【タロットカード】大アルカナカードとは?

大アルカナ

タロットカードとはそもそも何でしょう?


 

タロットカード発祥の起源は諸説あるようですが、古代エジプトから脈々と受け継がれていき、ロマ(昔の言い方ではジプシー)がヨーロッパに伝えたという説が有力なようです。

迫害されたロマが、自分たちの教義を伝えるために、メッセージを図柄に込めたのが始まりと言われています。

当時のヨーロッパでは、ロマの奥義は受け容れられるはずもなく、ロマは迫害から生き残るために、より複雑な絵で、奥義を脈々と伝えていきました。

1889年に出版されたパピュスの「ボヘミアンのタロット」という本で、初めてこのカード達に「大アルカナ」「小アルカナ」という言葉がつけられました。

「大アルカナ」カードは22枚、小アルカナは56枚、合計78枚のカードで構成されています。

現在、タロットカードは世界に約2000種類あると言われています。

これからタロットを勉強したいという方は、「ライダーウェイト版」、もしくは「ユニバーサルウェイト版」のタロットを購入して勉強しておくと良いでしょう。(少々値段は高いですが、ユニバーサルウェイト版の方が色彩が鮮やかなので、そちらをオススメします。) [続きを読む…]