【干支占い】戌年(いぬどし)生まれ 2020年の運勢を占う

戌年 2020年 運勢

戌年(いぬどし)生まれの人の2020年の運勢は、おおむね好調な一年となります。

2020年の多くの戌年の人は、平穏な日々を送ることができそうです。ただし、月運によっては、運気が低下し物事があなたに不利に動くこともあるかもしれません。

月運のいい月に行動し、月運の悪い月は休むことによって、不必要なトラブルは回避していきましょう。

 

【干支占い】戌年(いぬどし)生まれ 2020年の運勢を占う

 



 

2020年 戌年(いぬどし)の総合運


2020年の戌年の総合運は、おおむね好調な運勢となるでしょう。

しかし、2006年(平成18年)生まれの戌年の人は、少し不安定な運気となりそうです。悪縁ができないように気をつけましょう。

次に、生年別の運勢を見てみます。

1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人は、衣食住に恵まれゆったりとした生活を送ることができるでしょう。

月運は、1月・2月・3月・10月が吉。要注意の月はとくにありません。

1970年(昭和45年)生まれの戌年の人は、我が強くなり周囲との摩擦が増えてきそうです。自分を律することを意識して生活すると幸運を呼び込みます。

月運は、5月・6月・11月が吉。4月・9月・12月は要注意の月となります。

1982年(昭和57年)生まれの戌年の人は、物質への関心が薄れ、精神的な充足を得ることを重視する一年となるでしょう。芸術方面であなたの才能が開花しやすくもあります。

月運は、2月・5月・10月が吉。3月・11月・12月は要注意の月となります。

1994年(平成6年)生まれの戌年の人は、変化の多い一年となりそうです。難題もあるかもしれませんが、乗り越えることができるでしょう。

月運は、2月・3月・6月・10月が吉。9月・11月・12月は要注意の月。4月は吉凶混合の月となります。

2006年(平成18年)生まれの戌年の人は、友人とのつきあいが多い一年となるでしょう。しかし、人づきあいで悩みができやすい一年でもあります。

月運は、2月・3月・5月・6月が吉。7月・8月・9月・12月は要注意の月。4月は吉凶混合の月。10月は大きな変化が起きやすい月となります。

 

2020年 戌年(いぬどし)の仕事運


2020年の戌年の仕事運は、好調な運勢となるでしょう。

2020年の戌年の人は、仕事に関して朗報がありそうです。また、とくに変化のない戌年の人もいるかもしれませんが、平穏な毎日を送ることができるでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人は、順調な日々を送ることができるでしょう。趣味が仕事になって金銭を得る可能性もあります。

1970年(昭和45年)生まれの戌年の人は、押しの強さから大きな仕事を得たり、プロジェクトの責任者に抜擢する可能性が高いのですが、協調性を忘れると求心力を失うかもしれません。常に客観的な視点をもって行動するようにしましょう。

1982年(昭和57年)生まれの戌年の人は、独創的な発想から成功をおさめる可能性が高い一年です。

1994年(平成6年)生まれの戌年の人は、成果を得るために強引だったり、荒っぽい方法を選びやすいのですが、そのやり方がこの一年は功を奏すでしょう。

2006年(平成18年)生まれの戌年の人は、友人との遊びを優先して勉強を疎かにしやすい一年のため、成績が下降しやすいでしょう。

 

2020年 戌年(いぬどし)の恋愛運


2020年の戌年の恋愛運は、好調な運勢となるでしょう。

2020年の戌年の人は、恋人ができたり結婚が決まるなど、幸運が多そうです。

既婚者の人も、パートナーと平穏な日々を送ることができるでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人は、好調な恋愛運です。既婚者の人は家族仲もよく、パートナーと穏やかな日々を送ることができるでしょう。

1970年(昭和45年)生まれの戌年の人は、恋愛で主導権を握ることができるため、片思いの人は成就しやすいでしょう。交際中の人は、パートナーと一緒に遊びに行くことが多い一年となりそうです。

