【干支占い】子年(ねずみどし)生まれ 2021年の運勢を占う

子年 2021年 運勢

子年(ねずみどし)生まれの人の2021年の運勢は、地道に努力を重ねる一年となるでしょう。

子年の人は計画性に欠けるところがあるのですが、2021年は計画立てて仕事でも勉学でも忍耐強く努力することができそうです。その一方で、子年の長所である機転が利くところや器用な面が発揮できないかもしれません。

月運のいい月に行動し、月運の悪い月は休むことによって、不必要なトラブルは回避していきましょう。

 

2021年 子年(ねずみどし)の総合運

2021年の子年の総合運は、おおむね安定した運勢となるでしょう。

しかし、1996年(平成8年)・1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、やや低調かもしれません。

それ以外の子年の人は、穏やかな運気となりそうです。ただし我が強くなり過ぎて周囲の人と衝突しないように注意してください。

次に、生年別の運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、技術習得に適した一年です。芸術的な才能が花開く可能性もあります。

月運は、2月・3月が吉。6月は吉凶混合の月。1月・7月・8月・10月は要注意の月。

1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、パワフルな一年を送ることができそうです。ただし自己中心的になり過ぎて周囲から孤立してしまう場合もあります。謙虚な姿勢を持つようにしましょう。

月運は、5月・9月が吉。6月は吉凶混合の月。1月・4月・9月は要注意の月となります。12月は大きな変化が起きやすい月です。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的になりやすく活動力が低下しやすいでしょう。生産性が落ち、家に引きこもってしまう人もいるかもしれません。外出して人と会うようにすると気分転換になります。

月運は、1月・2月・6月が吉。4月・9月・11月・12月は要注意の月です。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、安定した一年を送ることができるでしょう。努力していたことが花開く一年です。

月運は、5月・6月・9月が吉。10月・11月・12月は要注意の月となります。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、一生懸命働く一年となりそうです。しかし努力は、なかなか実を結ばないでしょう。過労から体調を崩しやすくもあります。

月運は、4月・5月・6月が吉。1月・10月・11月・12月は要注意の月です。

2021年 子年(ねずみどし)の仕事運

2021年の子年の仕事運は、安定した運勢となるでしょう。

2021年の子年の人は、コツコツ努力して働く一年となります。1996年(平成8年)・1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、やや低調となりますが激しく落ち込む運気ではありません。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、頭の回転が速くなり発想力に恵まれます。創造性を必要とする場面では有利な運気です。

1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、パワフルで決断力があるため、周囲から頼られることが多いでしょう。ただし独断専行しやすくもなるため、そのことが問題になる場合もあります。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的になり活動力が落ちるため、仕事を辞めて引きこもってしまうかもしれません。生活が困らないように、継続して働くよう心がけましょう。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、上司からの引き立てを受けやすい一年です。今までの努力が実を結ぶ人もいるでしょう。一方で期待を寄せられることからプレッシャーを感じることも増えてきそうです。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、なかなかツキが回ってこないと感じるかもしれません。体調に気をつけながら、コツコツ働くようにしましょう。あなたの努力が実るのは、もう少し先になりそうです。

2021年 子年(ねずみどし)の恋愛運

2021年の子年の恋愛運は、安定した運勢となるでしょう。

2021年の子年の人は、真面目な恋愛をする人が多そうです。波のある運気ではないのですが、1996年(平成8年)・1972年(昭和47年)生まれの人は、恋愛で報われないと感じることが度々あるかもしれません。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、好調な運気です。周囲からの人気も高いでしょう。

1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、面倒見が良く愛情深いのですが嫉妬心も強くなりそうです。別れが起きやすい一年でもあります。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的で依存心が強くなるため、なかなか恋愛はうまくいかないかもしれません。しかし女性は年下の男性と、男性は年上の女性と縁ができやすい一年です。子供がいる人は、子供のことで心配事が増えるかもしれません。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、結婚をしやすい運気です。独身の女性は、いい出会いに恵まれるでしょう。既婚者の男性は、子宝に恵まれそうです。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、相手に尽くす恋愛をしやすいでしょう。時間も金銭も相手のために消費しやすく、あなたは疲弊してしまうかもしれません。

2021年 子年(ねずみどし)の金運

2021年の子年の金運は、安定した運勢となるでしょう。

2021年の子年の人は、生年によっては不安定な金運の人もいますが、大きく運気が崩れることはなさそうです。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、衣食住に満たされた一年です。また、あなたの発想力や芸術的なセンスが金銭を生む場合があります。

1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、パワフルに働いてお金を稼ぐことができる一年ですが、兄弟や友人から金銭的な迷惑をかけられる可能性もあります。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、2020年から引続き金銭的に苦しい一年となるかもしれません。内向的になり仕事への意欲も薄れるため、金銭面も不安定になりそうです。無理のない程度に働いて生活を安定させましょう。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、安定した金運です。貯金も貯まり、衣食住に困ることもないでしょう。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、金銭的に余裕のない一年となりそうです。忙しい割に収入も貯金も増えないでしょう。

2021年 子年(ねずみどし)の健康運

2021年の子年の健康運は、安定した運勢となるでしょう。

2021年の子年の人は、大きく体調を崩すことは少なそうです。しかし腎臓・泌尿器系・胃の病気には注意してください。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、好調な健康運です。ただし、6月・7月は事故や怪我に気をつけてください。

1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、エネルギーが強くなり過ぎる傾向があり、イライラしやすいです。不注意からの事故や怪我に気をつけましょう。

1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、2020年から引続き心身ともに無理は禁物です。精神面が不安定なときは、外出して人と話すようにすると安定してきます。

1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、良好な健康運です。しかし2月・3月は体調不良や怪我に気をつけましょう。

1996年(平成8年)生まれの子年の人は、過労からの体調不良に気をつけてください。規則正しい生活を送り、疲れたと感じたらしっかり休息を取るようにしましょう。

2021年 子年(ねずみどし)のラッキーアイテム

  • 赤色・青色のもの
    ※ 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は青色のみ
  • スマートフォン・野菜
    ※ 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は野菜のみ

2021年 子年(ねずみどし)にとって相性のいい干支・悪い干支

この相性は、2021年限定のものです。

良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。

良好な相性

  • 1974年(昭和49年)生まれの寅年の人
  • 1975年(昭和50年)生まれの巳年の人

※1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、1975年(昭和50年)生まれの卯年の人とのみ良好。

要注意な相性

  • 1949年(昭和24年)・2009年(平成21年)生まれの丑年の人
  • 1979年(昭和54年)生まれの未年の人
  • 1981年(昭和56年)生まれの酉年の人
  • 1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人

子年生まれの性格についてもっと知りたい方は、こちらの記事を読まれています。

【干支占い】十二支からわかる男性の性格と特徴

【干支占い】十二支からわかる女性の性格と特徴

まとめ

子年の2021年の運勢は、いかがでしたでしょうか?

子年の人は、おおむね安定した運勢となりそうです。

訪れる運勢を理解することで凶意を遠ざけ、さらに吉を招くことができるでしょう。

 

コメントを残す