年の差婚ってどうなの? 女性が年上のメリット・デメリット8つ

    年の差婚

    芸能界でも、身の回りでも、女性が年上で男性が5歳以上も下という結婚が増えてきました。

    一般的に、男性は自分より出来る限り若い女性を好むというイメージがありますが、何故、その年下男性は年齢差のある年上の女性を選んだのでしょうか? また、年上女性の方に不安はなかったのでしょうか?

    また本当のところ、年の差婚はうまくいくのでしょうか?

    ここでは、女性が年上の場合の良いこと、悪いことについて8つのポイントをまとめました。

     

    年の差婚ってどうなの? 女性が年上のメリット・デメリット8つ

     



     

    女性が年上だと女としての努力を怠らない


     

    女性が年上で、相手の男性は若い訳ですから、どうしても見た目に気を使います。女としての努力は自然にずっと続けようと思うのです。

    肌や髪のお手入れ、定期的に運動も続けたりしますからスタイルも維持出来ているので、同級生や同世代の友人たちよりずっと若くいられるというメリットがあります。

    ですから自分が夫より年下だからと言って努力を怠っている女性よりも、ずっとキレイな奥様でいてくれるのです。

     

    女性が年上だと無理に男らしさを求めない


     

    初めから、年下だとわかっているので夫に男として過度に期待をしません。

    同世代だと、小さい事でも『男のくせに』とすぐ思ってイライラしてしまいますが、年上女性は、年下男性にそれを求めません。

    逆に、年下なのにこんなに男らしい事をしてくれるなんて・・・と小さい事で感動して、相手を褒める事が出来ます。きっと年下男性も年上女性に喜んでもらえるようにいろいろ努力をしてくれるのでしょう。

    年下男性も無理をせず、時には自分の弱い部分もさらけ出して甘える事も出来ます。そして外で仕事を頑張るという良い環境を作ることが出来るというメリットがあります。

     

    年下男性に柔軟性のある人が多い


     

    一般的には、自分より若い女性と結婚する男性が多い中、そういう所にこだわらず年上女性の中身を見て好きになり結婚を決めた男性ですから、考え方が柔軟な人が多いのです。

    男としてとか自分の意見を押し付けたりせず、考え方も柔軟です。結婚生活を送るにしても子育てをするにしても、年上女性ときちんと平等に話し合って分担してくれるのです。世代的にもそういう事に抵抗がないので普通にやってくれるのです。

    柔軟性のある男性と結婚生活を送るのは、年上女性にとっても生活しやすいというメリットがあります。

     

    年の差婚には面倒なケンカが少ない


     

    年下男性にとって年上女性は、自分より社会的経験値も高いので、会話をしていても細かいところまで説明しなくて済みます。それでも理解してくれているので楽なのです。

    仕事の相談なども、包容力のある年上女性は最後まで聞いてくれた上に適格なアドバイスをくれてりするので年下男性はとても癒されるのです。

    自分より若い女性は、仕事の会話をしても細かい部分まで説明しないとわからず、挙句の果てに『つまらない、わからない』と怒り、ケンカになったりします。

    特にそういう経験がある男性は、会話がスムーズに進む自分より知識のある年上女性といる方が面倒なケンカが少なくて煩わしくないのです。

     

    カップルに見えない不安がつきまとう


     

    年の差にもよるのですが、年齢差が大きいと年上女性の方が『カップルではなく、親子に見られたら・・・』と気にして不安になってしまうのです。

    年下男性の方は、あまり気にならないようですが、年上女性の方だけが気になってしまうのです。

    若く見られる努力をするのも疲れてしまい、一緒に外出するのが嫌になってしまったという夫婦もいるのです。年上女性が年下男性と結婚してしまったことによるプレッシャーなのでしょう。

     

    年の差婚には浮気の心配がある


     

    浮気は男性ばかりのことではないので、特に女性が年上だからという理由ではないかもしれません。しかし、女性が年上で年齢差のある年下の男性の浮気の心配は、心のどこかにあるのです。

    その不安は、年上女性が40歳後半になった頃がピークのようです。若く見られるように努力をしているつもりでもどうしてもこの時期に疲れが出てしまうのでしょう。

    年下男性は、まだ30代です。男としては一番良い時期がこれからくるのです。年上女性は、ここで不安を一番感じてしまうのです。

    しかし、浮気をする男性というのは、誰と結婚しても浮気をする人種なので、年齢差があっても無くてもする人はします。不安になるより『なるようにしかならない』と大きく構えていた方がいいのです。

     

    女性が年上だと出産年齢の壁にぶつかる


     

    結婚する時の年齢にもよるのですが、どうしても女性が年上だと出産年齢が気になります。

    日常生活では、年齢差の事は何も感じないし気にしない、という2人でも唯一ぶつかる壁が出産だという人が多いのです。

    本人たちが何も気にしていなくても、両親など周りが一番気にしてくるのがこの問題です。

    逆に子供が出来たので結婚したという夫婦は、年齢差があってもすんなりお互いの両親にも受け入れてもらえたという場合が多いのが現実です。

    子どもについては、結婚前にお互いの考え方を確認する必要もあります。

     

    年の差婚のどうしても否めない世代間ギャップ


     

    音楽やアニメなどなら、お互いの世代のものに興味を持ち、刺激になって面白がっていられるようですが、どうしても感じてしまう『世代間ギャップ』はあるのです。

    学生時代の文化やモラルは世代によって大きく違っていたりするものもあります。それがその人自身の人間性に出てしまっている場合があるので、そこで感じてしまうことがあるのです。

    例えば掃除の仕方、食事の内容、ゲームをする時間など時代の変化で起きたことや環境には、どうしても『世代間ギャップ』が生じてしまうのです。

    そういう面も含めて、価値観や生活パターンが同じだという夫婦なら年齢差に関係なく上手くいくので結婚前の確認は必要です。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    年齢差のある女性が年上の場合の結婚の良いこと、悪いことをまとめてみました。

    実際、結婚した方たちの意見としては、本人たちの価値観や生き方次第だという事でした。

    同世代でもそこが違えば上手くいかないですし、年齢にしては考え方がしっかりしている人や幼い人もいるので、それだけで判断は出来ないのです。

    どちらにしても年齢を気にしないで人として向き合って、一緒に人生を生きていこうと決めた2人はとても素敵です。お互いの中身をよく見る目や、世代の違いも面白いと思える柔軟さや好奇心がある人たちだからこそ結婚出来たからです。

    もしそんな素敵な二人が身近にいたら、ぜひ応援していきましょう。

    ところで、そろそろ本気で婚活する時期が来ているかもしれません。もし気になるなら、こちらを参考に行動してみてください。 >>?本気で婚活するための結婚相談所ランキング【2016年最新版】

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。


    わせて読みたい