1982年(昭和57年)生まれの戌年の人は、好調な恋愛運です。働いている女性は、仕事を辞めて専業主婦になりやすいのですが、趣味を思う存分楽しむことができるため、満足度が高いでしょう。

1994年(平成6年)生まれの戌年の人は、結婚の話が持ち上がりやすい一年です。また、女性は頼りになる男性と縁があります。

2006年(平成18年)生まれの戌年の人は、片思いは実りにくいでしょう。また、なんとも思っていない人から好かれる可能性が高いです。

 

2020年 戌年(いぬどし)の金運


2020年の戌年の金運は、好調な運勢となるでしょう。

2020年の戌年の人は、金銭的に恵まれる人が多そうです。

多少、大きな出費があっても、それ以上の収入を十分期待できるため、問題ないでしょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人は、生活に困ることはなく豊かな一年を送ることができるでしょう。外食や趣味を思う存分楽しむことができます。

1970年(昭和45年)生まれの戌年の人は、自分のやりたいことや将来のための出費は増えそうですが、その分精力的に働いて稼ぐことができるため、金銭的に問題が起きることはないでしょう。

1982年(昭和57年)生まれの戌年の人は、物質や金銭への関心が薄くなり、収入に見合った生活を送るようになるため、困ると感じることは少ないでしょう。趣味から収入を得る可能性もあります。

1994年(平成6年)生まれの戌年の人は、転職や引っ越しなどの変化が起きやすいため、一時的に大きな出費もあるのですが、それを補うことができる収入を得られるでしょう。

2006年(平成18年)生まれの戌年の人は、遊びや趣味の出費が多く、家族から無駄遣いを注意されるかもしれません。お小遣いを減らされる可能性もあります。

 

2020年 戌年(いぬどし)の健康運


2020年の戌年の健康運は、好調な運勢となるでしょう。

しかし、念のため胃・脾臓・舌の病気には注意していてください。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人は、好調な健康運ですが太りやすいため、食べ過ぎには気をつけてください。また、10月は一時的に体調を崩しやすいため、要注意。

1970年(昭和45年)生まれの戌年の人は、健康に恵まれた一年を送ることができるでしょう。ただし、少し怒りっぽかったり、せっかちになっているため、車の運転やケガには気をつけてください。

1982年(昭和57年)生まれの戌年の人は、おおむね好調な運勢ですが、メンタル面で不調に陥ることがあるため注意してください。散歩をしたり、外出して友人と会って話すとメンタルが安定します。8月は体調を崩しやすいため、気をつけてください。

1994年(平成6年)生まれの戌年の人は、おおむね好調ですが、事故やケガ、過労には気をつけましょう。1月・11月は健康運が低下するため要注意。

2006年(平成18年)生まれの戌年の人は、ゲームにハマったり、ネットを長時間見て夜更かしが多くなりそうです。目に不調が出る可能性があります。規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

2020年 戌年(いぬどし)のラッキーアイテム


  • 青色のもの
  • 野菜
  • メガネ

 

2020年 戌年(いぬどし)にとって相性のいい干支・悪い干支


この相性は、2020年限定のものです。

良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。

良好な相性


  • 1974年(昭和49年)生まれの寅年の人
  • 1975年(昭和50年)生まれの卯年の人

要注意な相性


  • 1980年(昭和55年)生まれの申年の人
  • 1981年(昭和56年)生まれの酉年の人

※1958年(昭和33年)・2018年(平成30年)生まれの戌年の人は、要注意な相性はありません。

子年生まれの性格についてもっと知りたい方は、こちらの記事を読まれています。

【干支占い】十二支からわかる男性の性格と特徴

【干支占い】十二支からわかる女性の性格と特徴

 

まとめ


戌年の2020年の運勢は、いかがでしたでしょうか?

2020年の戌年の人は、好調な一年を送ることができそうです。

訪れる運勢を理解することで凶意を遠ざけ、さらに吉を招くことができるでしょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードからあなたの運命の人をズバリ診断する
『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、
いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら『初回限定無料』

診断してもらえます。

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい




わせて読みたい