵里菜・高畑充希

 

酉年(とりどし)


やや悪い相性です。コミュニケーションをしっかり取れるならば、気にする必要はないでしょう。

酉年(とりどし)の芸能人・有名人

綾野剛・神木隆之介・安達祐実・武井咲

 

子年(ねずみどし)の性格は?


子年の人は、器用でどんな環境にも適応できる柔軟性があります。

しかし、神経質だったり、金銭面で無頓着なところがあります。

次に、生年別に性格を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、外見は穏やかですが、内面は激しいタイプです。たくましく、独力で財を築きます。

1960年(昭和35年)生まれの子年の人は、神経質で考えすぎになるタイプです。生家を離れた場所で生活をすると、運が開けます。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、意地っ張りですが、現実的なタイプが多く、親しみを持たれやすい性格です。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、頑固なタイプですが、理知的でロマンチストな面もあります。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、自分にも他人も厳しいためすが、頼りになるタイプです。ただし、繊細なところもあるため、他人から理解されず悩むことも。

子年生まれの性格についてもっと知りたい方は、こちらの記事を読まれています。

【干支占い】十二支からわかる男性の性格と特徴

【干支占い】十二支からわかる女性の性格と特徴

 

まとめ


子年の2019年の運勢は、いかがでしたでしょうか?

子年の人はあまり大きな問題もなく、2019年をすごすことができそうです。

自分の性格や運勢を理解することで凶意を遠ざけ、さらに吉を招くことができるでしょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードからあなたの運命の人をズバリ診断する
『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、
いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら『初回限定無料』

診断してもらえます。

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい




わせて読みたい