意外に難しいオラクルカードの選び方を解決します

    オラクルカード 選び方人生に悩み事は付き物です。

    悩んだ時に誰かに相談して解決に向かうのも良い方法ですが、悩んでいることを知られたくない時だってあります。

    そんな時には、占いを悩み事解決の手段に選ぶのも良いでしょう。

    昔から水晶占い、手相占い、夢占い、タロットカード占いなど様々な占いがあり、書店にも古今東西幅広い種類の占いの本が並んでいます。

    最近では、占いの中でも、オラクルカードを使った占いの人気が高まり、書店によっては色んなオラクルカードを販売しています。

    しかし、複数の種類のオラクルカードが並んでいると、どのオラクルカードが自分に向いているのか選ぶのに迷ってしまいますよね?

    そこで、今回はオラクルカードを買う時の選び方についてお伝えします。

     

    意外に難しいオラクルカードの選び方を解決します

     



     

    オラクルカードってどんなもの?


     

    ブームによってオラクルカードに興味を持ちながらも、実際のところ、オラクルカードがどのようなものなのかを理解できていない方もいらっしゃるかもしれません。

    オラクルカードの選び方を知るためには、まずはオラクルカードがどのようなものかを知る必要があります。

    オラクルカードは、タロットカードと似ているようにも見えますが、実はカードの内容や使い方に違いがあります。

    タロットカードでは、過去・未来・現在を複数のカードから導き出し、そこから結果を読み取ります。

    これに対し、オラクルカードでは、何か悩みや心配事がある時に疑問を解決するために使います。

    タロットカードには、悪魔や死神といった恐ろしいイメージのカードもありますが、オラクルカードは天使や妖精が描かれたカードであり、選んだカードに描かれている妖精や天使からのメッセージを悩み事解決のヒントとして受け取るという使い方をします。

     

    最初はやっぱり簡単が一番! 少ない枚数で占えるオラクルカード


     

    タロットカードに挑戦したことがある方ならご存知かもしれませんが、カードにはそれぞれ意味があり、占いに使うカードの枚数が多ければ、その分だけカードが持つ意味を多く覚えなくてはなりません。

    そこで、初めてのオラクルカードの選び方としては、初心者でも扱いやすいカードの枚数が少ないものがおすすめです。

    オラクルカードの中には、全体のカードの枚数は多くても、少ない枚数を使って占うことが出来るものもあるので、慣れてきたら何枚ものカードを使って占えるようになりたい方には、こうしたカードがおすすめです。

     

    信じる気持ちが大切! 自分が受け入れやすい内容のオラクルカード


     

    オラクルカードは、天使や妖精のカードを使って占いをします。

    しかし、日本人からしてみると、多くの方が神社やお寺にお詣りはしていますが、天使や妖精については、身近な存在に思えないことが多いでしょう。

    占いは信じる気持ちが大切ですから、最初のオラクルカードの選び方として、自分が受け入れやすい内容のオラクルカードを選ぶこともおすすめです。

    オラクルカードには、西洋の養成や天使のカードだけでなく、日本の神様のカードや観音様が描かれているカードもあります。

    こうした身近に思える内容のオラクルカードを使って占えば、信じる気持ちも強まります。

     

    すっと心に響きやすい! シンプルなメッセージのオラクルカード


     

    オラクルカードに限らず、占いをした時には、カードに複数の意味があり、占いに使った枚数が多ければ、その分だけいくつもの意味を解読しながら結果を導かなければなりません。

    こうした解読を行っているうちに、頭が混乱してしまうこともあるでしょう。

    そこで、初心者の方のオラクルカードの選び方として、メッセージがシンプルなカードを選ぶ方法がおすすめです。

    カードに記されているメッセージがシンプルであれば、メッセージをそのまま心で受け取りやすく、悩み事の解決の手がかりも得やすくなるでしょう。

     

    子どものような気持ちで楽しみながら占える! 童話モチーフのオラクルカード


     

    誰にでも子どもだった時代があります。

    子どもの頃には、童話の世界に思いを馳せて、わくわくとした経験もあったでしょう。

    オラクルカードには、天使や妖精、神様だけでなく、童話をモチーフにしたものもあります。

    子どもの頃に読んだり聞いたりした童話の世界で占えば、子どもの頃のような気持ちで楽しみながら占えるので、初めてのオラクルカードの選び方として、天使や妖精にこだわらず、童話の世界のカードを選ぶのもおすすめです。

     

    信じることが出来る要素があるオラクルカード


     

    日本の神様やお釈迦様、童話の世界などオラクルカードに描かれているものは様々です。

    しかし、占いはしてみたいけれど、結果に確信が持てないということもあるかもしれません。

    そうした方のカードの選び方としては、自分が信じることのできる要素のあるカードを選ぶことをおすすめします。

    例えば、天使や妖精を心の奥底から信じることは出来なくても、パワーストーンの力は信じられるという方ならば、ストーンやクリスタルが描かれているオラクルカードを選ぶと良いでしょう。

    また、学術的な根拠のようなものを求められる方ならば、心理学の観点から作られたオラクルカードを選ぶと良いでしょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    基本的に、オラクルカードは、天使や妖精からのメッセージを受け取ることで占うカードです。

    しかし、初めてオラクルカードを手にされる時には、最初から枚数の多いカードや複雑なメッセージのものを選ぶのではなく、シンプルなメッセージのものや、少ない枚数で占えるものを選ぶと良いでしょう。

    また、占いには信じる心が大切ですので、自分が信じやすかったり、受け入れやすかったりする内容のカードを選ぶというのも良い方法です。

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい